マイコーふたたび

2週間ほどたってしまいましたが、5月末は薫風ならぬ熱風でしたね。おかげでまた「コーヒージェリー」を言わねばなりません。
ところが似たような商品がありました。これならはずかしくありません。
「ご注文は?」
「チョコナッツ ジェリコ」
女の子指名しとるみたいやないけええええ!!!

というわけで、今回の青春Mの近場でGO!
(あれ、ブログタイトルこれやったっけ・・・)は 

Skasmai01.jpg

マイ子どす~

今日もきました山陽アルミ釣り。ちなみに江戸ではこういうお電車散歩を「プチハイク」というそうです、うふっ、おしゃれさんですね。
「ポチハ逝ク」という人もいますが

来る時、いきなり大物が釣れましたー!!

Skasmai03.jpg
霞ヶ丘にて特急通過待ち。日中は須磨と明石で接続をしません。
この3002でトコトコやって来ました
Skasmai02.jpg
ローレル賞受賞プレートは、この第2編成にもついてます。
しかし1965年って・・・50年前でっせぇアンタ!!

Skasmai04.jpg

お見送り。この電車は姫路行なので本日はもう会わないでしょう。またねー

Skasmai05.jpg
その霞ヶ丘で降りました。リボンつけたインベーダーっぽい駅舎です。
ワタシのようなシロートは、この柱でささえられるのかが気になります

Skasmai06.jpg
ガードをくぐって南沿いの道にでました

Skasmai07.jpg
まわりは新しいおうちが多いです

Skasmai08.jpg
山陽電車 霞ヶ丘を西に3分ぶーらぶらでつく踏切へ。
この踏切名は「歌敷山」。実は霞ヶ丘駅の前身は「歌敷山駅」。
あった場所はここです。
垂水が複線で高架になる際、待避、折返しのできる駅を、と「歌敷山駅」のやや東に用地を確保。そこに新駅を造り、名称を「霞ヶ丘駅」に変更したのです。
ワタシはその「歌敷山駅」の記憶もうっすらあります

Skasmai09.jpg
踏切から「霞ヶ丘駅」方向を見る

Skasmai10.jpg
反対側(西側)。上に見えてるごっつい高架は明石海峡大橋です。電車の前方に高架橋が見えますね、これからそこへ向かいます。
なお、明石海峡大橋は、かなり手前にあるように見えますが、その高架橋のむこうにひっついてあります。
つまりアホみたいにでかいということです

Skasmai11.jpg
線路は築堤で、まわりは谷になっており、老人にはきついもんがあります。
途中からは橋と築堤が見え「おおーっ」と思いましたが、すっきり撮れるとこはほとんどないです。

Skasmai12.jpg
高架橋につきました。奥のカーブが先ほどの踏切です

少し南にいけば国鉄舞子駅の上にでます

Skasmai13.jpg

Skasmai14.jpg
この道からの景色は抜群!! 舞子のシンボル移情閣は大橋建設の際、東側に移築されたものです

とか言ってたらまたEF66がきました。あわてて撮ったら
Skasmai15.jpg
ぼけぼけぇ~、前はジオラマモードで遊んでたら来て失敗
どうやら昔、58や65しか撮らず、無視したのを怒ってるようです
まえのマイコー →

Skasmai16.jpg
山陽の舞子公園駅に到着。目の前が先ほど通った高架橋、頭上には明石海峡大橋が通ってます

さぁ帰りましょと、ここから阪神9300の特急に乗ったのですが、トワイライトが撮れそうな時間だと気付きました。須磨まで行くと時間的に危なそうなので駅からアンチョクに撮れる垂水で下車。すると


Skasmai17.jpg


Skasmai18.jpg

うっひゃーーー!!! 降りてよかったーーー!!!
降りてなければむこうへ走り去る阪神の中で
叫んでるとこでしたー。

しかし不思議です、上り電車は全部チェックしてたはず。
東須磨で車両が入れ替わったとしか考えられません。

Skasmai19.jpg
がんばれよー たとえおばはんに屁をかまされようとも!!

Skasmai20.jpg
下りホームのとなりは国鉄。ここからだと国鉄の下りは正面からになりますが山陽も撮れ、まさに
二兎を追うものなんちゃらですなぁハハハ
先客は鉄道少年ひとり、昔はワタシもこんな感じだったんでしょう、
ほほえましいですなー
オマエはなげかわしいわっ!

ところがなかなか来ません、遅れてるようです

Skasmai21.jpg

そして

Skasmai22.jpg
キターーーーー!!

Skasmai23.jpg
うひゃひゃひゃ
やっぱ電源車の響きはえーなぁーーー
客車ばんざーい!!! 国鉄編発売中ー!!


それより

おっさん きたでぇー!!と
おしえてくれた少年、ありがとーーー



声かけしとってよかったー!
さんよー撮ってるばやいではなかった
撮り逃がしてたらおっさんは泣いて帰るところでした




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Let's Go

EF66の画像見ますと、既にギャラリーがJRホーム端に陣取っていますねw
明石大橋が出来たあとか、山陽の夜行バスで玉川上水駅→舞子と利用したことございます。
ただ、山陽の駅は無人となっており交通の要でも人を削らなければならない台所事情が垣間見えた気がしました。

No title

霞ヶ丘は駅舎建て替えだけでなく西側の折り返し線も無くなったのですね。どちらも驚きです。
2000系アルミカーのさよなら運転の時、塩屋で撮ったあと自転車を必死のパッチで漕いで舞子台の団地で淡路島や移情閣を背景に 東二見への回送を撮った記憶があるのですが、橋ができてまるで違うような感じになっているんでしょうね。

その一方、最後の垂水駅は駅も電車も変わらんなぁ〜。

実は・・・・

12号線さん おはようございます
JRホームの人たちを見てトワイライトに気付きましたー!
でも、ここは有名なのでいつでも誰か立ってますw
山陽の駅はほとんど無人くんになってますが、駅員の巡回が多いような気がします。アレ、無人駅ちゃうのん? ってことも多いですが、神鉄では遭遇率ゼロですw

ちょっと疑問・・

品じぃさん こんにちわ
昔は霞ヶ丘行が多かったですね、今は・・・えーっと、ちょっとまってくださいね・・・カス、カスと あー、下り平日2本、休日1本だけですねー。
垂水ではいつか撮ろうと思いつづけて40年、今回初めて撮りましたが、なかなかいいです。舞子も結局行かないうちに橋ができました。ワタシ、ほんまに山陽ファンなんでしょうか?

ジェリコ

関西だとジェリコォーと後ろにアクセントがきそうですね。
前回は須磨浦公園。今回は随分と遠出されましたね。

3619も撮ってくださいよ。
パチモノ大好きですから。

ジェリコォー オレが悪かったー

ジェリコの本場 シグ鉄さん こんにちわ
そうなんですよ
久々の遠出なので、前日の夜は楽しみで寝られませんでした!
3619はなかなか遭遇しません、釣れたらご報告させていただきます。
それよりアテンダント特集の件、よろしくお願いいたします。ドキ3

3619

この車両は一度見たら忘れられない車両ですよね。
暗闇でも3100との違いが一目瞭然!
せめて明灰色でなくフラットアルミに塗ればいいものを。

3066・3067とともに子供の頃から話題の車両でした。

たとえて言えば・・・

品じぃさん こんばんわ
ここに山陽アルミ車の先頭+中間車の鉄コレがあったとします。
尻切れとんぼなのでもう1セットほしい、しかしお金がない。
ふと目をやるとGM阪神キットがあり、むりやり3600をつくりましたが
まぁ、どうしましょう、スプレーの銀があーりません
ええぃ似とるからグレーで塗ったれ! うひゃひゃひゃ
というワタシの模型みたいなもんですね

いっそのこと

鋼製車を全車、南海の新塗装みたいに明灰色にすれば3619もバッタもん呼ばわりされず「山陽はこういう色だ」ですんでいたかも・・・。

いいなぁ~

ここ2週間、日曜日に山電沿線でカメラを構えてましたが・・・

弐号機と偽アルミはパパラッチ出来たものの、未だトップナムバーをゲット出来て居ませ~ん(ノД`)メソメソ

姐スマホしか持ってない時に限って、トップナンバーに乗車したりと、なかなかご縁がありません(ノД`)メソメソ

いやあ

品じぃさん
そこはアルミも全部旧塗色でしょー(一次車のぞく)
てか3500と3501はほんまに旧塗色に塗られて、なんちゃって鋼製車になった時期があったそうです。知らなんだぁぁ〜
鉄道ビックリアル山陽特集に書いてあってびっくりしたアル

うわ〜い!! 

糸目姐さん こんばんわー
トップナムバー・・・奴はそういうやつなんですよー
カメラをもってない時に限って現れます。ワタシも最近になってやっと採集できました
え、日曜ごとに・・・なんだかすごくうれしいです
あちこち行かれてお忙しいかと思いますがまたブログで見せて下さい
楽しみにまってまーす
コメントありがとうございましたー

そういえば

3500が現行の鋼製車塗装(クリーム地に赤黒帯)なら見た記憶があります。
ま、私のことですから20年ぐらい前の話ですが。

すみません!!

品じぃさん
今、ちゃんと読んだらソレのようでした
基本的に鉄道本は写真しか見ません(幼稚園児)
これからはちゃんと文も読みますね
プロフィール

mosaosa

Author:mosaosa
みなさま
本日もご乗車
ありがとうございます!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おこしやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: