FC2ブログ

JR三ノ宮駅

わしは三ノ宮駅のホーム

20022201.jpg

昔、うちの駅は風通しがよかった
優等列車が頻繁にやってくるうえ、すぐ前には阪急はん
少年Mは嬉し忙しそうに走り回っとった

駅からはなんと富士山も見えたんじゃ
こちらをどうぞ→

時代が進むと南側には隣接してホテルやポートライナーの駅ができ、
屋根が伸ばされ、わしも嵩上げされた

それでも、つい最近までは昔の面影を残してたのじゃ

20022205.jpg

20022204.jpg


それがな・・・

20022206.jpg

20022207.jpg
こんなもんができた
言うまでもないがホームドアっちゅうやつ
3扉と4扉が入り混じっているのでこのタイプ
・・・ホームロープと呼ぶのが正解なのかも知れんのぅ

なぜかオオニタを思い出すのだが、このロープは安全じゃ
だが、万一の時以外さわってはいかん
六甲道駅で長期試験中、ロープにさわって自動音声に怒られた人をワシは知っている(爆)

20022209.jpg

20022208.jpg
普段はこのやうにロープが上がっており
電車が来てドアが開くとロープが降りるのじゃ
違うわっ!!(爆)

※設置工事中の写真なのでロープが上がってます(念のため)

この時はまだ下り3番乗り場だけやったが

20022210.jpg
上り2番乗り場にもついた
下り3番のりばは工事が終わり、使用を開始しとる
こうなると2番の使用開始までもあっちゅう間や・・・

あっ!!

20022211.jpg
ほらなっ(爆)

20022212.jpg
機械の間隔はあるもののずらっと並ぶと結構・・・じゃな

まだ止まってない列車から飛び降りたり、動き出しても飛び乗ったりしてた時代を知る者からはいささか過保護な気もするが、交通弱者にとっては絶対必要なものだし、ラッシュ時の安全も守られる

20022215.jpg

20022214.jpg
阪急はんも

20022213_20200222013102e76.jpg
阪神はんも
三宮駅には要ると判断したみたいやし・・・

おい、ちょっとまて
阪急・阪神の駅やというとるのに
なんで、こいつっ(爆)


うちの駅では長距離優等列車発着の1番・4番はまだ設置されておらん

20022225.jpg

20022237.jpg
かろうじて今なら旅情が感じられる・・・かな
でも付くのは時間の問題やろなぁ

20022217.jpg


あの頃、少年やったMもええ歳で足元ふらついとるから何時ぽろっとホームから落ちよるかわからん、ロープのおかげで助かりましたァ~なんてことになるかも知れん
安全であることにこしたことはない

Mはしばらくご無沙汰やったけど設置が発表されてからはよう来とる
設置されてもたら機械やロープが必ず入ってしまうからのぅ

来るやろとは思とったけどな

20022219.jpg

20022218.jpg
あれはまたしてもジャッキー号!!
森と・・・♪

20022227.jpg

20022233.jpg

20022224.jpg

20022236.jpg

20022229.jpg

20022230.jpg

20022231.jpg

20022232.jpg

20022228.jpg

20022235.jpg

でも不思議なことにMはブツブツ言うてなかった
昔みたいに魅力的な列車がないからかのぅ
あるいは設置はやむなしとあきらめとるのか・・・

でも
この前、ボソッとひとこと言うとったな

阪急がなんかよそよそしくなってもた・・・って

20022223.jpg

20022220.jpg

20022221.jpg

20022222.jpg


あいつらしいわ



スポンサーサイト



2月は恒例「師匠とあそぼう」

20021601.jpg
あ、あのお方はっ!!

20021602.jpg
し、し

20021603.jpg
ししょーっ!!
なんやこの錦鯉みたいな電車(爆)

ここは阪神西大阪線なんば線の伝法駅、本日は2月恒例の「鉄道とあそぼう」で神戸へお越しの師匠と、架け替え工事中の阪神西大阪線なんば線の淀川鉄橋見学です
私は3~4年くらい前に来たことがありますが、その時は伝法駅側だけでした
今回は橋を渡って福駅へ行きます

20021604.jpg
うっひゃー、もう工事はだいぶ本格化してるようですわ

正確なレポは師匠が書いてくださるはずですので
私は工事にかかる前の写真でも・・・

20021605.jpg
ここにもう1本橋がかかるっていったい何時の話やねん、わしゃそれまでもたんわ~
と思ってましたが、
私もそろそろなのかもしれません(爆)

20021609.jpg

20021612.jpg

20021611.jpg
正式名は新淀川橋梁なのね

20021631.jpg

20021606.jpg

今思うと、この時ついて来ておいてよかった、ありがとう還暦ロッカー
ちなみに私の教科書「阪神電車の研究」は師匠の執筆でした

20021607.jpg

それからも来よう来ようとずっと思ってたのですが、3030や網干いろいろ忙しくて来ず終い
ちょっと来ない間にずいぶん感じがかわってしまったなぁ

20021614.jpg
はんきゅうでんしゃまで走っとるし(爆)

20021608.jpg

師匠は橋の上で順番によさげなポイントで立ち止まり、電車を入れて狙っていきます
なので足が痛い私はその間に先に進んでおきます
だって師匠無茶苦茶歩くの速いんですのよ

20021616.jpg
おお、今はあそこだな・・・

20021617.jpg

20021618.jpg
ぎくっ

右岸からも左岸からも工事用の桟橋が沿っているため、鉄橋を今の姿で撮れる場所は中央のトラス部周辺くらいです

20021619.jpg
確かに低いよな、この鉄橋

20021620.jpg

20021621.jpg


両岸とも川沿いの道路から踏切に近づくと橋梁がみられますが、道が細い上にトラックがぼこぼこ来るのでメチャこわいです

20021624.jpg


そのあと福駅から、まもなく引退する赤胴車を見ておこうと武庫川へ


20021628.jpg

20021625.jpg

20021626.jpg
いつものようにけなげに働いておりました

武庫川もなんやかんやでよく遊びに来ました
赤胴がなくなれば私はもう来ることはないでしょう
もしかするとこれが来納め?

20021629.jpg

20021630.jpg
やっぱ、ええ色や 阪神はこれやで

そして近くのご親戚のおうちに向かわれる師匠と、ここでさよならしました


20021633.jpg
師匠、お疲れ様でした~

こんどは晴れた暖かい日にお会いできればと思います(爆)

懐かしの播但線へ 【溝口】

2002bm32.jpg
福崎発車

2002bm30.jpg
わが青春のSカーブを抜け、鉄塔が見えるとまもなく溝口


2002bm01.jpg
実は福崎から溝口への前面展望がいちばん撮りたかったのだが予想どおり混んでおり、叶わなかった
2両だもんな・・・

2002bm02.jpg
昼間はここで交換するようだ
電車は寺前まで。データイム姫路~福崎間はおおむね30分ヘッド
寺前から和田山はDCでガクッと本数が減るが、それが昔の播但線全体の運転本数みたいなものだ
現在、姫路から和田山まで直通するのは特急「はまかぜ」のみ

さて、溝口駅

2002bm03.jpg
どこにでもあるようなフツーの駅
あの頃は跨線橋などなくホームの鉄板をあげて隠しアイテムの階段を出し、線路を渡る駅だった

2002bm04.jpg

2002bm05.jpg

2002bm07.jpg

2002bm06.jpg


2002bm08.jpg
建て替えたのかそのままキレイにしたのかわからないが
たしか昔もこんな駅舎だった気がする
あの頃は親切に蒸機の時刻表を配布してくれてたりしたが、今は無人だ
2002bm28.jpg
さりげないお願いが泣かせる・・・

私がこの駅にくる時は、主に2パターン
姫路9時42分発のDCで来ると、ここでC11の客レと交換する
なのであわててホーム端へ、それが上の3枚の写真

もうひとつは8時27分発のC57牽引631列車
あらかじめ一番前の客車に移動しておき、停まる寸前に飛び降り(爆)ダッシュして改札を抜け、福崎方へ走る
若くて、まだ運動神経が普通にあった頃だ
今、停まる前の客車から飛び降りたりしたら確実に捻挫・骨折、運がよけりゃ顔面打撲ってとこか
停車時間は時刻表記載のとおり30秒
うまくいけば

2002bm09.jpg
このあたりまで来れる ハァハァ

失敗すると
2002bm10.jpg
あ~~出てもた~っ

まぁだいたいは

2002bm12.jpg
駅すぐのこのへんで妥協
2002bm14.jpg


福崎側に踏切が見えていたので行ってみた
昔あったっけ・・・踏切
あっても警報機なしだろうし、線路はどこででも渡ってたから記憶にないのかもしれない

2002bm15.jpg
ここらへんは

2002bm17.jpg
デンコレンジの広告塔以外なんもあらへんかった
でも今みたいに立派ではないが同じ場所に鉄塔は並んでいた
右端の小屋は

2002bm29.jpg
安全側線のつきあたりにあった
この駅にはもう1本側線があり、前回の福崎と同様に農協があったので昔は貨物の扱いがあったのかもしれない
その際の転轍小屋だったのだろう

踏切についた

2002bm18.jpg
和田山側、左にカーブ

2002bm19.jpg
たぶんこのあたりだ

2002bm20.jpg
駅側 1つ先のポイントから左にのびる側線は昔、私がいる位置あたりから分岐していた
かつては上りホームをはさんで姫路側で合流していたが現在は踏切で途切れ、その跡地に上りホームへの出入り口が新設されている

2002bm21.jpg
姫路起点13.5キロポスト、たぶんこの踏切のへんだな


そこから先へは進めないので駅へもどった

イコカをピッといわせ、跨線橋を渡って上りホームへ

2002bm31.jpg
初めて見る景色(姫路側)
この景色から架線・架線柱・住宅を引くと・・・
この跨線橋があったら、たぶん撮ってただろうな


2002bm22.jpg
2002bm23.jpg


2002bm13.jpg
2002bm11.jpg

・・・なんだか・・・

あの頃がまるごと
夢だったみたいな気がするなぁ


踏切の警報機が鳴り出した

2002bm25.jpg

2002bm26.jpg

姫路行が来た、これで帰ろう
2002bm27.jpg
 

懐かしの播但線へ 【福崎】

SL時代、私がいちばん通ったのは加古川と姫路だ
加古川・姫路機関区は現状を見たが、播但線には行ってなかった
 加古川機関区あと→
 姫路第一機関区あと→

実は何度か行こうとはしたものの姫路で日中見かける播但線の茜色103系はいつも2両で満員
それではかぶりつきも不可能、な、そうだろ(ダレに言うてんねん)
よく行った溝口~福崎間にはちょっとした峠越えがあり、並走する道路がない
当時はすべて線路内か線路脇を歩いたのだが、今そんなことは絶対不可
そこを見ようと思うとかぶりつく以外ないのだ

でも、
見たい! 
かぶりつきであそこを見たい!!


いったんそう思い出すと、もう誰にも止められない
というわけで姫路到着後すぐ、キハ58に駆け込んだ

2001BF01.jpg
げっぷ(爆)

乗る電車は今や貴重な103系

2001BF03.jpg
     ※今回撮り忘れたため、ほんの2~3年前の画像です

やはり2両の混み混みコース、ドア際で立って姫路出発
車内はワンマン設備がついた程度だが、外観はかなり変わっている
ふつうなら国鉄型にはとびつくところだが、前から見るとほぼ原型姿の和田岬のアレをよく見るためか、さほど感動はない

2001BF35.jpg
その和田岬のアレ
話は少し脱線するが去年12月に入場、その間ずっと207系が代走していた
やっと出場して復帰、台車が明るいグレーに

2001BF36.jpg
やっほー、まだまだ健在!! はうれしいが、

わしゃ黒がええ(爆)


考えたら高架になってから播但線で姫路を出るのは初めてだ
満員なので写真は撮れなかったが、次の京口をすぎ野里近くまで姫路城が見え隠れしていた
これは高架の恩恵なのか・・・
地上時代、城はほとんど見えなかった

意外と高架が長く続き、砥堀の手前で地上に降りた
砥堀といえば昔はホーム片側1本だけの無人駅、ほとんどの列車が通過していたが出世したもんだ
今回、この駅だったと思うがなぜか右側通行だった

仁豊野をすぎ香呂で前面にいた客が降りたので、すかさず移動
ダメなら帰りに賭けようと思っていたが
やったぁー 前面確保!!

なので
ここからやっと画像付きになります(爆)

2001BF33.jpg

2001BF02.jpg
香呂発車
左に見える森は神社の杜らしい
坂を下りてくるC11を撮ったのは踏切のあたりだろう、信号機も見える

2001BF04.jpg
腕木は香呂の場内信号と通過信号(たぶん)

2001BF05.jpg
そして直線をとばすと懐かしい溝口駅が見えてきた
ずいぶん変わっちゃったなぁ・・・ってあたりまえか
帰りに下車してみよう

2001BF06.jpg
というわけで溝口発車 ここから少しの間、家が途切れる

2001BF07.jpg
おお~っ!!
このSカーブこそわが青春のSカーブや(意味不明)


2001BF12.jpg
右下は畑、横からの構図では草で足回りが見えない欠点があった
草刈りしてぇ~、マサカリで草を!!
そしてつきあたり(画面右側)に池がある

2001BF08.jpg
こんなキレイではなかったが・・・
いつも小さい魚アミ持参で暇つぶししてた(爆)

2001BF09.jpg
全体像はこんな感じ、手前が溝口
和田山方面へはここまでが登り坂でSカーブがおわると直線の下りになる・・・とすると次駅の福崎からすれば姫路行きの列車は当然登りなのだが、もうもうと煙をはいてきた列車は見たことがなく、たいていこの写真のように煙はスカ
福崎からの平坦区間で十分飛ばして登ってくるからだろう

2001BF11.jpg
それに比べて下りの貨物はこんな感じ、煙がなびかず真上に上がってる時は亀
姿を現してから私がいる所までワインダーがなくても撮り放題 

2001BF32.jpg
ここまでたどり着けばほっと一息

さて、車内に戻ろう
直線の下りを転がる

2001BF10.jpg
2001BF13.jpg

2001BF14.jpg
2001BF15.jpg
たぶんこの小さいカーブだと思うのだが・・・

2001BF16.jpg
2001BF17.jpg
おお、これはドンピシャじゃなかろうか
山影がほぼ一致、当時は高速道路などもちろんない
覚えてるでぇー 46号機めっちゃ飛ばしとった・・・

福崎到着
だだっ広い駅前広場になり、時々カッパが出るようだが(地元民しかわかりませんのでスルーして下さい)なんとなく懐かしい

駅手前の踏切へ

2001BF20.jpg
ここで94号機が入れ換えしてた

2001BF29.jpg

2001BF22.jpg

2001BF21.jpg
駅に向かって右側の側線と左側の製材所 ? にあった引き込みがなくなってるが
他の線路は同じ
・・・懐かしいのぅ

2001BF23.jpg
右側にあった側線

2001BF34.jpg
左側にあった引き込み
木材の積み出しホーム?

入れ換えが済むと貨690レは発車していった

2001BF24.jpg

2001BF25.jpg


2001BF30.jpg
駅を生野側から見ると右手に農協があり、左手には側線と貨物の積み出しホームがあったが、当然今はない(JAはあるようです)


溝口から歩き、少し早いがここから636列車で帰るというのが定番だった
C57牽引というのが何より魅力、この駅の待合室では最後のお楽しみにいつもワクワクしていた


やがて駅員が出てきてラッチに入り、帽子をキリッとキメて言った
「お待たせしました、49分発和田山行と50分発姫路行の改札をします」

いっせいに待合室の客が改札へ向かう

駅員は忙しく鋏を入れながらも一人一人に
2番のりば、橋を渡ってください 
ありがとうございます 1番のりば・・・と

当時どこの地方駅でも見られたこの光景、この瞬間が
私はたまらなく好きだった

誰もおらずカードでピッで「勝手に入ってね」ではなく
なんていうか・・・
自分たちが守る駅の誇りや威厳みたいなものが感じられた

では、ひと駅、溝口へ戻ろう

2001BF26.jpg

2001BF27.jpg


プロフィール

mosaosa

Author:mosaosa
見ていただき
ありがとうございます!!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おこしやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: