スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京福電車の思い出

吊り掛けの ひびきとけこむ 京の空

いいですねぇ
毎年秋になるとこの句を思ひだします。
この句の季語は「吊り掛け」ですが、京都で吊り掛けといえば、やはりポール電車でしょう。

叡山線

Kei01.jpg
どこかで見たカットですが・・デオ200。めちゃかわいい!!

Kei02.jpg
三宅八幡→八瀬遊園、モーターをうならせて登っていきます
Kei03.jpg
反対から下ってきました。手前では凧上げ、のどかです

Kei04.jpg
これは場所が ? です。お電車は元阪神のデナ500かな

嵐山線

Kei05.jpg

Kei06.jpg
嵐山駅です。嵯峨野めぐりをする時は阪急の特急が桂に停まらないので、大宮からこの電車で嵐山に、というのが定番でした。この駅舎、いかにも京都って感じで好きでした
Kei07.jpg
流鏑馬のマトみたいな番線表示

Kei08.jpg
この電車を撮るのはやっぱココ・・てな感じの太秦(現在は「太秦広隆寺」だったっけ)です。

Kei09.jpg
広隆寺との取り合わせが定番。ここだけ路面ですが、嵐山側には専用軌道のSカーブも・・・
Kei10.jpg

Kei11.jpg

Kei12.jpg

しかしここ、来るのはいいのですが、ワタシの場合いつも休日なので帰りは混みすぎで電車に乗れません。
特に行楽シーズンはヤバイです
Kei13.jpg
駅で待つ人見てください。で、着く電車はすでに始発嵐山から超満員!

というわけで毎度阪急の西院まで歩くことに・・・。でも、仕方なくというよりは時折やってくる電車を撮りながらなので、さほど苦にはならず、ロケハンしてるつもりで歩いてました。

Kei14.jpg
行楽シーズンの休日は2両編成のオンパレード。全車動員されてるんじゃないでしょうか

名称未設定 15

Kei16.jpg

Kei17.jpg
これは、板がついてません。応援で嵐山へいくのでしょうか
Kei18.jpg
その後ろ姿。やっばりこの電車はポールが似合います


途中から南へ下り阪急西院駅へ、その前に、
西院へ来たからには「二枚看板たたき」をしなくてはなりません

静かな時はいいのですが・・・

2325.jpg
河原町方面に回送がもぐっていきました。ごぉぉぉ・・ん、これは、今のやつの音? 何か来た? 
えーっどっちやぁぁ!!
来たがなぁぁー

URYA.jpg
2816.jpg

か、勝ちました! しかも運転士さんの起立前方注視付きなのでボーナス80点、圧勝ですわ!!


嵐山線は75年12月、鞍馬・叡山線は78年10月に
ポール集電は廃止されました。
それから撮影には行ってません
でもやっぱり
秋になると思い出します。

Kei19.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

さすが!すばらしいお電車のすばらしいお写真の数々やないかあああ嗚呼〜〜!
つい先週末、糞観光客まみれになったとこやから余計にギュっとくるわー!

古き都のポール電車

ってのは、高校生の頃の鉄道ファンの記事のタイトルで、関東の鉄ガキはその記事に嵌りまくりました。
ポールなのに連結運転したり、電制つきで山登ったりするなんて…。
いまは全くツマラナイ電車になっちゃいましたね。

またまたそんな・・・

おほめいただいて恐喝で〜す!
東急もりあがってますなー、思いっきり青春してるみたいやんカー
わいもギュっとトキメくものがほしいわーーえーなー嗚呼〜

ワタシも

古い鉄道ファンの記事タイトル、いまだに憶えてるものあります
当時意味がわからなくても語呂で憶えてたものが、後になってナルホド!というのが多かったです。電車も記事タイトルも昔は味がありましたね。
Cedar様 ありがとうございます

やっぱり京都の電車はこれ!

京都のポール電車は良いですね!
電車の色合いも古都にお似合いでしたね。
保守的なことで有名な京福電車、詰襟の制服も印象的でした。

この電車たち・・

地味な色ですが、それがまた良かったですねー
詰め襟といえばこの太秦なんかには多客時応援の社員が出動し、
まるで応援団状態でした。乗れないと文句いえば
ぶっとばされそうでコワかったです
ありがとうございました
プロフィール

mosaosa

Author:mosaosa
見ていただいたみなさま
ほんとうに
ありがとうございました

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おこしやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。