M的プロジェクトX 完結編

px202.jpg

男は懐かしい場所でチャンスをうかがっていた

px201.jpg
JR(国鉄のこと)の特急は現在でも結構やって来る。
72年3月以前はさぞかし楽しかったろうな、来ればよかったな・・

px203.jpg
おお、まずまずの出来!! 
ちょっと快速の顔が見えてほしいけど、最近顔隠した奴が増えてるからそれだったらヤだ

JR(国鉄のこと)は近くに踏切があるようで来るのを察知できるが、国道のトラックの音と時折新幹線がヒユーンヒューンビチビチビチといいながら通過するので阪急の音がかきけされてしまう。なのでちらっと見えるライトか電車の影で判断するしかない
五感を研ぎすますのだ!!
う、
なにかクル!!


px204.jpg
px222.jpg


px205.jpg
惜しいなあ、もうちょっと早くきてれば223とクロスしてたのにィ! 
8300トップナンバーの特急。バスタブよりは断然いいけど自分が特急に乗る時に来たらなぜか腹たつ奴(爆)

お、踏切鳴ってる、阪急もキタ、こんどこそ!!

px206.jpg
前パンサンダクロース!! やったー!!

基準がさっぱりわからないが、男はやっと笑みをうかべた

しかしゆっくりはしていられない、このクロスのむこう側にも行かなければならない所がある。
それは、以前にも登場した
px207.jpg
ここ

サンダーバードの向こうに見える傾いた橋がその場所、クロスの京都側だ

西国街道にもどり京都側へ歩くとやがて左に路地、その先に細い踏切。
これの音が聞こえてたのか・・
前回の記憶に踏切などはなかったのだが・・・

px208.jpg
踏切にて。モモタローの直下を阪急がくぐっている

そして踏切を渡り終えると

px209.jpg
バスタブまつり!!
ここも昔のままだ!!

px210.jpg
京都方面から坂を下って来た電車は

px211.jpg
JR(国鉄のこと)とクロスして先ほどいた場所へ

px212.jpg

あの頃、2800の2扉もすでに残り1本になっていたが、二枚看板は京都線の花形、この編成は強烈な存在感を放っていた

px213.jpg
そやけどあたしゃこれも好きやってんー、当ブログにおいては山陽初期アルミと新車6000みたいな関係ですな
ああ新旧のはざまで揺れ動く乙女心!

px215.jpg
線路の向こうにさっきまでいた橋が見える

px214.jpg
月日が流れても、雰囲気は同じだ。ただ変わったのは車両のみ・・・
って、よー考えたらこいつらあの頃も走っとったがな~(爆)

px216.jpg
おりしも5301が。なぜか男はニヤリと笑った

px217.jpg
あの頃の5301は看板ぶらさげ、5両編成だった

名残惜しいが、そろそろタイムアウトだ

そして最後に挑戦したクロスは

px218.jpg

プロジェクトX(ペケ)

男は駅にもどり
px219.jpg
前パンと

px220.jpg
タヌキを捕獲

来てよかった・・・
男は満足だった
そしてこの地をあとにした
見上げた山が色とりどりに染まる頃
再来することを誓って

px221.jpg


まだやる気か?


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大山崎はまだまだ昔の風景が残っているのですね!
ここは撮りに行きたいです!

国鉄の車両は代替わりしましたが、阪急は伝統ですね!

京都府まで遠征お疲れ様でした。

No title

いやあ、しなGさん 
行きがけの電車賃ってやつです(爆)
ええトコです、いろんなクロスが楽しめますヨー

阪急の型番

昨日、お犬様に教わりました。
000が神戸線、100が宝塚線、300が京都線、200が変態枠。
サハは500以降に飛び、モハ、クハの下二桁は・・・
嗚呼、せっかく覚えたのに記憶が飛んでしまった。

ちょっと補足させていただきます

こんにちはシグさん あなたがパパよ♪
3000までは記載どおりで神戸線用の出力ダウンが100台で宝塚線用。
しかし今は神宝線用が百位0、1で0が梅田側、1が神戸・宝塚側の共通仕様だと思います。ちなみに京都線は3が梅田側、4が京都側(今の3300をのぞく)。中間車はプラス500でそのうちサハはプラス50・・・
なお、お犬様は昭和50年頃、私はその2〜3年あとで阪急の記憶が途絶えてますのでこれで合ってるかどうかは定かではありません。
なら書くなってかぁ〜(爆)
プロフィール

mosaosa

Author:mosaosa
みなさま
本日もご乗車
ありがとうございます!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おこしやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: