ああ中津川

シグ鉄さんのトホホを見てましたら、他のブログ主さんが昔撮影した場所を訪ねるというおもろげなことをやっておられました。御自身は謙遜してパクリ企画とおっしゃってますが、全然そんなことはありませんよね。これはむしろ、すばらしいことではないでしょうか。
シグ鉄のトホホ鉄紀行、あの鉄はいま→

で、氏が訪れたのは中津川。なんでもクルマを高級車に替えて高速試験を兼ねてとのことですが、木曽川橋梁で狂喜最高速でも出すつもりだったのでしょうか。
中津川にはぬか屋さんの北恵那電鉄の記事に触発されてとのこと。
蒸機があった当時、私は中津川に2回行き、それも結構長い時間滞在したにもかかわらず北恵那電鉄を見に行かなかったのでそんな素晴らしきシーンもまったく・・・
ぬか屋さんをはじめいろんな方の画像を見るにつけ、めっちゃ後悔してしまいます

そして現在の中津川

snakadko02.jpg

snakadko01.jpg
     撮影・シグさん

いやぁこの写真見た時、思わず叫びましたよ
うわあああああああココはアソコやないかああああ(糞爆)
道が線路沿いになる赤矢印の場所、
私が後部補機付の貨物の発車を撮ったトコです
そして青矢印のとこでシグやんはハンバーグを食べたそうです

snakadko03.jpg
北側。   撮影・シゲちゃん

実はその時、下からだとモロ逆光なのでこの道路橋にも上ってみました。当然ですが今よりもっと見晴らしがよく、背景の山は感じがいいものの、すでに架線柱がありましたのでやむなく下で撮ったのでした。

snakadko04.jpg

snakadko05.jpg

snakadko06.jpg

snakadko07.jpg

snakadko08.jpg

snakadko09.jpg

snakadko10.jpg

それにしてもシグさんの北側を見た写真に写るガードレールや欄干(でいいのか?)など、当時のままではないでしょうか。とするとこの橋の裏には未だ煤がついているかも・・・
そんなことを考え、43年前の懐かしいこのシーンを思い出しました。
シグさんには感謝です

期せずして当ブログの「現場検証」シリーズになりましたが「他人のふんどし」「木曽シリーズ」にもあたる今回、ジャンルに「パクリでGO!!」も加えておけばよかったですかね


snakadko11.jpg
駅から見た今回の現場。
左端は留置線、始発になる名古屋方面行き70系が待機中
ひとりで山から降りてきたD51、その向こうに例の橋が見える


もういちど、あのころへ・・・


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

パクッていただき多謝

早速、パクり返さなかん。
パクリのパクリのパクリ! トリプルクロスカウンター!

パクリならこの武庫川、木曽川警部には負けませんぜ。

わーい!! 武庫川保険

メリーパクリスマス!!(爆)
よかったー、来てもらえへんかったらコメゼロのとこでした
いやほんまよくぞあの橋の上から撮ってくれたもんですキュー
パクれてうれしかったです

煙い~!

 出発していく補機のテンダー、見事に石炭がテンコ盛りですね。トンネルの天井にぶつからないだろうか。

ありがとうございまーす

モハメイドペーパーさん こんにちは
ネグラ出たての三角お山盛り、めっちゃかっこいいです〜

でもここを見に来てくださる方は
そんなこと「どーでもよー」だと思います(爆)

後の祭り

目的が北恵那鉄道でしたので40数年経ってこの様な事が起こるとは夢にも考えてなく周辺もシャッターを切っておけばと思っております。

まーーーーったく同じですぅ

ぬか屋さん こんばんは
私の場合、とにかくフィルム節約の旅でしたので汽車以外は殆ど記録なしです。
あの頃、もしデジカメがあればもっと違った展開になってたかも知れませんね。
コメントありがとうございました

わー

中津川と言えば中津町、懐かしいですがどうやって行ったのか全く記憶にございません^_^。
フィルムは本当にケチケチ使っていましたね。
今考えたらもったいないけど、しょうがないですねそう言う時代でした。
蒸気とスカ型、電車屋おっちゃんの琴線に触れます〜。

わぁーい 床下たっちゃんChitetsuおっちゃん

こんばんはー
中津町はこの写真のすぐ近くだったようで更に後悔してます〜
もういちどこの頃に戻りたいです。
この時代にもしChitetsuさんと行動を共にしてたら中津川でChitetsuさんは南に私は北へと別行動してたでしょうね(爆)
プロフィール

mosaosa

Author:mosaosa
みなさま
本日もご乗車
ありがとうございます!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おこしやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: