FC2ブログ

懐かしの播但線へ 【福崎】

SL時代、私がいちばん通ったのは加古川と姫路だ
加古川・姫路機関区は現状を見たが、播但線には行ってなかった
 加古川機関区あと→
 姫路第一機関区あと→

実は何度か行こうとはしたものの姫路で日中見かける播但線の茜色103系はいつも2両で満員
それではかぶりつきも不可能、な、そうだろ(ダレに言うてんねん)
よく行った溝口~福崎間にはちょっとした峠越えがあり、並走する道路がない
当時はすべて線路内か線路脇を歩いたのだが、今そんなことは絶対不可
そこを見ようと思うとかぶりつく以外ないのだ

でも、
見たい! 
かぶりつきであそこを見たい!!


いったんそう思い出すと、もう誰にも止められない
というわけで姫路到着後すぐ、キハ58に駆け込んだ

2001BF01.jpg
げっぷ(爆)

乗る電車は今や貴重な103系

2001BF03.jpg
     ※今回撮り忘れたため、ほんの2~3年前の画像です

やはり2両の混み混みコース、ドア際で立って姫路出発
車内はワンマン設備がついた程度だが、外観はかなり変わっている
ふつうなら国鉄型にはとびつくところだが、前から見るとほぼ原型姿の和田岬のアレをよく見るためか、さほど感動はない

2001BF35.jpg
その和田岬のアレ
話は少し脱線するが去年12月に入場、その間ずっと207系が代走していた
やっと出場して復帰、台車が明るいグレーに

2001BF36.jpg
やっほー、まだまだ健在!! はうれしいが、

わしゃ黒がええ(爆)


考えたら高架になってから播但線で姫路を出るのは初めてだ
満員なので写真は撮れなかったが、次の京口をすぎ野里近くまで姫路城が見え隠れしていた
これは高架の恩恵なのか・・・
地上時代、城はほとんど見えなかった

意外と高架が長く続き、砥堀の手前で地上に降りた
砥堀といえば昔はホーム片側1本だけの無人駅、ほとんどの列車が通過していたが出世したもんだ
今回、この駅だったと思うがなぜか右側通行だった

仁豊野をすぎ香呂で前面にいた客が降りたので、すかさず移動
ダメなら帰りに賭けようと思っていたが
やったぁー 前面確保!!

なので
ここからやっと画像付きになります(爆)

2001BF33.jpg

2001BF02.jpg
香呂発車
左に見える森は神社の杜らしい
坂を下りてくるC11を撮ったのは踏切のあたりだろう、信号機も見える

2001BF04.jpg
腕木は香呂の場内信号と通過信号(たぶん)

2001BF05.jpg
そして直線をとばすと懐かしい溝口駅が見えてきた
ずいぶん変わっちゃったなぁ・・・ってあたりまえか
帰りに下車してみよう

2001BF06.jpg
というわけで溝口発車 ここから少しの間、家が途切れる

2001BF07.jpg
おお~っ!!
このSカーブこそわが青春のSカーブや(意味不明)


2001BF12.jpg
右下は畑、横からの構図では草で足回りが見えない欠点があった
草刈りしてぇ~、マサカリで草を!!
そしてつきあたり(画面右側)に池がある

2001BF08.jpg
こんなキレイではなかったが・・・
いつも小さい魚アミ持参で暇つぶししてた(爆)

2001BF09.jpg
全体像はこんな感じ、手前が溝口
和田山方面へはここまでが登り坂でSカーブがおわると直線の下りになる・・・とすると次駅の福崎からすれば姫路行きの列車は当然登りなのだが、もうもうと煙をはいてきた列車は見たことがなく、たいていこの写真のように煙はスカ
福崎からの平坦区間で十分飛ばして登ってくるからだろう

2001BF11.jpg
それに比べて下りの貨物はこんな感じ、煙がなびかず真上に上がってる時は亀
姿を現してから私がいる所までワインダーがなくても撮り放題 

2001BF32.jpg
ここまでたどり着けばほっと一息

さて、車内に戻ろう
直線の下りを転がる

2001BF10.jpg
2001BF13.jpg

2001BF14.jpg
2001BF15.jpg
たぶんこの小さいカーブだと思うのだが・・・

2001BF16.jpg
2001BF17.jpg
おお、これはドンピシャじゃなかろうか
山影がほぼ一致、当時は高速道路などもちろんない
覚えてるでぇー 46号機めっちゃ飛ばしとった・・・

福崎到着
だだっ広い駅前広場になり、時々カッパが出るようだが(地元民しかわかりませんのでスルーして下さい)なんとなく懐かしい

駅手前の踏切へ

2001BF20.jpg
ここで94号機が入れ換えしてた

2001BF29.jpg

2001BF22.jpg

2001BF21.jpg
駅に向かって右側の側線と左側の製材所 ? にあった引き込みがなくなってるが
他の線路は同じ
・・・懐かしいのぅ

2001BF23.jpg
右側にあった側線

2001BF34.jpg
左側にあった引き込み
木材の積み出しホーム?

入れ換えが済むと貨690レは発車していった

2001BF24.jpg

2001BF25.jpg


2001BF30.jpg
駅を生野側から見ると右手に農協があり、左手には側線と貨物の積み出しホームがあったが、当然今はない(JAはあるようです)


溝口から歩き、少し早いがここから636列車で帰るというのが定番だった
C57牽引というのが何より魅力、この駅の待合室では最後のお楽しみにいつもワクワクしていた


やがて駅員が出てきてラッチに入り、帽子をキリッとキメて言った
「お待たせしました、49分発和田山行と50分発姫路行の改札をします」

いっせいに待合室の客が改札へ向かう

駅員は忙しく鋏を入れながらも一人一人に
2番のりば、橋を渡ってください 
ありがとうございます 1番のりば・・・と

当時どこの地方駅でも見られたこの光景、この瞬間が
私はたまらなく好きだった

誰もおらずカードでピッで「勝手に入ってね」ではなく
なんていうか・・・
自分たちが守る駅の誇りや威厳みたいなものが感じられた

では、ひと駅、溝口へ戻ろう

2001BF26.jpg

2001BF27.jpg


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

まねきのえきそば、ナイス!

 姫路の駅そば、なかなかにくい造りですね。それはさておき、関東で似たような雰囲気の線区は総武本線とか成田線あたりでしょうか。D51が客車を牽くのは違和感ないけど、C57が牽く貨物は馴染めません。見慣れていないだけなのかな。

師匠 こんばんは

駅そば、なかなかいい出来です。この手のものには省略されそうな乗務員ドアに取っ手の表現まで・・・もしかして開くのかな
私は初撮影でいきなりC57の貨物でしたので全く違和感ないのですが、首都圏ではやはり客レですね。そしてC57の集煙装置付きも違和感ないのですが、めちゃくちゃ評判悪いっすね(笑)

C5794

横のオバハン!と比べたら蒸機は古く感じられないですね。
3年、この歳になると確かにあっという間ですね。

オバハン!!

きっと御仁の好みだろなーと思って大きく使ったのに(爆)
撮ったのは約50年前、50年もあっという間でしたわ
プロフィール

mosaosa

Author:mosaosa
見ていただき
ありがとうございます!!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おこしやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: