1972年3月の山陰旅行


この旅は、へんな旅でした。
親友T君は一人っ子、家族旅行に行っても「おもろない」を連発するらしいです。
T君の家に遊びに行ったある日、おばちゃんがワタシに言いました
「どMちゃん、こんどの旅行、あんた一緒に行ったってくれへん?」
「え、いや、そんなん無理無理・・だって家族旅行でしょ」
「やっぱりアカン?」

「で、どこ行くんですか?」
「山陰の「行きまんがなっ!」

KURAY04.jpg

旅行日は関西圏の蒸機と優等列車が大量に消えた悪夢の新幹線岡山開業から約10日後です。しかし山陰にはまだケムリが残っていました。
そこへ、しかもタダで行けるチャーーーンス!!
てなわけで1972年3月26日、ワタシは米子行の急行「伯耆1号」にT君一味と乗りました。それもグリーン車でっせ、行き、なのにキロ!! キロがロハ!!
「この方たちはいつもこんなええもんのっとんかー」と思いましたね。
我が家では「オトーチャン、グリーン車乗りたい」と言えば「アホやな、乗っても着く時間は普通車といっしょやないか」「あ、ホンマやなー」で片付けられてましたから・・・
この列車、急行なのに結構トロいです。津山から因美線に入ってからは特に遅く、停まるんちゃうんけーというぐらいあえいでました。そして神戸から約5時間20分、やっと倉吉着。キロとはいえ、さすがにケツ痛いです
KURAY01.jpg
駅ではすかさずこれを購入。記念入場券は青春の目盛

倉吉駅はつい先日まで「上井(あげい)」という名前でした。そして今から向かう倉吉線の「打吹駅」がもともとの「倉吉駅」です(実はもっとややこしいデス)。そのため駅名看板も新しいものです。

KURAY02.jpg
倉吉線ホーム。「温泉郷入口」と描かれてます。
それでは、20系気動車ファンの方のために、アップにしてみましょう!!

KURAY03.jpg
ガン見されてます。そこかぃ!!

三朝温泉の旅館に着きました。高級です。
「こいつらいつもこんなええトコ泊まっとんかぁー」と思いましたね

KURAY05.jpg
そこからの景色。失われた日本の原風景を見るようです

そして豪華な夕食をいただいてましたら、おばちゃんが
「あした、私らは○○(観光地、名前忘れた)行くけど、
どMちゃんはどうする?」

takuramu.jpg

そして翌日、夜が明けきらぬうちに宿を抜け出したワタシは打吹駅へ一目散!

KURAY16.jpg

ひと仕事終えて宿にもどり、朝食をみんなで食べた後、T君と打吹駅→倉吉駅へ。

KURAY07.jpg

そしてDF50重連の客レで米子へ向かいました。ちなみにT君は非鉄です。ワタシが客車の中を走り回ってる間、寝てました。そして米子到着。駅の待合室でT君を寝かしつけ、ひとり米子機関区へ

KURAY08.jpg

KURAY09.jpg

KURAY10.jpg

しかし、このあと悲劇が!! 帰りに寄った伯耆大山、倉吉線の有名鉄橋などが入ったフィルム、装填不良で撮れてませんでしたのぉ〜!!(宿で気付く) 
嗚呼嗚呼~~号泣

そして翌日は、帰るまでの間、再び打吹駅で最後の撮影。当時倉吉線は1日13往復、うち6往復が客車でC11牽引の混合列車でした

KURAY11.jpg
普通列車が駅に着くと
KURAY12.jpg
客車を置いたまま当たり前のように入換え
KURAY13.jpg
それがすめば発車していきます
KURAY14.jpg
さよーならー

いつまでC11がいたのか、はっきりしたことはわかりませんが、そう長くはなかったでしょう。
なお倉吉線は、1985年に廃線になってます

Estan.jpg
この頃の駅スタンプはなつかしのディスカバージャパン入り、
直訳すると「これは日本のカバだよね」・・
ああ、英語ちゃんとやっとけばよかった〜!! 
ドスケべージャパンなら知り合いに心当たりあるのですが

そしてまたもや急行「伯耆」のグリーン車。帰りなのでキロ、キロがロハ!! カニ飯の駅弁つき。
ちなみに「伯耆2号」は倉吉12:33発で三ノ宮に18:24着、なんと現在
倉吉を11分前の12:22に出る特急「スーパーはくと」は三ノ宮に15:01に着きます。
夢の超特急かっ!

再びケツ死にそうになって帰りました
へんな旅で、写真の記録も半分しかありませんが、楽しかったのはまちがいありません。
ただ、ひとつ心残りだったのは、
「おばちゃん、特急「はまかぜ」のグリーン車でもええでー」と言えなかったことでした
KURAY15.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

日交バスなら宝塚1701着w

伯備線経由でないのに伯備号とはこれいかに?と思いきや姫新線線経由の急行に名づけていた時期があったのですね。
後年のみささ号と併結のみまさか号、明石駅で「中国勝山」の行先サボ見てどんな地の果てへ行くのだろうと、子どもながら思ったものでした。

おはようございます

12号線さん 
バス、詳しいですね!!
「中国勝山」はワタシも魅惑の地でした、というか一度も通った事が無いので、いまだに魅惑の地です。
今度急行「みまさか」で行ってみようかと(爆)
コメントありがとうございました

No title

 中国地方のローカル線はほんとに遅いです。まぁ、本線も似たりよったりですが。スーパー白兎も頑張っているけど、普通の人が選択するのは高速バスですね。

やはり

バスですか・・
モハメイドペーパーさん こんばんわ
高速バスにはやはり勝てませんね
でも、スーパーはくとの時刻だけはびっくりです
コメントありがとうございました

なんか・・・・

テツドーブログみたいやないかああああ嗚呼!

ありがとうーー

でたな ドスケベージャパン!! 
今までやってきたわいの分野はナニなんやろー????
わからへんわああああ嗚呼!

ロハキロ

ロハキロ旅行、楽しく読んじゃいました。
フィルムがカラ回り、戻すの忘れて裏蓋パカッ、昔はイロイロやったことを思い出しました〜!

フイルムがあああ嗚呼〜

ちてつさーん こんにちわ 銚子はいかがですか
やっぱりちてつさんでもありましたか、
フィルムがなくても撮ったものを憶えてるから始末悪いですう
このロハキロが初めて乗ったグリーン車なので記憶鮮明です
その後は当時連結されてた快速電車のグリーン車に度々ロハサロ・・おっと
コメントありがとうございましたー

ドスケベージャパン

おもろいやんけー!

ひょっとして・・

記事のスタンプのとこ、
ちゃんと読んでくれたかぁぁぁ嗚呼?
今回一番、力入れたとこです(かくばく)
ああわいのジャンルはなにやあああ嗚呼

急行伯耆

おそらく55系だと思いますが、同時期に内房線急行で乗った記憶があります。新宿発だった頃。
面白い編成で、グリーン車(リクライニング)、座席指定車(回転クロス)、普通車(クロス)と段階別シートでした。
大富豪のグリーンは無理としても、せめて乗りたや指定席、と思ったものです。
伯耆はどんな編成でしたか?

それにしても田舎の学生!
都会の子供を見ると、とりあえずガン飛ばしてましたよね。いい味出ています。ガンならぬ目のつけ所が鋭い。さすがです。

よくありましたー

シグ鉄さん こんにちわ
ごく一般の58+28編成でした。地方へ行くと一等格下げのやつにあたることも
ありましたね、形式は? なのですが合造車が多かったような・・・
ガンとばされるのはかなりの確率でありましたよ
ワタシは、相手またはこちらが動き出すのを確認してから
「なんやボケー かかってこんかい 逃げるんかー」とか言ってました(爆)
プロフィール

mosaosa

Author:mosaosa
みなさま
本日もご乗車
ありがとうございます!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おこしやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: