むかし、桂川にて

2300系さよなら運転で行った桂川。

mkatsu21.jpg

●ワタシの2300ラストラン→
●わんわんの失恋レストラン→

ワタシが前回ここに来たのは1977年10月、
6300系に押されつつもまだ2800系が2枚看板で頑張っておりました

mkatsu01.jpg

皆さんは偏光フィルターって御存知でしょうか?
その頃見た、とある写真にワタシはびっくり。そこには、まっっっ青の空の下をトコトコ走る単行電車。どうやったらこんな写真撮れるん? とデータを見ると「PL(偏光)フィルター使用」と書かれてました。
そうか!! そんなええもんがあるんかぁぁ・・と即買い。結構高かったけど、これさえあればあのようなまっっっ青な空の下を走るマルーーンが撮れるーーん

しかし、それは綿密に計算された上での話。御存知かもしれませんが、ワタシは計算苦手です!! えっへん
なぜこの話になったかといいますと、それの第1号の犠牲になったのが、この桂川なのです。
出来上がった写真は、
なんやこの色!? 
そのため長い間、封印されておりました。

世はパソコン時代になり、自分でスキャンして色補正などができるようになったのでさっそくチャレンジしたところ、変色はもちろんしてますが、なにより粒子が目立つほど荒れてます。空は特にひどい状態。
・・・でも撮ったのは(ワタシにとっては)いいやつばかり、なんとかして皆さんにも見ていただきたいの! 
てなわけで、今回の写真、空はほとんどのものにボカシをかけてます。また時々変な色のもでてきますが、見てやってください では・・・

mkatsu02.jpg
・・・・
mkatsu03.jpg
2800系

mkatsu19.jpg
最新の1300系、上の2800と同じ橋桁ナンバー2と3、さすがに38年経つと河川敷もかわりますわな

mkatsu04.jpg
新鋭6300が
mkatsu05.jpg
5300とすれ違い。左端の桁ナンバーは2です

mkatsu20.jpg

2300ラストランを撮った踏切りあたりには

mkatsu06.jpg
でっかい木があったようです


堤防から桂駅方面は家がぎっしり、まあ、当たり前ですね。
しかしこの頃は家もまばらで、ほとんど畑、
そのため築堤をかけあがる電車がまる見えでした

mkatsu07.jpg
・・・・
mkatsu08.jpg
わかりにくいですが、手前2800、向こうは2300。
この2形式がすれ違うと画面がパンタだらけになります

mkatsu09.jpg
・・・・
mkatsu10.jpg
2800も一部は三扉化されてます
望遠で撮ったものは例のフィルターをつけかえてないため、変色のみで済んでます

京都にくるとなぜか渚ゆうこの河原町がでてくる歌(題名不明)を口ずさんでしまいます。
あの人の すがた なつかしい・・・
この日も、どっかに座って口ずさみながら、
陽が傾くまでのんびり撮影してました

mkatsu11.jpg
6300と2300

mkatsu12.jpg
・・・・
mkatsu13.jpg
2300と6300

mkatsu14.jpg
最近ではハチマキとか言われる肩ベージュ、しかし元祖の6300だけは阪急ファンの間では「女王のティアラ」、そしてHマークは「王家の紋章」と言われてます。でも、よそでは絶対言わないようにしてくださいね

mkatsu15.jpg
2300も当然元気でした。ワタシの流し撮りは当然のごとくブレてます ヘヘ

計算苦手ですが、実はひとつだけ狙ってた「絵」がありました。
それは6300、真っ青な空にマルーン、ティアラ、紋章、それに
ずらり輝く銀のブラインド
そしてこの山並みをバックに!

mkatsu16.jpg
6300がつっこんできました!!
mkatsu17.jpg
! ! ! !
mkatsu18.jpg

ああぁぁぁーーーー
周囲のあちこちに反響して幾重にも重なる軽やかな音が
聞こえてきませんかぁぁぁぁーーー!!!






え、聞こえない?
泣きながらつくったのに・・・メソメソ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 窓配置のバランスは2800系が一番だと思います。両開き扉が車端にあるのは、今もって馴染めません。
 冷改された2300系はパンタが前に出て、なんだかつんのめりそうな気がします。EF57は好きなんだけど、これはデッキがあってバランスを保っているからでしょうか。 

やはり

モハメイドペーパーさん こんばんわ
バランスからいえば2800でしょうね、しかし6300の車端扉はいかにも「新型特急です」の意気込みが感じられてソソられました、なので横から見るのが好きでした。
冷改2300は全く同意です、オリジナルは落ち着いた雰囲気ですね。
デッキ付きELは、中に寄せた奴よりどちらかといえば転げ落ちそうな方が好みです・・って変でしょうか
コメントありがとうございました

素晴らしいじゃあ〜りませんか!

桂川今昔、良いじゃあ〜りませんか!
このような秘匿画像はまだまだありそうですね〜。
フィルターって、結構計算むずかしいですね!
小学生の算数で落ちこぼれたちてつおじさんMも計算でけへん!
です!!

あ〜りがとうございま〜す!!!

うれPです〜!
ちてつおじさんMさん こんにちは
自爆画像ならまだありま〜す(かくばく)
フィルター買うのってすごくもったいない気がしませんでしたか
ワタシは「買う」と決めていっても結局フィルム買ったりして・・・
やっぱり計算できないからでしょうかああ嗚呼
コメントありがとうございました 

「お」

おもろいやんけー!
しかし、マジであのころ、桂川西方ってこんなになんもなかったんやー!
それにつけても2扉2800の美しいこと!
マキちゃんと6300乘って喜んでる場合じゃなかった・・・・

あと、あのころ京都線高槻市の手前の淀川べりに「レストラン」って名前のラブホあったん知ってた(おまる糞ラブ)

おもろかった? うへへ

それよか、びっくりするよなー、この風景。
ホンマ畑だらけ、コーヒー買ったセブイレもあらへん。
2800がなくなるっちゅうのにマキちゃんに乗って遊んでる場合ちゃうでぇ
高槻の「レストラン」・・ああああーそういえば、知らんわ
常連やったん?

No title

常連ちゃうでー。
それにしても電車も風景も人間も悪化の一途やな・・・・
あああああああああああああ!
昔はよかったああああああ嗚呼嗚呼~~!

実は・・・

みみず1000匹わんわんさん こんにちわ
最後の3枚、これが自分の写真で一番「あの頃に戻りたい・・」と思えて
泣けるねん。わあああああああああああ嗚呼〜ん
6300で泣ける奴ってわいぐらいやでぇ へっへっへ
この前の桂川、できればこの頃に行きたかったなぁ
コメントありがとう

輝く銀色の鎧戸

これこそ阪急の魅力ですね!
京都線のクィーンといえば6300系ですが、2800系も
2枚扉時代の側面の美しいこと!

最後の6300系なんてポスターにしたくなる作品ですね

いい写真を見せてくれました、Nゲージでまた片側の
ブラインドが上がりまくったモデルを作りたくなりました。
影響力のある写真です。

銀のヨロイ

品じぃさん こんにちわ
最近はカーテンにかわりつつありますが、やはり銀のヨロイですね!
といいつつ新1000系列の側面もキレイだと思ったりして・・・
結局はただの阪急ヲタです(かくばく)
写真お褒めいただき、うれしいでーす!

No title

偏向フィルターは私も苦い思い出が多々あります。
旅客機の写真で、同じように抜けるように青空をバックに・・。
リバーサルでガンガン撮って大量の変なゴミポジを作ってしまい、
趣味の撮影なのに多大なるストレスと後悔を生みました。

デジタルはそれとも無縁でとっても便利ですが、
撮る時の集中力と達成感は無くなったと思います。
贅沢な戯言かもしれませんが・・。

私も過去に失敗したリバーサル、偏向フィルターの
写真のデジタルゾンビ化に挑戦してみようという
励まされた当記事でした。
ありがとうございました。

これが・・・

人を励ますとは思いませんでした(爆)
ありがとうございます 品じぃさん
ただ、ワタシの場合、リバーサルの変色は手におえないものが多いです。ネガにくらべ、シビアな撮影を要求されるので、もともとが悪かったのかもしれません、なにせ「プロみたいやー」とか言って使ってましたから・・、アホです
ぜひがんばってやってみてください、成功を祈っておきます
プロフィール

mosaosa

Author:mosaosa
みなさま
本日もご乗車
ありがとうございます!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おこしやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: