FC2ブログ

ワフ22000

1805fc01.jpg

ガァァァーーー

タンタンタン・・・・
1、2、3、4、5・・・10、11 うわっブタでたっ! 息止めろ

タンタンタン・・・・
えっと 16、17、う、長〜いタンク車でたっ! 

タタン タタン
調子狂うなぁ えーと、21、22、23・・・

えーい、
こんなん数えて何になるねん!(爆)

こんな経験おまへんか?

かつては貨物といえば黒貨車でしたがマニアは少なかったんでしょう、ゴハチがなくなる~!  旧客がなくなる~! などはよく聞きましたが、黒貨車がなくなる~! は、聞いた事がありません、私が知らなかっただけなのかもしれませんが・・・
一番大きかったのは国鉄末期の車扱い廃止なのでしょうかね、昭和59年でしたっけ・・・アオリをくらって別府鉄道が廃止になったもんで、それだけは憶えております。

貨車はざっくりワム トラ タキ クくらいしかわかりません
え、ク?・・・もちろんクルマ運搬車です

1805fc02.jpg

1805fc03.jpg
1971年頃、東名高速から撮った写真がたまたまでてきました
なるほど、もったいないから使ったと・・・

1805fc04.jpg
もういっちょう!
国鉄の黄緑コンテナ。
65の一般形なんかごろごろいたのに・・・
どこいったんや!

とにかく貨車の世界は奥深く、私が知ってるものなんてたかが知れ・・

しぃれ~とこぉ~のみさきにぃ~♪

だ、ダレだっ!!

1805fc05.jpg

形式標記に小さいカタカナがついてるのもあり、そりゃもうややこしい
ま、今さら覚えても見る事がないのでしゃーないですが

でもなつかしいなぁー 黒貨車

1805fc18.jpg


1、2、3、4・・・
もうええか(爆)

そんな貨物列車の殿をつとめた緩急車ワフとヨ、後追いすれば必ず写ったやつ。
私の時代、蒸機牽引はほとんどが貨物だったのでそれなりの枚数がありますが、もちろんソレを狙った訳ではなく、たまたま写っていた・・・なので形式写真とは程遠いものばかりです。
しかし自分でスキャンし出してから、ワフとヨもええ味しとるなぁと思うことがしばしば
リベットごつごつだったり、つぎはぎだったり、結構魅力的なものがあります

1805fc06.jpg
都合のいい写真がありました
前がワフ、後ろがヨ
外見上、ワフは荷物扉があって片デッキ、ヨは両デッキで車掌室のみ。右端のワムとかに比べるとひとまわり小型です。
フは手ブレーキのフ、ならばヨには手ブレーキがついてないんきゃ、という疑問がわきますが、もとはヨフだったらしいです。御安心ください(ダレがっ)

1805fc07.jpg
ヨは2000、3500、5000・・と順調にバージョンアップしたのに対し、ワフでは改造車があり必ずしも製造年の順にはなってないところになんかそそられるものがあります。
その中で最も気になるのがワフ22000

1805fc08.jpg

1805fc09.jpg
少し見にくいですが前がワフ22000、後ろはたぶん21000。22000は21000の増備車、製造年で両者は8年ほど差がありますが、その間にあったのが戦争。

ワフ22000は戦後の復興にあわせ21000が不足するため増備されたものの、資材不足により至る所に苦労の跡が見えます。
形は同じですがそれが故の別形式、なのです。

1805fc12.jpg

1805fc15.jpg

1805fc11.jpg

モノのない時代に産まれながらも、けなげに働いてきたヤツ

1805fc17.jpg

1805fc13.jpg

そうとわかると愛おしく思えませんか



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

小虎ってのもありましたね

やはり同い年、感性が一緒ですな。
山手貨物品鶴線の場合、デッキ付きEF1Xが牽きますので、タタダダダダダダタタ タンタンタンタンタタンタタン・・チン×がタタン・・・てな感じでした。

貨車については私も思い入れがあります。
HOでも貨車ならこづかいで手が届いたので、少しは集めましたので・・

わーい 御仁キター(爆)

わーい、御仁と感性が一緒・・・
いやぁぁぁぁぁぁぁ!! ってうそでんがな(爆)
そういや私もHOの貨車買いました。黒ワムと銀色のタンク車・・タムかな? 黒ワムがハゲまわるほど遊びました。
確かその当時の写真もあるので、いずれまた貨車やりま〜す


No title

 小さい頃、踏切で通過する貨物列車り両数を数えていました。幹線は4~50両だけど、ローカルだとせいぜい10数両。なので幹線筋の子供の方が大きな数を覚えるのが早いのです。

やはり

モハメイド師は数えたはず(断定爆)
なるほど、それはいえるかもしれませんね
私の場合は幹線なので大きな数の方、たしかに数えるのだけは得意でしたが算数では何の役にも・・・

オイラもまけずに

思い出話といえば家から近かった田端操車場です。今はシンカンセンの留置線になってるところが貨車のヤードで96やDD13が入換えしてるのを橋の上から飽きずに見てました~皆さんみたいな素敵な話は無いですが、跨線橋をくぐるSLの上までわざわざ走って煙に巻かれて遊んでました。

それはうらやましいっす

Cedarさん こんばんは
そうですか、蒸機がいればそんな魅惑の遊びができたんですか
子供ならぜったいやるでしょうね〜
私なら今でもやりたいですが(爆)

プロフィール

mosaosa

Author:mosaosa
見ていただき
ありがとうございます!!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おこしやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: