ありがとうございました!!

今年もお読みいただき、
本当にありがとうございました。

また、記事内容にかかわらずあたたかい拍手やコメントをいただいた皆さんにも感謝感謝であります

来年も山陽に神鉄に汽車にと幅広く
やれる限り(爆)やっていくつもりですので
またよろしくお願いいたします。

それでは、みなさん
よいお年を!!



20161231.jpg

福笑いでスタートした今年の青春Mの鉄路回送、
さよなら〜2016号!!(爆納め)


スポンサーサイト

青春Mの2016年【9~12月】

最後は9~12月ですが、かなり遅れて記事を書いたりしたので「つい最近見たとこやないか」と思われる方がおられるかと思いますが、かまわずやるです

なお、各月は私が撮影した月になってますので、もし「この記事読みたいな」と思われた変わった方は右側月別からその月、もしくはそれ以降を探してみてください

2016年9月

201691201.jpg
息子の青春18きっぷが1回分余ってたので最終日に青春58の旅をやってきました

201691202.jpg
若い鉄の「あこがれ」なんでしょうね


201691203.jpg
たまに通るけど撮ったことのない阪急三宮あたり
201691204.jpg

201691205.jpg
ここへも。オリエント急行以来です


201691206.jpg
25日、モハメイド師と舞子で
うわー、太陽にほえろのオープニングみたい!!
モハさん!! この電車ホシです(爆)

201691207.jpg
一緒にこんなんとか撮りました
しかし2000番台って・・・ねぇ


10月

201691208.jpg
だいぶ陽が短くなってきました

201691209.jpg
吹田工場から阪急正雀へ
10月やというのにめっちゃ暑かったです

201691210.jpg

201691211.jpg
きゃぁーーーーーー!!

201691212.jpg
加古川で思わぬ再会
他に姫路機関区跡にも行きました


201691215.jpg
201691213.jpg
市電と再会、神戸市営地下鉄フェス
201691214.jpg


201691216.jpg
北神急行フェスでは巫女さんが踊ってました
ちなみにイタリアの巫女さんはバルサ巫女とい・・略されました


11月

201691217.jpg
これが今年一番のお気に入りかな

201691218.jpg
秋ですなー

201691219.jpg

201691220.jpg
ナニ見とんじゃゴルァ!!(爆)


201691222.jpg
山陽的形穴めぐり

201691223.jpg


17日、師匠と阪急御影でちょっと阪急×モミジ

201691224.jpg
かぁ~っくいぃ~ +゚。*(*´∀`*)*。゚+

12月

201691226.jpg
山陽妻鹿穴めぐり


いやぁ、いかがでしたか。
私は神戸在住、みごとに近場ばっかりです(爆)
遠方へ出掛けてまで撮りたいものも今のとこ特にないですしね
山陽と神鉄は地元ですが、実は知らないトコばかりなので集中して出掛けました。
それくらいはやっぱり知っておかんとね
ということで、来年も近場でGo!!(爆)

201691221.jpg
今年の漢字は「穴」だと思ったのですが・・・



201691225.jpg
11月25日のコレは今年一番の感動!!
でも誰かに読まれたらはずかしいから
「ナミダが出るほどではなかった」と
日記には書いておこう


青春Mの2016年【5~8月】

前回の続き、5~8月をどうぞ
なお、各月は私が撮影した月になってますので、もし「この記事読みたいな」と思われた変わった方は右側月別からその月、もしくは翌月を探してみてください

2016年5月

20165801.jpg
山陽の新型6000系デビューマーク付きの並びを撮るプロジェクトX(クロス)
クロスとはもちろんダイヤグラムの交差のコト、結果はご覧の通りでした


20165802.jpg
今津線仁川近くで昭和の枕木柵を発見!!
昭和の電車とのコラボ

20165803.jpg
阪神国道付近の国鉄とのクロスへ40年振りに行きました

6月

20165805.jpg

20165804.jpg
初期アルミが並んでますが

20165806.jpg
3002-3601は休車

実はきのう、会いに行って来ましたが、もう走る姿は見られそうにないです
さらにこれ以外に3000系2本がアカンみたい・・・6000系デビューでわかってはいたものの、いざ、廃車が発生するとやっぱりさみしいもんですね


20165809.jpg
こちらも引退、阪急3100系


20165810.jpg
宝塚線で5100ざんまい。石橋では久々に5132と会いました
カッコええですぅーー!!

7月

20165811.jpg
昼間の暑さはハンパないので夜行性になりました
たそがれシリーズ1回目は山陽

20165808.jpg


20165812.jpg
9日、師匠が阪堺モ162をお電ジャック
師匠に一目お会いしたかったので行きました

20165813.jpg
無事会えてよかったです♪(爆) 

20165814.jpg


20165815.jpg
タカラヅカをちょっと散策

20165816.jpg
食う勇気はありませんでした

20165817.jpg
たそがれシリーズ2回目は神鉄


20165818.jpg
24日、師匠・Cedarさんといく真夏のお電車ツァー
おふたりが新開地で目を付けたこのレトロなレコード店は確か火事で消失したと思います

20165819.jpg
神鉄から山陽へと楽しくすごさせていただきました~

20165820.jpg
たそがれシリーズ3回目は阪急
お、おやじがまだ撮ってるでしょうがっ!!(爆)
よけてはくれたのですが、たぶんゴミか石ころだと思ったんでしょうね
スミマセン、こんなとこで撮ってるアタシが悪いんです

8月

20165822.jpg

20165821.jpg
といっても8月も終る頃、神鉄粟生へ
たぶんそれまでは暑くて出る気がしなかったんだと思います
それにしても今年はいつまでも暑かったですね~

20165826.jpg

20165823.jpg
何度喫茶店に逃げ込んで涼んだことか・・・


20165824.jpg
そしてたそがれシリーズ最終回は阪神でした

20165825.jpg



青春Mの2016年【1~4月】

クリスマスも無事終わり・・・あ、
私の不手際で期間限定記事になりました(謎爆)
拍手やコメントいただいた皆様、ホントにすみませんでした
特におっちゃんとCedarさんには申し訳ないです、メリークリボッチ~!!
しかし、どんどんナウいコトバがでてきますね〜 
ヤングにはついていけませんわ

さて、今年も残すところあとわずか
そこで当ブログではどこよりも早く、今年1年を振り返ってみます。
なお、各月は私が撮影した月になってますので、もし「この記事読みたいな」と思われた変わった方は右側月別からその月、もしくは次の月を探してみてくださいね

2016年1月

20161401.jpg
今年最初は山陽の新型6000系を見に

20161402.jpg

20161403.jpg
みかん色の115系をもとめて

2月

20161404.jpg

2月にはブログを通じてお知り合いになれた方との
うれしい出会いが続きました

20161405.jpg
11日、モケー展というものに初めてお邪魔しました

20161406.jpg
その目的はモハメイド師
まぁー、こんなステキな紳士だったとは!!

20161407.jpg
21日には糸目お姐さま
まぁー、こんなステキなお姐さまだったとは!!

20161408.jpg
27日には師匠と阪神・阪急めぐり
まぁー、こんなステキな・・・えーと、えーと・・ハラ?

20161429.jpg
阪神淀川をいく単車(爆)

20161409.jpg
さすがタカラヅカ!!

20161410.jpg

3月

20161411.jpg

20161412.jpg

20161430.jpg

20161413.jpg
ダイヤ改正で消えた阪急三宮での解放運用
(増結はまだあります、私はどっちも無くなると勘違いしてました)

20161414.jpg
神鉄三木にて

20161415.jpg
特別なトワイライトは22日がラスト
3月の運転日はもれなく出撃しました

20161416.jpg

4月

20161417.jpg
4月いうたら

20161418.jpg

20161420.jpg
サクラ!

20161421.jpg
南海に乗って阪堺モ161の特別通常運行へ
20161422.jpg

20161423.jpg

20161424.jpg

27日、われらが山陽
20161425.jpg
6000系デビュー

20161426.jpg
プロジェクトX(クローーース)!!

20161427.jpg
陽気にさそわれて海岸沿いさんぽ

まだまだ続きますよ〜

20161428.jpg

(*´ω`)┛



山陽電車 大塩駅

大好評の山陽シリーズ♪
「大塩」というのは神戸あたりで特急停車駅の案内を聞いていて
どんだけ停まんねん!! と思う頃にでてくる駅です。
的形穴めぐりの帰り、ここで降りてみたかったのですが、雨パラになったのでやむなく中止
どうせ近い内にまた来るだろうからとその時に持ち越したのでした
的形穴めぐり→

sooss01.jpg
この駅は2面4線、左から1~4番線。左のアルミは普通電車です。

sooss02.jpg
姫路行の特急は1番線へ

sooss03.jpg
あたしが乗る特急が来てしまいました。
こちらは本線ですが、6両目はドアカット。

その理由は
sooss04.jpg

姫路行の特急が停まる1番線のみ6両分の長さがあります。とすると他はどれも足りませんよね、なので3番線の上りはドアカットする必要があるのです。
駅の構造上構内踏切はなくせませんし前後を道路に挟まれてるので延長するにも無理がある、ならば橋上ですが

sooss05.jpg
これではね〜。
阪神の旧春日野道とたいしてかわりません。
ここは将来どないかするそうですが、いっそ地下化はいかがでしょう。
そしたら2カ所穴ができて一石二鳥♪ ナニがや

そしてメガトン(妻鹿トンネル)めぐりは天気も上々でしたので帰りに下車しました
メガトンめぐり→

sooss08.jpg
右は1番線の姫路行特急、ホームがあるのがわかります。
左は3番線梅田行特急、停車中。
ここを前方(神戸側)の踏切から見ると

sooss24.jpg
ギリギリまである1番線ホーム(左)

sooss07.jpg
改札から見た構内踏切。なんとなく懐かしい感じでよかです

sooss06.jpg
あっ

ここで降りてみたかったのは駅が見たかっただけではありません。
いつも車内から見ていた由緒ありそうな木の塀のお屋敷とか蔵
コレいつかは見に行こうと思ってました

sooss09.jpg
うーむ

sooss10.jpg
うーむ 思った通りだ
由緒ありそうな木の塀のお屋敷とか蔵でした

そして線路を跨ぐ歩道橋へ

sooss11.jpg
おおーなんとなく好きなカタチの山
へへ、すっかり色気づきやがってづいてます

sooss12.jpg
東を見るとこの高さにして町一望!!
あ、左に見えるのは姫路城ではありませぬ。間違わないように注意してくださいね

sooss13.jpg
西を見ると大塩駅。えー感じです
線路上の橋というといつも高~いアミにぶつくさ言うとこですが、2つ上の写真のとおり低いまま。電車が下を通るとなんかコワ~い感じがします。昔はそんなのあたりまえで平気でしたが、私も知らぬ間に複雑に入り組んだ現代社会に馴染んでしまったのでしょうか

sooss14.jpg

sooss15.jpg
四畳半一間に四人家族がなかよく・・・ほのぼの
好きだなー こういう絵

sooss16.jpg
あ、かーちゃんが家出した(爆)

この駅、私が居た間は上下同時待避、同時発でした。なので15分おきに4本並んでました。
今回は5000と3000のツーペアですが、5000・3000初期アルミ・5000・6000の顔合わせを狙ってみたいものです。
丸一日居たら撮れるかな~ 阪神も来るしむつかしいヨナ~
でも仮にうまいこといっても
ダレもカネくれへんヨナ~
などとしょーもないことを考えながら
姫路側の踏切へ移動しました

sooss17.jpg
上りの普通がやってきました。
3100、ということはケツはアレです
他のレアは来ないのに必ずくるアレ

sooss18.jpg
4番線に到着、下りの普通も2番線に到着

sooss19.jpg
上り特急がやってきました

sooss20.jpg
到着前から激しく点滅してたドアカット注意標記に激しくそそられました
もしかすると好きなのかもしれません、ドアカット

sooss21.jpg
この位置で停車、客扱い中です

sooss22.jpg
下り特急も到着。
う~ん、このせせこましいややこしい感じ・・・
山陽沿線の播磨地区で初めて
阪神が似合う風景に出会った気がします(爆)

sooss23.jpg
下り特急発車、
急カーブも似合う奴やのう


大塩・・・私が姫路へ汽車撮りに出掛けてた70年代のはじめ頃、このあたりの南側一帯には塩田がひろがってました

その頃にも来ておいたらよかったなぁ・・・

sooss25.jpg
なかなかえートコでした


ああ中津川

シグ鉄さんのトホホを見てましたら、他のブログ主さんが昔撮影した場所を訪ねるというおもろげなことをやっておられました。御自身は謙遜してパクリ企画とおっしゃってますが、全然そんなことはありませんよね。これはむしろ、すばらしいことではないでしょうか。
シグ鉄のトホホ鉄紀行、あの鉄はいま→

で、氏が訪れたのは中津川。なんでもクルマを高級車に替えて高速試験を兼ねてとのことですが、木曽川橋梁で狂喜最高速でも出すつもりだったのでしょうか。
中津川にはぬか屋さんの北恵那電鉄の記事に触発されてとのこと。
蒸機があった当時、私は中津川に2回行き、それも結構長い時間滞在したにもかかわらず北恵那電鉄を見に行かなかったのでそんな素晴らしきシーンもまったく・・・
ぬか屋さんをはじめいろんな方の画像を見るにつけ、めっちゃ後悔してしまいます

そして現在の中津川

snakadko02.jpg

snakadko01.jpg
     撮影・シグさん

いやぁこの写真見た時、思わず叫びましたよ
うわあああああああココはアソコやないかああああ(糞爆)
道が線路沿いになる赤矢印の場所、
私が後部補機付の貨物の発車を撮ったトコです
そして青矢印のとこでシグやんはハンバーグを食べたそうです

snakadko03.jpg
北側。   撮影・シゲちゃん

実はその時、下からだとモロ逆光なのでこの道路橋にも上ってみました。当然ですが今よりもっと見晴らしがよく、背景の山は感じがいいものの、すでに架線柱がありましたのでやむなく下で撮ったのでした。

snakadko04.jpg

snakadko05.jpg

snakadko06.jpg

snakadko07.jpg

snakadko08.jpg

snakadko09.jpg

snakadko10.jpg

それにしてもシグさんの北側を見た写真に写るガードレールや欄干(でいいのか?)など、当時のままではないでしょうか。とするとこの橋の裏には未だ煤がついているかも・・・
そんなことを考え、43年前の懐かしいこのシーンを思い出しました。
シグさんには感謝です

期せずして当ブログの「現場検証」シリーズになりましたが「他人のふんどし」「木曽シリーズ」にもあたる今回、ジャンルに「パクリでGO!!」も加えておけばよかったですかね


snakadko11.jpg
駅から見た今回の現場。
左端は留置線、始発になる名古屋方面行き70系が待機中
ひとりで山から降りてきたD51、その向こうに例の橋が見える


もういちど、あのころへ・・・


明石電車区

旧国関連の本を読んでると明石電車区のことがかいてあり、久々に行ってみたくなりました
近いのですが、ここ目的で行くのはなんと40年ぶりです

乗った207系2000番代は音が以前と違っていました、音階を奏でるってやつ。でも起動時からではなく、ある程度スピードがのったあたりからドレミファ~と聞こえてきます。ところがファまではいいのですが、次の音がおかしい。各駅停車なので毎回聞かされると、うわっくるぞくるぞ~ キタァァ~とすげー気色悪いのでサハへ移りました。気色悪いのが好きな方にはおすすめです。

そんなこんなで見えてきたのは明石電車区〜!!

adhmsh09.jpg

adhmsh01.jpg

昔はみかん色茶色みず色とカラフルやったのになぁ

どーせ今はばっか!!

adhmsh02.jpg

adhmsh03.jpg

adhmsh04.jpg



ちょっと奥さん、今の見たぁ〜?(爆)

これはラッキー!! 和田岬線用の103系が今日は電車区に戻ってるようです。
がぜんやる気が!!
ちなみに、いつも居るわけではありません、和田岬線用の103系の生態については
こちらを→

adhmsh05.jpg
西明石駅南側から出たところ。もちろん高めのアーバンネットが・・
電車区はすぐそこです

adhmsh07.jpg
223系快速がきました
adhmsh08.jpg
対するは153系新快速
電車区をまたぐ橋が架けかえられて立派になってますね
昔は1車線の狭くてキケンがあぶない橋でした
今の橋はやや西側に架かってるようですね

あ、そうそう 車内から昔の電車区進入シーンを

adhmsh10.jpg
冒頭写真のアップ
どちらも63改クモハ73ですが右側は更新済み
左のは車掌側原型窓、殆どが3枚ともHゴムだったので少数派
なのであまり会えませんでした

adhmsh11.jpg
同編成の反対側

adhmsh12.jpg
同形式とは思えないですね
ライト埋め込み、傾斜窓、この顔が完成形ですね
水色に塗ったら私なんぞ103系と見分けつきまへんで(爆)

adhmsh13.jpg

adhmsh14.jpg
これは400番代・・・400番代って正式にそう呼ぶのでしょうかね? 
100番代が63改造、300番代がライト飛び出し、400番代がライト埋め込み・・・と家庭科で習ったのですが・・・

adhmsh15.jpg
た ま ら ん のぉぉ 〜

adhmsh06.jpg


橋に上がりました。2車線で両側に歩道があり、やたら高いフェンス
これでは背伸びアンド腹だしでも無理です

adhmsh17.jpg
右上、暗いのはアミのせい
で、この上から見下ろしたのが

adhmsh18.jpg
某本でおなじみのコレ
他のモノクロもそうやないけー!!

ふふ、そうくると思って未公開のカットを用意しました
どふぞ

adhmsh19.jpg
木造車鋼体化改造のクハ79、前面下部両端が傾斜しています

1点だけかいっ!!

adhmsh20.jpg
アップにしたらわかりますでしょうか(しかしアップにしたら枚数かせげるなぁ♪)
旧タイプグロベンの形状もよくわかります、2両目と比べてください

この写真、カメラを落とさないようおそるおそる撮った記憶があります

adhmsh21.jpg
このへんかな
それに比べて今はおそろしく高いアミ

adhmsh16.jpg

ま、撮りたいものないから別にいいですがね



いや、あるわ。忘れとったーー!!

御存知かもしれませんが、昔の私は新性能バカ。旧型電車にはほとんど興味がなかったのですが、この時は私にしては珍しくやや多めに撮ってます。
ここへ来たのも旧国を狙いに・・としか思えません。
東海道・山陽緩行線から旧国が消えるまでまだ4年あり、この時の写真を見ても結構な本数が確認できますが、何らかの危機感を覚えたのでしょう。
おそらく103系と出会う確率が異様に増えたということなのでしょうね

adhmsh22.jpg
その103系もここではあと1本、こいつだけか・・・

adhmsh23.jpg

adhmsh24.jpg

adhmsh25.jpg

ずっと居れよ、たのむでー

adhmsh26.jpg



神鉄粟生線 うしろからどうぞ〜

師匠の名鉄前面展望を見ていてフト思い出しました
(名鉄前面展望は右側リンク「イヌゲ・・・」よりどうぞ)
夏の終わりに行った神鉄粟生、その行きしに最後尾から撮った各駅の画像。
師匠はエリートなのでケツが嫌いらしいですが、このケツ撮りにはちゃんとした理由があります
本数が増える3時以降、陽があたるのはこちら側。
もちろん自分用のロケハンで撮ったのですが、もし行かれる方がおられれば参考に・・・ならんか(爆)

スタートは志染(しじみ)です、ケツ席を取れなかったので・・・

skesha02.jpg
志染は以前紹介した駅、ここまでは日中15分ヘッドですがここから先は1時間ヘッドです。
土・休日は3時を過ぎてから小野まで15分ヘッドになります、ただし上りはその折り返しからになります
以前紹介した志染→

ではスタート

skesha03.jpg
上写真の電車からホームを見るとこんな感じです

skesha04.jpg
ここから先は単線区間

skesha05.jpg
恵比須
開いた踏切から向こうに去って行く電車がええ感じで撮れそうですね

skesha06.jpg
三木上の丸
ここもええ感じ、前回来た時感動しました

skesha07.jpg
発車~

skesha08.jpg
例の鉄橋上

skesha25.jpg
上の丸・例の鉄橋・三木はこちら→

skesha10.jpg
三木
土・休日は3時すぎから交換駅になります(ないのもあり)

skesha11.jpg
大村
家が多く平凡な絵です

skesha12.jpg
発車~

skesha13.jpg
樫山
ここはいいですね、そのうち来てこます予定です
土・休日は3時すぎから交換駅になります(ないのもあり)

skesha14.jpg
ぜひ1100同士の交換が見たい(土・休日は4時台に2回チャンスあり)

skesha15.jpg
発車~
こっちもよさげ~

skesha16.jpg
まだよさげ~、あの橋の上登れるのかな

skesha17.jpg
市場
もし昔のままだとすると見えてる踏切あたりから樫山側はいいよ(無責任なガイド)

skesha28.jpg

skesha19.jpg
小野
三木とともに金物とそろばんで有名な町です

skesha20.jpg
15分ヘッドになっても半数はここ止まり。ここから先2駅は30分ヘッド

skesha21.jpg
葉多
しかしそういうところに名所ありって感じの駅です
通ってきた田んぼ地帯もよさげ

skesha22.jpg
駅前は田んぼ。サイドから停車中を撮ってもええやろなー
ここかな? 春にスミレかなんかが咲く駅
しかしネックはやはり本数ですな

skesha23.jpg
そして例の橋を渡って

skesha26.jpg
例の橋・粟生はこちら→

skesha24.jpg

skesha29.jpg
粟生
ご乗車お疲れ様でしたー

skesha27.jpg
これはもう少し前に上りのケツから撮ったものですの


ひと駅歩こう 山陽電車 白浜の宮→妻鹿

こんにちは 穴を求めて三千系の時間がやってまいりました。
今回は八家~的形の回の最後でお約束したとおり(ダレとしたん?
もう1つの妻鹿(めが)トンネル(略してメガトン)へ歩きます
八家~的形の回はこちら→

hasmt01_20161206200938dc8.jpg

スタートは白浜の宮駅、八家の1つ姫路寄りですが趣きがちがってこちらは町の中の駅です。
朝夕のラッシュ時には直通特急も停車するこの駅は、兵庫では超有名な「灘のけんか祭り」の最寄り駅。私は来た事ないですが写真はイヤというほど見てます。秋の祭り期間は人であふれかえり、終日直通特急停車になります

hasmt02_20161206200937dc4.jpg
国道250号に面した駅

hasmt03_201612062009367e7.jpg
おー 文字も階段状、これなら読み易いですねー♪

hasmt04_2016120620093216a.jpg
道路南側へ歩道橋で客をさばくようですが、それにしてもたよりない感じ。と思ってたらなにやら工事中で「歩道橋が立派になります!」のポスターが貼ってありました。へー
さてここから有名ポイントS地点に向って国道250号を西に歩きます。踏切以外電車は全く見えません。その踏切からも全くダメダメなので、撮りたいものがすぐ来る場合はヘタに動かず駅で撮るほうが確実です。
歩く事10分くらいで路地(たぶん雰囲気でわかります)があり、少し入ると踏切が見えますので進むと

hasmt05_20161206200918253.jpg

S地点!!
すぐそこメガトン!! こりゃヤバとん!!

hasmt06.jpg

hasmt07.jpg
♪♪
hasmt08.jpg

すばらしいやないですかぁぁ~♪♪

しかし、皆さん「ここは抜群や!!」と思ったものの意外とアングルに苦戦することってないですか?
ここはまさしくそれでした。踏切ヨコにあるハコ、架線柱、架線のバランサーの石のチクワ、そしてカゲ・・・短い区間をうろうろしまくリましたがそれでも決めかねます
改めてよく発表されてるここでの作品を見るとみなさん左側の柱とチクワを切り落としてますね

hasmt09.jpg
うーん、やっぱチクワが・・・最近チクワ天がブレークぅ!??

hasmt10.jpg
カゲだけはどうしようもないですね
ここはちょっと曇りの方がいいかも・・・
ま、どっちみち私のエエやつは今日も東二見で寝てましたから
本日来たのも失敗(メガトン爆)!!
なので先へ進みます(*`皿´*)ノ
天中殺かな・・・・

目の前は山、トンネル向こうはすぐ近いのにいったん国道へ戻って大きく迂回せねばなりません
で、国道へ戻ると
hasmt11.jpg

うへっ なんじゃコレ・・・ここがあの祭りの会場かい!!
道路をはさんで両側の山に段々になった観覧席がズラリ、山がまるごと舞台、規模だけで圧倒されます。
いやホンマ、お暇な方は「灘のけんか祭り」で画像検索してその人の多さを見てください
あの祭り、メガトンの上でやってたというのがびっくりです

その会場を後に少し行ったGS(70年代に流行ったやつとはちゃうでー)の角をまがって路地に
しばらく行くと

hasmt12.jpg
コラ、カキとコラボするのにカキ色の電車来てどうすんねんーー!!
んで、おみゃーにゃーわんでかんわ(←あってる?)

hasmt14.jpg
メガトンに近付いてみましたがここで行き止まり
八家でも来たカキ色特急を追う回送が来ました

妻鹿駅からこの近くまではすでに来ています
妻鹿駅付近→
この回を読んでいただければわかりますが、メガトン至近の踏切には行かず終いでしたので行ってみました

hasmt15_201612062012335b4.jpg
こんな感じでした

hasmt16.jpg
うむ、似合わん

hasmt17.jpg
反対側からはこんな感じ
むりやり架線柱を切って飛び出しを狙えますが

hasmt18.jpg
やたら扉の多い単車のようになります

hasmt19.jpg
ギリギリ家を切ると穴もなし

ここから妻鹿駅については上のリンクから前回訪問分をご覧下さい

hasmt20.jpg
只野アル美で帰りまーす

hasmt21.jpg

少し前に来た八家—的形の山もかなりキレイになってました~
いやぁーこのあたりはイイですなー


hasmt22.jpg

うむ
コレだがね



姫路第一機関区

姫路駅へは何度も来ているが、東側のこのあたりへは来るのは実に44年ぶり。
駅は高架になってしまったので、昔の面影など微塵もないはず

hdkhich01.jpg
コンクリの高架がカーブを描いて本線から離れて行く・・・そういえばつい最近もこんな風景を見た、そう、加古川だ。
こちらは播但線だが、加古川線と同じく踏切も線路間際の家もなくただ整然とコンクリの橋脚がならんでいた

hdkhich02.jpg
2両の普通がやってきた。昔ならちょうど今時分、C57牽引の636列車が着く頃だ

hdkhich03.jpg
ショッピングモールから。
端まで行きたいがこれ以上は立ち入り禁止
播但線沿いは本当に何も無い

私がいるこの場所はおそらく

hdkhich05.jpg
播但線ホームの北側の客車区があった所

hdkhich04.jpg
振り返って駅側を見ても憶えのある建物は全くない
目の前は工事中。デカイものが建つんだろうな

次の道まで進んだ

hdkhich27.jpg

hdkhich06.jpg
右側に本線が見え、ここから弧を描いて播但線がそれていく

hdkhich29.jpg

ガード下、ふりかえれば

hdkhich08.jpg
姫路駅を出た播但線の普通列車が線路を軋ませて力行していくところ

hdkhich09.jpg
そして播但線と本線に挟まれたその先には

hdkhich10.jpg

その先には

hdkhich12.jpg

hdkhich13.jpg

姫路第一機関区

機関区の第一・第二の分け方はいろいろあるが姫路の場合は貨物・支線担当が第一機関区、本線担当が第二だったようだ。
当時本線用の配置などあったのだろうか、もちろん蒸機などとっくになくなっている。区名札「姫一」は見たが「姫二」は見た事がない

hdkhich14.jpg
このような位置関係なので播但線の列車内からもよく見えた。
通る時は必ず・・・
ガントリー、給水・給炭施設、奥にターンテーブル・扇形庫

hdkhich11.jpg
もちろん姫路到着直前の山陽本線からも必ず・・・

hdkhich17.jpg

hdkhich18.jpg

hdkhich16.jpg

門デフ11号機をはじめ、赤ナンバーの23号機、側面形式入り34号機・・・
どのC57がいるかはお楽しみ、夢のような時間だった。
初めて来た時はC58もいたのだが、姫新線の無煙化とともに姿を消した。
(ちなみに当時C57は豊岡区、C58は新見・津山区所属)

運用が減ったC11は運がよければ転属、それ以外は休車となっていた

hdkhich21.jpg
扇形庫にたたずむ2両のC11。柱にかけてある丸い看板には「不可動」と書かれている

hdkhich22.jpg
庫の端には278号機がいた。同機は私が初めて播但線内で撮ったC11

なので思い入れひとしお

hdkhich23.jpg

プレートをはずされると通常じかにペンキ書きされるが、わざわざ木の手書きナンバープレートをつけてもらっていた。
機関区の方たちの愛情を感じ
少し報われた気がした


72年3月、新幹線岡山開業
と同時に「姫一」のC11は全滅する

hdkhich19.jpg

あれだけあった姫路口の蒸機牽引列車は

hdkhich20.jpg

わずか2往復に

残った2往復はいずれもC57。
しかしその残された貴重なC57に会いにやって来ても

hdkhich24.jpg


そして半年後の72年10月、播但線完全無煙化

夢の終わり



しかしその直後、東海道・山陽本線をC62が走った
これがおそらく最期になると思った私は当然のようにここへ来た

hdkhich25.jpg

hdkhich26.jpg
ターンテーブルに乗るC62
この時、扇形庫にはもう「姫一」の蒸機の姿はなかった

hdkhich28.jpg

hdkhich31.jpg
もう帰ろう

ヒメイチ・・・か・・・


プロフィール

mosaosa

Author:mosaosa
みなさま
本日もご乗車
ありがとうございます!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おこしやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: