FC2ブログ

国鉄鷹取工場(3)

うーむ、3回目ともなるとネタがない(爆)
今までの2回が見たいというもの好きな方は右側の「車庫訪問」からどうぞ

こんなブログをやってますと、たまに「写真を使わせて」というお話が来たりします
そのおかげで内容はめっちゃいいけど値段でとまどうあの本や、毎号付録がついてくるというあの社の本にも出させていただきました ありがたいことです

でもこの方の依頼は意外でした
「写真で絵を描いてもええか?」
「へ?」と思いましたがお話を聞いて納得、彼は絵本作家さんでした
なんでもお父さんが国鉄鷹取工場に勤められてた時に聞いた話をヒントに絵本をつくろうと思われたらしく、「鷹取」で画像検索したら、たまたま
妙なブログがヒットしたとのこと(爆)
お父さんが鷹取工場勤務ということはおそらく神戸出身、でも現在は江ノ電の近所にお住まいだそうです
一度会いましょうということになり、なぜか須磨寺の喫茶店でお話を聞きましたら
この方、なんと小・中・高の後輩でした

その彼から先日 絵本が送られてきました
190916tK01.jpg
じょうききかんしゃビーコロ 
作・絵 ミノオカリョウスケ 童心社・刊

ビーコロというのはBタンクのことでしょう、お父さんがよく口にされてたらしいです
タカトリのビーコロが何だったのかはわかりませんが、彼は今も梅小路にいるB2010に置き換えてお話を作られてます

絵はしっかりと描き込まれており、ストーリーも魅力的!!
これをご覧になってるおじいちゃん
そう、あなた(爆)
お孫さんにぜひいかがでしょう!!


190916tK03.jpg
操車場の左(北)側に広がる工場
横切る道路のすぐ上に威厳ある大きな建屋が見えてます

190916tK04.jpg

190916tK05.jpg
工場脇の上り本線をいく58の荷レ

鷹取工場はとにかく広く、その跡地には小学校、病院、公営住宅、マンション、スーパー、広いグランド、公園と、ひとつの街ができています
駅からの地下通路にその記録があるのみ、昔の鉄以外はそこに工場があったとは思えないでしょう


いつからか定かではないですが、毎年工場公開が行われてました

190916tK06.jpg
「国鉄鷹取工場」やっぱ響きがエエなぁ~
国鉄末期昭和61年のちらし
よく見れば一番上に「みやび」の宣伝がありますが、翌年の公開ではグランド脇にブルーシートをかけられて置かれており、涙の対面となりました

公開の様子は子供が小さかったのでビデオで残しており写真は殆どありませんが、年に一度のお楽しみ、毎年かかさず行っておりました

上のちらしにも名前がありますが、当時義経号と若鷹号はたしか正門を入ったところの芝生内にあったような憶えが・・・義経号(京都鉄博にいる)にはあまり興味がありませんでしたが、若鷹号は好みでした

190916tK07.jpg
これが若鷹号・・・この年(年不明)は化粧されて違うところにいました
はばたくいのち~若鷹の若鷹の という歌が聞こえてきそうです(謎)
今は京都嵯峨に居るそう、いつか会いたいです

背後にはレンガ積みの建物。工場内には歴史を感じる建物も多く、それらも記録しておけばよかった・・・

190916tK08.jpg
スイッチャー 晩年はこんなおしゃれさんに、これはなんかソソられます

190916tK09.jpg
朱赤時代は竹槍マフラー

190916tK10.jpg
工場から引っ張り出してきたのはコレ

190916tK11.jpg
ふふふ、隠してもおじさんにはわかるぞー
工場入場ということはこの頃は動態だったのか・・・

190916tK12.jpg
毎年の公開での目玉イベントは蒸機+マイテの乗車体験
やってくるのはもちろん梅小路の動態保存機、C612、C56160、D51200など
検査に合わせてたのかもしれませんね

190916tK13.jpg
背後の巨大看板の明かりに照らされる検査上がりのEF65とイベント終わりで梅小路に返却されるC612

190916tK15.jpg
鉄道100年記念券

190916tK16.jpg
今でも愛読書、鷹取工場編「蒸機とともに1世紀」

190916tK17.jpg

190916tK18.jpg

190916tK19.jpg

190916tK21.jpg
園児たちの記憶に少しでも残ってるかな

190916tK24.jpg

190916tK25.jpg

190916tK22.jpg

・・・ほんまにいろいろ楽しませてもらったなぁ

ありがとう

190916tK27.jpg


鷹取工場は2000年、網干に統合
その長い歴史に幕をおろしました


190916tK26.jpg




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

車両部品展示即売

D51圧力計5点セットを買い込んで、奥方にど叱られたと推理します。

鷹取工場

センパイ、絵本の紹介をありがとうございます!
この絵本、JR西日本からも
「蒸気機関車は、子供達が自分で考えたり勇気を感じ取ったりできるいい材料になると思います。そのようないい作品にして下さい。」
というお言葉をいただいています。ほぼ公認。

にしても、いいですね〜、国鉄鷹取工場。
泣きながら拝見しました(マジ)。

最後のD51211号機のプレートが
さらに泣かせます。
(絵本には、このD51211も出てきます)
↑宣伝。

ありがたや〜。

とにかく広い

鷹取に限らず、昔の国鉄工場は桁違いに広かったですね。随分と土地を贅沢に使っているけど、街より先に工場ができたからというわけか。

わーい 御仁キター

部品争奪戦の混雑は今も昔も同じですね
私が行くのは決まって遅い時間でしたので、残ってるものは工場だけに超マニアックな部品。
あのぅ、これはいったいなんですか? というものばかりでした(爆)

おおっ 作者降臨!!

蒸気機関車は、子供やおっさん達が自分で考えたり勇気を感じ取ったりできるいい材料になると思います。そのようないい作品です
          青春M公認

工場があった頃がなつかしいよね

わーい 師匠きはったー

宮原・向日町をやった時、昔の航空写真を見てそう思いました
畑地帯にどっかーんと出来てますね
そして街が出来ていく・・・ロマンです(なにがっ)

No title

自分が行った時はこの若鷹号は復元中で台枠だけでしたので何か分かりませんでした。

No title

それは残念でしたね

No title

若鷹号そそられる機関車ですね。
バランスのとれた客車2~3両牽かせてみたい。

ぬか屋さん こんばんは

この若鷹号(工場誌によると鷹養1号)は修繕技術向上の実習用機関車だったそうです。元はコッペルで実習生が改造、wikiによると改造の設計はあの島氏。どおりでサイドタンクの形状がB20やC10〜っぽい・・・
それで私はそそられたのかもしれません
客車とともにモケー化、いかがですか
プロフィール

mosaosa

Author:mosaosa
見ていただき
ありがとうございます!!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おこしやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: