スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山陽東二見車庫へ 【序章】

一年前の今頃、とある有名ブログを読んでると、山陽電車東二見車庫にステンとアルミが残っているとのレポートがありました。(ついにリンクの仕方を覚えました、おっさんでもやればできます! えーつとコチラ→)アルミは知っていましたが、ステンの存在は知りませんでした。たった1両、それも中間車の2506のみ、しかしぜひ会いたい!  これは一刻も早く行かないと後悔しそうです。いてもたってもいられず、今年の10月に行ってきました。その日は、たまたま山陽 鉄道フェスティバルをやってました。
(あれ、コチラの色がかわってないぞ・・まいいか)

とその前に
東二見に降り立ったのは1987年以来、実に27年ぶりです。
27年前は何をしに来たかと申しますと・・・
Sp.jpg
電車の部品即売会です。デパートでよくあるマグロ解体ショーみたいなもんですね。まわりに部品名がお経のように書かれてます。
そして、その内容はここ↓に書かれてます。

Sp2.jpg

涙出そうです・・・

Sp5000.jpg
この5000系誕生によって1986年9月に旧型車が全廃。それ以降、山陽で吊り掛け電車をもとめることができなくなりました。

そういえば阪神でもありました。
Hp.jpg
N特〜っ!!! 20年前のことです。場所は阪神パーク(泣)
こちらは行ってません

当日は日曜でしたが、当時会社員だったワタシは会社のヤボ用のため着くのがおそくなってしまいました
ひとつ聞いていい? 仕事と電車、どっちが大事なの?
・・・ケっ、愚問。

なのでもうこんなもんしか残ってませんでした

Futa1.jpg
なんだかわかりますかぁ?
Futa3.jpg
たまたま横に本があったので高さの比較をしてみました。
この本はB5サイズなので、その半分、高さ12~3センチってとこです
Futa4.jpg
三角柱です。上には数字、278と書かれています
あ、部屋が散らかっててすみません

正解はこの写真の中にありますが小さくて見えないと思います
Futa7.jpg
そこでそれぞれの運転台を拡大してみますと
Futa8.jpg
ちょこっと見えてるやつがそうです。運転士さんがこの電車は「普通」とか「特急」とか確認するためのもののようです。底に磁石付き。
どうせなら特急がほしかった・・・特急は確か赤字(わーいウチといっしょやー)だったと思います

さて

Futa9.jpg

どっからまわろっかなー

つづく・・・

Futa10.jpg
          結局わいは利用されたダケか・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ナニが気になるって、ご本のバックの鏡に写った金持ちっぽいインテリアがあああああああああ嗚呼嗚呼~~
赤字ではこんな素敵なおうちには住めんわなああ嗚呼嗚呼~~
お電車解体ショ~~~!

あら!?

なにか勘違いをなさってるようですわね、ほほほ
わたし、このおウチにメイドとして置いてもらってますがナニか

懐かしい!

東二見の車庫、懐かしいです。
自分は一回しか行っていないですが、色んな廃車体が転がっていてビックリしました嗚呼嗚呼!
今も廃車体転がっているんでしょうか?

おはようございます!(遅っ)

確かに昔は廃車体ごろごろでしたね。でもワタシは新性能派だったので、撮ってないんですよーー。Chitetsuさんの二見レポ(ええっ一回であの量ですか)見させていただいて思いっ切り後悔してます。今は目立つ場所にはアルミ(3両)とステン(1両)以外なかったと思います。どこかに隠してるかもしれませんが(笑)
ありがとうございまーす
プロフィール

mosaosa

Author:mosaosa
見ていただいたみなさま
ほんとうに
ありがとうございました

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おこしやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。