シロクニ走る! 東加古川狂奏曲

あ、チャンネルはそのままっ!! 
よければ電車命さんも
ミテネ ♪

1972年秋、この頃はイベントSL列車花盛り。関西でも「イベント王」の関西本線をはじめ各地で走っておりました。そんな中、なんとC62が東海道・山陽本線を走りました。
もちろん梅小路の2号機牽引です。

C62oshirase.jpg
国鉄監修交通公社の時刻表1972.10月号より 

「走ります」ではなく「東海道に復活!」がイキじゃないですかー

しかし、ほっかいどーに行けなかったワタシはC62が嫌いでした。なぜなら当時の鉄道雑誌はこぞってC62特集
ほっかいどー行かなきゃ男じゃねえ! 
SL=C62じゃ!!・・・みたいな感じでしたから。
最近でも結構回顧特集されたりしてますね。
まぁ嫌いというより、ほっかいどーへ行けなかったヒガミと弁天町の置き物は見た事あるものの走ってるのを見た事ないからなんとも・・・ってとこです

nyuHK.jpg
72年11月5日の入場券、山陽本線東加古川駅のものです
ワタシは当時初めて行った駅では必ず入場券を買ってました。今、それらを眺めると、何しに行ったのかわからない駅のもあり、日記とともに結構フラストレーションがたまって楽しいです。
この日はもちろんC62を撮りに行ったのですが、なぜここ?  
この列車は京都―姫路間運転、この駅で唯一運転停車をします。なので、到着シーン・発車シーンと2回楽しめます。しかし考えることは皆一緒でした。行く電車から激混み、降りたらなんじゃこりゃー!! 自分もなんじゃこりゃのひとりですが、人大杉~!!。
前に畑があって光線ばっちりのサイドを・・・と思い描いてたのですが、駅東側のこんな場所で
C6201.jpg

C6202.jpg
ふりむいても人・・・
駅へもどりました

C6203.jpg
うっわーかっこいい!! 
ゴーグル機関士さん(はずしてますが)を初めて見ました。
でも機関士さんは「おいおいこいつらカンベンしてヨー」と思ってるに違い有りません。
こうして見るとC62はやっぱりでかいですね

C6211.jpg
この当時、キャブ下にはかろうじてほっかいどーのなごり「苗穂工」の検査標記がありましたが、タブレットキャッチャーは撤去されてました
C6212.jpg
去年夏撮影の同部分。タブレットキャッチャーがつけられてます。標記はどうやら「長野工」のようです

C6213.jpg
去年夏、梅小路の庫外にて放置プレー中

東加古川では15分停車し、新快速、特急しおじ・はまかぜの3本に抜かれます

C6204.jpg
ブルーライナー通過、最徐行でタイフォン鳴らしっぱなし(そりゃそーですね)。乗ってる奴等は追っかけ隊です。
駅員さんと警察の姿も見えます

で、通過後・・

C6205.jpg
いっけぇぇーーー!! みんな良く見える山側へ
無茶苦茶です!! 線路横断、言語道断イェイ
コラッ、オマエらあかんでぇーー!!!

C6206.jpg
あれぇ~、なんでワタシが山側に?
ま、ええか・・・
しかしド逆光です。それにしてもここは駅の構内、もはや「只今線路内に人が立ち入ったため安全確認を・・」のレベルではありません。手前は特急・急行がバンバン走る上り本線です

C6207.jpg
そして発車、トホホ・・・

C6208.jpg
とりあえずツバメさん撮っとこ

C6209.jpg
こんなとこにも入りこんどるがなー

C6210.jpg
いったい何人怨念ー!!

   * * * * *

この列車は何度か運転され、この時は2回目でした。冒頭の時刻表では3回になってますが、確か翌年にも設定されてたように思います。
ワタシは・・・やっぱり1回目で魅了されてしまいました。
この巨体が重連で山越えですから、取り憑かれたように渡道した人の気持ちもうなずけます
ほっかいどーに行った人、再会できてよかったね

C6214.jpg
電化により本線を追われ、北海道に渡り、ふたたび戻ったC622号機。
本線時代には、現在いる梅小路はもちろん、ここ姫一区にも来ていたはずです。
懐かしい転車台の上で彼は何を思っているのでしょうか・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大ヒメニ

編成はカマのほか12系12輌くらいでしょうか。
C62のパワーをもってすれば楽々の牽引と思われます。

山陽線でSL列車見ることはありませんでしたが、一度だけ播但線でC57牽引の普通列車に乗車した記憶ございます。
最後部の青スハフ42乗車でしたが、茶色の客車の中で特別な存在にも思えたものですw

こんにちわー

12号線さん
そうです12系12両です。ヒメで軽々引き出したのを見てこれまた感動しました。この半年前に播但のSL客レが引退しました。たしかに青は少数でしたね、茶色も小窓ずらーっが結構多かったです。
コメントありがとうございましたー

凄い!!!

こんにちは、でんしゃ命のChitetsuです〜。
こりゃ凄い!!!

もう傍若無人!
何でもアリ、モハメドアリ状態ですねー。
確か汐留からの汽車もこんな感じでしたね。
自分は幼く、テレビで見るのみでした。

わーい!!

でんしゃ命のChitetsuさーん こんにちわー
ミテネもパクッておいてよかったでーす(大糞核爆)
この頃は何かある度こんな感じでした。
江戸のはTVで見ましたが、こんな比じゃなかったように思います。
現在でも関東では時々走ってるようですが、皆おりこうさんなんですねー
コメントありがとうございましたー

No title

 私にとってのC62は、常磐線で普通列車を牽いていた、ごく当たり前の蒸機でした。だからわざわざ北海道までの追っかけもしていません。
 旅客機といったらやはりC59でしょう。貨物用からの改造とは氏素性が違います。なんて憎まれ口を叩いて、今でもC62命の人達から煙たがれています。

ええーー

モハメイドペーパーさん こんばんは
常磐C62といえば東海道と並ぶご本家ですよね・・すごいです
C59はもっともなご意見だと思います。でも呉線にも間に合わなかったので、C62とともに走ってるのを見た事ない機関車でした。
コメントありがとうございました

No title

北海道は外国より遠いなあ!
立花の大カーブで見たけどやっぱりC62見た、というよりヒト見た感じやったなー!
つい昨日のことのようやけどなー(糞爆)!

こんばんはー

しこしこわんわん・・・なんかチキチキバンバンの替え歌みたいやな
しこしこわんわん大好っき♪ って
ぴったりおおとるやないかぁぁーー(大糞核笑)
鉄犬テーマソング決定〜っ!!
ところであれ、昨日やで。


プロフィール

mosaosa

Author:mosaosa
みなさま
本日もご乗車
ありがとうございます!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おこしやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: