スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひよどり通信 5月号

こんにちわー
神鉄の魅力爆発 ひよどり通信 5月号です。
今回は前から目をつけてたこの駅にやってきました
どこか知ってる人は、まだ言っちゃだめですよー

神鉄
この電車で到着~ 
6両の少数派1500形。おや、単線ですね

SSni02.jpg
駅出ると下り、やっぱり50/1000です

SSni03.jpg
次駅で交換した上り電車が登ってきました

SSni04.jpg
ニヒニヒ 2扉ですね

そして発車シーンは

SSni05.jpg

ああああ!! めちゃめちゃ好みやんー!!
バレてた? 
もったいぶるほどワタシが「エエがな」と思ったこの駅は「鈴蘭台西口」

SSni06.jpg
鈴蘭台から粟生線で一駅目、50/1000を登って短いトンネルを抜けたところにあります。
ちなみに有馬線には「北鈴蘭台」があり、ここ粟生線の「鈴蘭台西口」の次は「西鈴蘭台」とややこしいです。「鈴蘭台」と「西鈴蘭台」の間は、この「鈴蘭台西口」をはさんで単線です

SSni07.jpg

SSni08.jpg
良くね?

SSni09.jpg
次の下り電車がきました

SSni10.jpg
駅がサミットになってるようで、50/1000を下っていきます。こういう風景も好きです

つぎの上りがすぐやってくるので、ちょいと西へ移動。そこの景色は

SSni11.jpg
こっちもええやんけぇぇぇー!!

なんやこの駅!!  すばらしすぎる!!
すばらしすぎてすばらしいぐらいです!!



SSni21.jpg
いや、べ、べつに・・・

chitetsuさん、素敵な画像をありがとウナギ!! ポポポポ〜ン

しかし、なんとなく景色に見覚えが・・・
あああー ここ、ワタシの数少ない神鉄写真の一枚を撮ったとこですわ。
車で来たので気付かなかった!!

SSni12.jpg
前にもでてきたこの写真は、西鈴蘭台駅の線路を跨ぐ道路上から今回の鈴蘭台西口(ややこしいな!)方面を撮ったものです。
そのころ、この辺りをうろついてたらもーーーっといい絵が撮れてたかも!!

・・・でもワタシはもう悔やんだりしません。なぜなら、
もう悔やむのに慣れてマヒしてるから(おまる爆発)

SSni13.jpg
それにしても掘割を行く電車の音ってなんて魅力的なの!

SSni14.jpg

しばらく線路沿いの道をあっち行ったりこっち行ったり楽しく過ごしました。
鉄の行動って、もし誰かがじっと見てたら爆笑でしょうね

SSni20.jpg
充分遊んだので、帰ります。

SSni16.jpg
下り電車がきました

SSni17.jpg

SSni18.jpg

この電車が行くとすぐ上りがきます。
神鉄の駅置きの携帯時刻表にはワタシのために(たぶん違う)ご丁寧に3両編成に印がついてます、3両編成はほぼ2扉がやってきます。ワタシが乗るのも3両マーク付きなのでたぶんニヒニヒウヒヒでしょう。

SSni19.jpg
ええーーっなんでやねんーーっ!!

2000系の一部も3両のようですぅ
今まで2000ケーなんか見た事なかったのに・・・

SSni15.jpg

でもここ 良くね?




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

良いね〜!

こんにちは〜
この駅、良い感じで良い感じすぎるぐらいです!
1980年に撮ったよ、と言われたら信じちゃいそうです!
駅出たらすぐトンネルって言うのも良いです。

No title

鈴蘭台西口って昔から寂れた感じがありますね。
鈴蘭台はジャンクション、西鈴は折り返し線2線を含む4線の大きな駅に挟まれた不思議な場所ですよね。

高度成長期に開発された鈴蘭台一帯は懐かしさを誘いますね。
モノクロの非冷房車の一枚は800形でしょうか?

まさに80年代です!!

chitetsuさん こんにちわー
いや、最近、うな丼は食べてないです(何に答えとんねん)
初めて駅で降りて「うわっええやん」「うほっ!!」っとか独り言いう時ありますよねー。chitetsuさんなら山ほどあるかと・・
今回ひさびさにそんな感じを味わえました。何もない田舎や山中ならともかく、こんな身近にこんな駅があったとは・・・神鉄は他にもまだ何か隠してるかもしれません(かくばく)
コメントありがとうございましたー

あれぇーおかしいなー

品じぃさん こんにちわ
この写真、出してないみたいっす、どうもボケが進行してるようで・・
300形ですが、一般仕様の増備車でございます。
西口は複線化もままならず、ちょっと取り残された感がありますが、
それがまた魅力的です
コメントありがとうございました

310形?

貫通の310形で最期まで先頭に出てたのは1本だけでは?
ということは希少な写真ですね。

神鉄は近代化されながらも山あいの藍那、木幡、広野ゴルフ場前、樫山
と小駅が多く残ってますね。
昔の木津駅なんてかなりのローカルムードでしたが、高速道路が
バンバン出来た今は違うんでしょうね。

そういえば藍那〜押部谷の複線化工事はワタシの子供の頃から工事中のような・・・。

No title

 この駅の雰囲気もいいけど、鈴蘭台からの線路沿いの小径がなんとも凄いのです。次回はぜひとも歩いてみてください。

神鉄いいね!

関東から出かけるとついつい阪急だ京阪だ、に行ってしまうんですが・・神鉄いいですね。
以前行ったときにも思いましたが、これでサブロクでなければもっといい!

No title

品じぃさん 300形の311〜からですね
先頭に出てたのは1本だけだったのですか? そりゃまた貴重な!!
全然知らんのまるだしです(核爆)
沿線はこれからどんどんなめ尽くしていく予定ですので
お楽しみに〜(ダレカ?)

おもしろそうです

モハメイドペーパーさん こんばんわ
あの道ですね 途中の踏切のあたりがよさそうな・・・
これは歩かねばと計画中です。
でも鈴蘭台からだとキツそうですね。
神鉄とつきあうにはもっと足腰きたえなければとマジで思います
コメントありがとうございましたー

いいです!!

cedarさん こんばんわ
線路見てると、なんとなく国鉄ローカル線に汽車をもとめて行ってた頃を思い出すことがあります。新開地にもどって乗りかえる山陽・阪神の乗り心地のよさ!! 
でも魅力的なんですよ、また行きたくなります。そういえば、阪急はご無沙汰です・・・
コメントありがとうございました

次は能勢電ですかね?

能勢電もローカルなムード、昭和50年代の冷房改造時の雰囲気を残す2000系、2100系が走ってますよね。
C#1784と1734は中間ながらトップナンバーですよね!

2000系3連急行

それ、昨秋、粟生から乗りました。
粟生ってのはとんでもない田舎で、コンビニひとつ無く、腹がスカスカの状態で、最前部に立ってかぶりつき。
このあたりのジェットコースターの様な上下走行、すきっ腹にこたえました。
この駅、急行は通過したんじゃなかろうか(記憶違いの様です)と神鉄HPを調べて呆然。
特快速、快速、急行、準急、普通!
神鉄にそんなに優等列車が必要きゃ?
快速>急行てのもどうなんでしょうかね。
東武は諸般の事情で現在そうなっちまったけど・・・

Aーohー

シグ鉄さん こんにちわー
いっぱい種別ありますが「ひよどりごえ」へ行く時以外は何に乗ってもOK、と気にしてません(しろよっ!)
国鉄種別に慣れたワタシとしては急行の方がえらいにきまってると思いこんでるので、いずれ何かとんでもないことやらかすかもしれませんね
ホワイトバランスとか・・(核爆)

いまんとこ

品じぃさん こんにちわ
神鉄とサンヨーでアタマいっぱいです
能勢もそのうち・・これが後々後悔になるのでしょうね

種別数は大手以上?!

シグ鉄さん
神鉄の快速の英文表記はRAPID EXPRESS、すなわち快速急行だったと記憶しています。

特急>特快速>快速>急行>準急>普通、さらに菊水山停車の各停(表記は普通)だったかと記憶していますが、全部揃った時代は無いかもしれません。
1980年代は通勤急行や通勤準急もあったような。

駅の数より種別のほうが多いかも。

どうもありがとうございます

品じぃさん ご教授玉割りありがとうございます
ここのボログはもうダメポなので
もっとつっこみどころ満載の当方のブログ
トホホ鉄紀行へおこしください
ささ、こちらです→http://shigtetsu.blog.fc2.com/

普通と各停が違う!

どこかにそういうのがあったと思っていましたが・・
神鉄でしたか。
品じい様、ご教授ありがとうございます。

ところで、京王の準特急ってヤツ、なんとかなりませんかね。
(準急行+特別急行)÷2=急行 の様な気が・・・

いやはや、例によって、話があさって・・Mさん、すみません。

ああっ!!

ホンモノのシグ鉄さん こんにちわ
「準特急」ってのがあるのですか・・・なんかワケワカメですね
「じゅん」ってつくと無茶苦茶になっていくのはなぜなのでしょう
不思議です


プロフィール

mosaosa

Author:mosaosa
見ていただいたみなさま
ほんとうに
ありがとうございました

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おこしやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。