スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神大震災 消えた鉄路

と、その前に・・・

「阪急京都線で新たな京風ラッピング電車が走るゆうて、コレ、京トレイン6300引退やで」
「まじでっ!!!」「ほれ、あさってからの快速特急、京トレスジやし、まちがいない!!」
「全検かなんかちゃうん」「チッチッ、ちがうな、もうアカンで」
「あああああああああ・・・」
そんなワケのわからない会話がとびかった神戸三宮の喫茶店内。
本日、ワンニャンさんがおこしになられました。これから江戸へ高飛びするらしいです。
IMG_1291.jpg
ぢゅるぢゅるぢゅる
IMG_1293.jpg
神戸空港へお見送り。この飛行機でお帰りになられました。またねー

なお、6300は「検査のため、1月17日~2月22日はラッピング電車で運転」と新開地駅の京トレイン広告に書いてありました。ヨカタネ

        
   ■ ■ ■ ■ ■ ■


阪神大震災は、各鉄道に多大なる被害をおよぼしましたが、すべて復旧しました。しかし、その復旧過程で廃線になった所があります。それは山陽電鉄の東須磨―西代の地上区間です。もともとここは、地下化されるべく工事が進んでおり、春の完成まであと一歩というところでした。
当然、この区間も被害をうけましたが、山陽がとった復旧方法は、地上区間をあきらめ、地下線で復旧するというものでした。ゆえにこの区間は震災当日に廃線となり、私はその前日に乗ったのが、なんの前ぶれもなく突然やってきた「さよなら乗車」となってしまいました。
そろそろこの区間をちゃんと記録しておこうと考えてた矢先の震災・・・

地震から2ヶ月後の3月26日、やはりバカチョンを持ってこの区間を歩いてみました。

ss001.jpg
東須磨駅です。右側2線が従来の上下線、左側の単線は新線です。
この時点では板宿まで開通(3月24日)しており、単線で乗り入れのためタブレットを使用してたようです。
さらに次駅の西代は新線も被害を受け、6月18日の開通まで待たなければなりませんでした
IMG_1265.jpg
現在の東須磨駅。地下入り口が見えてます
下の写真はこの入り口の左あたりで撮ったものです
ss002.jpg
東須磨―板宿間を行く3000形
ss003.jpg
これは現在の同地点。跡地は道路になってます

板宿手前から東須磨方面を見たところ
よく見ると
ss004.jpg
線路はへろへろです
ss005.jpg

ss006.jpg
現在の同地点

ss007.jpg
板宿駅を西側から見たところ
ss008.jpg
現在の同地点。当時のビルがあるので分りやすいです

ss010.jpg

ss009.jpg
板宿駅の東側、踏切から
ss011.jpg
現在の同地点、やはり当時からあるビルが目印に。
かなり広い道路になってます。この地下に山陽板宿駅があり、その下を直角に市営地下鉄が交差してます

ss012.jpg
山側改札

ss013.jpg

この階段、何度通ったことだろう

ここから西代にかけて線路跡は幅広の道路になってます

ss3031.jpg

ss1263.jpg
全く面影ないですね・・・
道のつきあたりに赤い道路橋が見えたら西代、もともとは山陽を乗り越すために造られた道路橋です
例の四角5100はここで撮ったものです
ss014.jpg

ss015.jpg
現在の同地点。雰囲気が残ってます。このカーブを曲がったところに西代駅がありました

今でも急カーブを行く電車の軋み音がきこえてきそうです

ss016.jpg

ss017.jpg
本線は分岐してカーブ、まっすぐ手前にのびる線の先には西代車庫がありました。しかし78年に車庫はなくなってます。

ss018.jpg
駅を過ぎると地下入り口が見えてきます

もうここを電車が走ることはありません

ss5055.jpg

地震の半月前に発行された山陽の広報紙1月号には
「1995年、飛翔の年」の文字とほぼ完成した板宿駅の写真。
そして、地下線の説明が記されてます。

祝賀ムードもなにもない地下開業でした
s951.jpg


s952.jpg

ss019.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

震災当時、別府のマンションに親類がおりました。
別府鉄道野口線晩年の頃、単行気動車と巨大マンションの対比で多くの作品が発表されている場所です。
幸い部屋が壊れるということはなかったのですが、それでも太い柱のいたる所に亀裂が走り、揺れの激しさを残していました。
ライフラインは比較的早く復旧したのですが、鉄道はご存知の通り不通期間が長引きました。
見舞いに行くにもJR全通まで待たなければならなかったのが、歯痒い思いしたものです。

No title

12号線さん おはようございます
そうでしたか、おそらく別府口のあのマンションですね。私も撮ってます
鉄道の存在の大きさを痛感した出来事でした。
さぞかし歯痒い思いをされたことと思います。
コメントありがとうございました

20年は・・

20年の歳月は風景を一変させるんですね。
今昔対比を見て痛感しました。
ある日突然電車が来なくなってそのまま二度と走らないなんてまず経験できない事ですね。
記憶を風化させてはいけませんね。

ほんと、そうです

Chitetsuさん こんにちは
さよならはよくありましたが、「突然」はなかったですよね
今回当時の建物があり、自分でも分かり易いな・・と思ったのですが
それがかえって残念な思いを増幅させてしまいました
コメントありがとうございました

貴重な記録ですね!

こんにちは。
震災後の板宿はこんな感じだったのですか。

わたしの場合、ポートアイランドでの成人式の二日後に震災、
さらに二日後に地下鉄が新長田か板宿まで通じたので 高校の同級生達の安否確認で太田中学などを回ったものの駒ヶ林など南の方は行けなかった記憶があります。

あれから20年。板宿の写真を見てもどこがどこだかさっぱり分かりません。西代も震災の翌々年に行った時は駅前が道路工事中だったのが当然完成していてこちらも別の街に変わっています。

板宿は全国的に有名な昆布屋があるので一度行きたいものの、曲って狭いホームに駅前商店街を市バス5系統が走るあの街の面影は全く残っていなさそうですね。

変わりましたよ

こんにちは 品じぃさん
太田中より南は、かなり悲惨な光景でしたね
板宿は全く変わってしまいました。
その昔はバスが商店街の中をつきあたりのダイエー前まで走ってました。
ちなみに、昆布屋さんの前はよく通ってます
コメントありがとうございました

ぐっはー!

どMちゃん、昨日はホンマにお見送りありがとう~~!

・・・・ということはあの地下線は地震とは関係なしに整備されかけてたってことですか!?
しらなんだー。
昔のほうがええな。
地震もなかった昔に戻りたいな。

い〜え

どういたしまして というか勝手についていったんやで
西代と板宿は、この年の春に開業セレモニーということになってたんよ
地上時代はよかったけど、それはそれでしかたないと思とったら・・・
あしたで20年か。
コメントありがとう

No title

こんばんわ。

板宿から西代は、山陽電車では比較的よく利用した区間で、旧本社前に置いてあった真っ青な塗装の830など、西代駅前には色々思い出もあるのですが、道路以外は面影が無いですね。

板宿も、地上時代のごちゃっとした町がすっかり綺麗になりましたが、あの街の状況を考えると、少々複雑な思いがあります。

明日は、静かに20年前の出来事を思い出してみたいと思います。

追記:前の書き込みでのお言葉、ありがとうございます。両親はのうち、父は箪笥が倒れて足を少し怪我しましたが、3月には元気になっていました。

おはようございます

nnishi1968さん
おとうさん元気になられたとのことで安心しました
ほんとに街は変わってしまいましたね。
きれいにはなりましたが、なんか温もりがなくなったような気もします
西代車庫はいつか登場しますので、またのぞいてくださいね
コメントありがとうございました
たいへんおそくなってすみませんでした

No title

青春Mさん

当時の自分はどうして大池町とか駒ヶ林などの友人を捜しに行かなかったのか? と最近思っていたのですが、
行ける状況では無かったのですね。理由が氷解しました。

私の記憶がある頃は既に市バス5系統新長田行きは板宿駅の角を曲がるコースでしたが、それでも危険な感じがしました。ダイエー前から直進してきたなんて想像も出来ません。
妙法寺行きや板宿折り返しのバスはこれまた強引に踏切
手前で展開してましたね。

おはようございます

品じぃさん おそくなってすみません!
板宿駅曲がりも踏切が鳴るとえらいことになってましたね
地下化で道路拡幅せざるをえない状況だったのでしょう
思い出すとなつかしいです。
あのごちゃごちゃが私の「板宿」でした。
踏切角にあった喫茶店で電車見るのが迫力あって好きでしたー

No title

なるほど、あの板宿の喫茶店は由緒ある場所だったんですね。
地下から板宿の町に出た瞬間は「ここはどこ? ワタシはダリ?」状態でしたが、板宿は商店街が残っていることと、山電の線路がそのまま道路になっていたので暫くすると思い出してきました。

踏切角の店や、駅舎跡地のコンビニなど変わりつつも場所を特定出来る建物が往時を思い出しやすくなってました。

板宿は特に姫路行きのホーム辺りが狭くてゴチャゴチャしてましたね。でも、私もあのゴチャゴチャが魅力だったと思っています。
ホームの行先案内板も魅力的でしたわ〜。

板宿は比較的わかりやすいです

品じぃさん こんにちわ
あの喫茶店は昔からあり、細い路地をはさんですぐ線路。なので車番をメモりながら半日ほどいたことがあります。あああ懐かしい
また南側にケンタッキーがあるのですが、そこの2階席も半日ほどいたことがあります。ああああああ懐かしい・・てかヒマ人ですね(核爆)
下りホームの改札あたり、狭くてぐちゃぐちゃでしたね。板宿は線路がカーブしてるので写真を撮りづらく、殆ど撮ってないのが悔やまれます。
コメントありがとうございました

ケンタッキー、ありましたね。

高校時代に板宿で遊んだ際によく寄りました。
線路際の路地も憶えています。

青春Mさんが昔に写真を撮り貯め、きちんと保管し、さらには本やブログで公開してくれなければ(ここ重要!)、ちょ〜苦痛特急に乗ることも、20年振りに板宿に降りることも、「僕の青春」を懐かしむことも無かったと思います。
いい本を上梓していただき、しかも6350円などにせず、サラリーマンの小遣いで買える金額に設定いただき、心から御礼を申し上げたい気持ちです。ありがとうございます。

いえいえ

そんなこと言われたら照れますがなーーー
ただの電車好きです、たまたまご近所でした。あの本は高くするとたぶん売れません(核爆)
きちんと保管・・ほんまネガ見たら泣きますよ、事実を変えないように修正するのに殆どの時間をさきました。
でもそういっていただけるとうれしいです、こちらこそありがとうございます!!

懐かしい!
3年間、芦屋から板宿に通って
翌年に震災
卒業してから、一度も板宿に行ってないから こんな『ツルツル』になってるなんて…(´・_・`)
たい焼きや地下鉄入り口近くのおばちゃんがしてたお好み焼き
珈琲の青山…
懐かしい味が蘇る

西代駅の懐かしい駅や電車の写真が、素晴らしい

コメントありがとうございました

この回は自分でも見返すたびにいろいろ思い出し、感慨にふけってしまいます。ツルツルになる前の板宿や西代をご存知の方からお言葉をいただけるとうれしいです、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
珈琲の青山は高いので入ったのは1回きりでしたw
プロフィール

mosaosa

Author:mosaosa
見ていただいたみなさま
ほんとうに
ありがとうございました

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おこしやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。