スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国鉄鷹取工場(2)

17303tk01.jpg

前回からかなり空いてしまいましたが2回目の今回は工場隣接の機関区(当時すでに駐機所みたいな感じでした。現在、コンテナターミナルになっている所)の話です。

国鉄鷹取工場(1)謎の電車編→
鷹取工場製D51第一号、王子公園の211は
こちら(パンダもいるよ)

17303tk02.jpg
ターンテーブル、給水タンクもあり、EH10やEF60、65などと一つ目のDD13が憩い、その向こうに本線と駅が見えてます。
ちょうど181系の下り「しおじ」か「うずしお」が通過していくところ。
夢みたいな光景です・・・

17303tk03.jpg
事務所の階段に上らせてもらいました
本線を行くのは65Fが牽く貨物。クも懐かしいですね!!

さて、ここにはもちろん蒸機も運ばれてきます。
工場へ入らず、ここにくる蒸機・・・どういう基準なのかはわかりませんが、まわりからも見えるので、何か入ったのを嗅ぎつけたハイエナMはいそいそとやって来るわけです。

17303tk04.jpg
遠くまで行かずとも蒸機が撮れる、こりゃもう最高!!
初めて見たハチロク。この後こいつは奈良区へ、しかし友達は撮りまくってるのに私は一度も会わず終いでした

17303tk18.jpg
前回にも登場した風呂沸かし疑惑のC11345
その横が検修庫(定かではないけどそう呼びます)

17303tk19.jpg
姫路第一機関区で現役時代の345
姫一についてはこちら→

17303tk20.jpg



17303tk05.jpg

17303tk06.jpg

17303tk21.jpg
情報があれば夜でも出動。機関区の方、ホンマごめんなさい
この311も姫路で会ったことがあります。その後、梅小路区を経て現在は甲子園の公園に保存されてるようです。

17303tk07.jpg



さて、ある日のこと。
友達と二人で撮影に向う途中、何気なく電車からここを眺めてましたら、なんと機関区に見なれぬカマが・・・
私は思わず叫びました
「おい、今、C59おったぞ!! アレ絶対そうやで!!」
「えっホンマ? 当分おるやろから帰りに行ってみよう」
呉線で廃車、留置されてたやつが来たのかもと勝手に推測、時期的にあり得ない話ではありません。
実はC59以降の蒸機は見た事がない私。
帰り、ドキドキしながら急いで機関区へ向いました。

その機関車はすでに検修庫に入っていました。
ナンバーもメインロッドもはずされてます

17303tk08.jpg
えーっ なにこれ? これC57か??

17303tk09.jpg
そこにいたのはC57らしからぬC57でした

おわかりの方もおられると思いますが、このC57は201両造られたうち190~のラストグループ、4次型です。

どこがヘンなのか・・・見慣れたC57を思い出しつつ観察していると、後ろのDD13のエンジンがかかりました。
「やば、動くわ!」

ゆっくりと前進するC57190、このまま工場送りかと思いましたが、ちょうど庫を出たところでストップ。
なんとこれはラッキーです。

17303tk10.jpg
おお、明るいところで見たら
なんか、
かっこええやないか!!

一般的に4次型の特徴とは、

17303tk11.jpg
デフ先端ナナメ切り、フロントデッキの温め器カバー、プレート先輪(プレート先輪はこの時代結構見かけました。このカマは片方はスポークですね)、ランボードがコンプレッサー・逆サイド給水ポンプのところで切られず盛り上がってる、動力式逆転機つき、キャブがドア付き密閉式、船底テンダーなど

では各部のアップをどうぞ
17303tk14.jpg

17303tk15.jpg

17303tk16.jpg

17303tk12.jpg
参考に2次型の156 違いがわかるでしょうか?

4次型は改造により原型を保ったものは少なかったそうです。本州ではこの梅小路区の190と亀山の198のみ(70年当時)。
このカマは集煙器をつけていた時代があり、煙突が短くカットされてます。そのため人気がイマイチだったそうですが、比較的原型を保った1両だったそうです。

私が電車内で気付いたのはデフとデッキ。そして集煙器のない姿でC59と勝手に確信したのでした。
それにしても印象は大きく異なります、やはりC59以降に見えます・・・といっても実物は見た事なかったのですが・・・

「もうええかー?」

職員の方がこっち向いて叫びました
「え?」
作業するのにジャマだからもう帰れというコト?

「はい  すみませんでした」

もう少し見たかったけど帰りかけると、なんとまた庫へ引きずりこまれていきました


もしかすると
私らのために
わざわざ陽の下に出してくれた!?
さらに写真見て気付きましたが、押し出したDD13は奥へひっこんでます

「もう、コイツは終りだから、撮ってやってくれ」

きっとそうだったんだ!!


ここ鷹取工場は数々の機関車を産み出したところ
でも忘れてはいけないのは

17303tk22.jpg

墓場でもあるのです

でも、すべてはまた私の勝手な想像にすぎないかも知れませんね
なんぼなんでもそんな・・・


あの時の職員さん

17303tk13.jpg


ほんとうにありがとうございました!



プロフィール

mosaosa

Author:mosaosa
見ていただいたみなさま
ほんとうに
ありがとうございました

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おこしやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。