国鉄鷹取工場(2)

17303tk01.jpg

前回からかなり空いてしまいましたが2回目の今回は工場隣接の機関区(当時すでに駐機所みたいな感じでした。現在、コンテナターミナルになっている所)の話です。

国鉄鷹取工場(1)謎の電車編→
鷹取工場製D51第一号、王子公園の211は
こちら(パンダもいるよ)

17303tk02.jpg
ターンテーブル、給水タンクもあり、EH10やEF60、65などと一つ目のDD13が憩い、その向こうに本線と駅が見えてます。
ちょうど181系の下り「しおじ」か「うずしお」が通過していくところ。
夢みたいな光景です・・・

17303tk03.jpg
事務所の階段に上らせてもらいました
本線を行くのは65Fが牽く貨物。クも懐かしいですね!!

さて、ここにはもちろん蒸機も運ばれてきます。
工場へ入らず、ここにくる蒸機・・・どういう基準なのかはわかりませんが、まわりからも見えるので、何か入ったのを嗅ぎつけたハイエナMはいそいそとやって来るわけです。

17303tk04.jpg
遠くまで行かずとも蒸機が撮れる、こりゃもう最高!!
初めて見たハチロク。この後こいつは奈良区へ、しかし友達は撮りまくってるのに私は一度も会わず終いでした

17303tk18.jpg
前回にも登場した風呂沸かし疑惑のC11345
その横が検修庫(定かではないけどそう呼びます)

17303tk19.jpg
姫路第一機関区で現役時代の345
姫一についてはこちら→

17303tk20.jpg



17303tk05.jpg

17303tk06.jpg

17303tk21.jpg
情報があれば夜でも出動。機関区の方、ホンマごめんなさい
この311も姫路で会ったことがあります。その後、梅小路区を経て現在は甲子園の公園に保存されてるようです。

17303tk07.jpg



さて、ある日のこと。
友達と二人で撮影に向う途中、何気なく電車からここを眺めてましたら、なんと機関区に見なれぬカマが・・・
私は思わず叫びました
「おい、今、C59おったぞ!! アレ絶対そうやで!!」
「えっホンマ? 当分おるやろから帰りに行ってみよう」
呉線で廃車、留置されてたやつが来たのかもと勝手に推測、時期的にあり得ない話ではありません。
実はC59以降の蒸機は見た事がない私。
帰り、ドキドキしながら急いで機関区へ向いました。

その機関車はすでに検修庫に入っていました。
ナンバーもメインロッドもはずされてます

17303tk08.jpg
えーっ なにこれ? これC57か??

17303tk09.jpg
そこにいたのはC57らしからぬC57でした

おわかりの方もおられると思いますが、このC57は201両造られたうち190~のラストグループ、4次型です。

どこがヘンなのか・・・見慣れたC57を思い出しつつ観察していると、後ろのDD13のエンジンがかかりました。
「やば、動くわ!」

ゆっくりと前進するC57190、このまま工場送りかと思いましたが、ちょうど庫を出たところでストップ。
なんとこれはラッキーです。

17303tk10.jpg
おお、明るいところで見たら
なんか、
かっこええやないか!!

一般的に4次型の特徴とは、

17303tk11.jpg
デフ先端ナナメ切り、フロントデッキの温め器カバー、プレート先輪(プレート先輪はこの時代結構見かけました。このカマは片方はスポークですね)、ランボードがコンプレッサー・逆サイド給水ポンプのところで切られず盛り上がってる、動力式逆転機つき、キャブがドア付き密閉式、船底テンダーなど

では各部のアップをどうぞ
17303tk14.jpg

17303tk15.jpg

17303tk16.jpg

17303tk12.jpg
参考に2次型の156 違いがわかるでしょうか?

4次型は改造により原型を保ったものは少なかったそうです。本州ではこの梅小路区の190と亀山の198のみ(70年当時)。
このカマは集煙器をつけていた時代があり、煙突が短くカットされてます。そのため人気がイマイチだったそうですが、比較的原型を保った1両だったそうです。

私が電車内で気付いたのはデフとデッキ。そして集煙器のない姿でC59と勝手に確信したのでした。
それにしても印象は大きく異なります、やはりC59以降に見えます・・・といっても実物は見た事なかったのですが・・・

「もうええかー?」

職員の方がこっち向いて叫びました
「え?」
作業するのにジャマだからもう帰れというコト?

「はい  すみませんでした」

もう少し見たかったけど帰りかけると、なんとまた庫へ引きずりこまれていきました


もしかすると
私らのために
わざわざ陽の下に出してくれた!?
さらに写真見て気付きましたが、押し出したDD13は奥へひっこんでます

「もう、コイツは終りだから、撮ってやってくれ」

きっとそうだったんだ!!


ここ鷹取工場は数々の機関車を産み出したところ
でも忘れてはいけないのは

17303tk22.jpg

墓場でもあるのです

でも、すべてはまた私の勝手な想像にすぎないかも知れませんね
なんぼなんでもそんな・・・


あの時の職員さん

17303tk13.jpg


ほんとうにありがとうございました!



スポンサーサイト

北神急行フェスティバルへ行ってみました

1030hkf02.jpg
なんかヘンな色の写真ですが神鉄・北神急行の谷上駅
神鉄は有馬線(ホンマもんの有馬線でっせぇ~)の駅、北神急行の路線はここから新神戸までのひと駅間ですが、そのすべてが六甲山系の下をぶち抜くトンネル。車両は市営地下鉄と相互乗入れで西神まで走っています


1030hkf03.jpg
駅前はちょっとした温泉町みたいな風情ですが温泉は有馬線。今の駅はこの川の右側ですが、かつての谷上駅は左の道路沿いにあったと記憶してます。つまり北神急行がらみで移転したわけです

1030hkf05.jpg
左の立派なビルが駅

北神急行フェスティバルは知ってたものの、
いままで一度も行ったことが  ハイ、みなさんご一緒に〜
1030hkf04.jpg

しばらく行くと
1030hkf06.jpg
穴からなんかややこしい奴が飛び出してきましたでぇー
あれ? この電車、中間はマトモやったっけ・・・
よく見かけますが、いつもちゃんと見てないので(爆)
ヘッドマークはハロウィンですね
え、ハロウィン・・・ 

あぁ、あいつ出すの忘れとった!! 年に一度の晴舞台すんでもたー
1030hkf08.jpg

1030hkf07.jpg
左の坂を上った所が北神急行の工場です

1030hkf29.jpg
入り口

坂の上からの景色は
1030hkf10.jpg
新開地側からウルトラが

1030hkf11.jpg
穴に向って行きます。
旧線にはこんな立派なトンネルは有馬線(ホンマもんの有馬線でっせぇ~)
ここから左へそれてたようです。あの木の帯があやしい!!

さて、メイン会場に到着

1030hkf16.jpg

1030hkf09.jpg
おどる巫女さんをみながら
工場内へ

1030hkf12.jpg
やったー7000系やー!!
ゆうて、北神急行にはこれしかおまへん
好きですけど

1030hkf13.jpg
ふむふむ

1030hkf14.jpg
マジでこの台車やったらおもろいやろなー
とか思いつつ

1030hkf15.jpg
おー

と、ひととおり眺めたあと、コレを見ました

1030hkf20.jpg
中央になにか書いてあります

1030hkf18.jpg
和訳すると、阪急西宮北口で実際に使ってた奴!!!!!
ちゅうことはめっちゃ久しぶりやないかーー

1030hkf27.jpg
どれやねん~(泣)!!

1030hkf28.jpg
おまえかぁ~!!

1030hkf19.jpg
ヨコには説明のパネルも

実はこれを見るために来たのでした



1030hkf21.jpg
車両工場訪問所要時間において神鉄鈴蘭台でうちたてた記録を更新して駅へと戻りました。
でもわざわざウデ時計は撮ってません(核爆)

1030hkf22.jpg
谷上駅から新開地・新神戸方面
神戸市営1000系が姿を現わしました。あ、こちらは広軌、神鉄は狭軌です
右端の穴は神鉄の三田方面、そのとなり(架線柱の向こう)に新開地方面へのそれぞれ独立した穴があり、両者はトンネル内で合流してひとつ上の写真の穴となります

1030hkf23.jpg
右端の穴から神鉄三田行が出てきました。手前が新開地方面行線路なので間に1本留置線があるようです。電車はこのまままっすぐ進むと思いきや

1030hkf24.jpg
ポイント渡って3番線へ。反対側には市営地下鉄が停まってますので、すぐ乗り換えられます。本来このホームは新開地方面行き。三田行は左に見えるホームですが、上下ともこの乗り場を使い、乗り換えの便宜を計ってるそうです。でもさすがにラッシュ時は無理で三田行からの乗り換えは階段を使わざるを得ないようです

1030hkf26.jpg
新開地側の線路

1030hkf25.jpg
異様に広いこのホーム。
神鉄にはこの駅の開業時もう1線あり、2面4線だったようですが、埋めてホームにしたそうです。
広いのでとりあえず山小屋を置いてみました(爆)

さわやかな秋晴れでよかったです~。

しかしハロウィンをすっかり忘れてて、奴にはかわいそうなことしたなぁ
来年まで出番なしか・・・
なにっ「どれかの写真にまぎれてやるっ」って叫びながら出て行ったぁ!?

困ったなぁ、そういうことされちゃ
反応なかったらどーすんねん(爆)


1030hkf17.jpg



尼崎のナローゲージ

80年代に創刊されたレイルマガジン
創刊当時は鉄の道からやや遠ざかりつつある頃でしたが、他の趣味誌とはちょっと違ったこの本だけはかかさず買っており、良いのか悪いのか、かなり影響を受けました。ブラスキットに無謀トライもそのひとつ
C57、えげつな~→

そしてなんといってもトロッコ、カトーくんにサカイくん・・・その世界は全く知らなかったので衝撃的。元、鉄で行き場を失った私みたいな青年やおっさんをつかまえたようで、売れ行きがよかったのかトロッコの増刊号まで出ました。
しかし、見たいと思っても有名どころを除いて場所がわかりません。今ならグルグルマップですぐ特定できそうですが、鉱山や工場などが活躍舞台なだけに、公表して鉄がおしかけると業務に支障を来すわけです。しかもアタリをつけて遠くまで出向いても向こうも会社、休みとか・・・
当時サラリーマンの私と休みが同じ→ずっと撮れない
俗に言うリーマンショックです

さて、その本にとある製鉄所が紹介されてました。あまり魅力的なロコではないものの、なんせ近い。そこならスカくらってもイイ!! で、会社抜け出して行ってみました。これまた30年以上前の話です

阪神尼崎から南へ向ってひたすら歩きますと、線路が道を横断しているところに出くわしました。RMに写真が出てた所のようです。従業員ぽい方がいたので「なんか来そう」とそこで少し待ってみましたがスカ

そこから少し進んだところに工場の門が見えたので中をのぞくと

amtro01.jpg
おおおーーーっ
ずらっとならぶポイントだるまさん!!

軌間は762ミリ?、一番奥にDLぽいのがいます

すかさず守衛さんに声かけしました
「シャシントッテモイイデスヨー」
「なんでおまえが言う!! ここからならOK 入っちゃダメだよ」
「オケー、ドモアリガチョフ」

それから小一時間待ったと思います
こういうとき守衛さんと目が合うと気まずいです
うつむいて笑みをうかべるしかありません

amtro02.jpg
おっ、なんか来る!!
2人1組で1人はポイント係。ホンマに邪魔みたいですね、私

amtro03.jpg
停まると同時にポイントがっちょん!! 

amtro04.jpg
すばやく左折して工場内へ行ってもたぁぁぁ

amtro05.jpg
向こう側からは別のやつが右折して工場内へ
機関車はさっきのやつと逆向きですが工場の中で線路が繋がってたら簡単に向き変えられますね
あまり好みではないですが産業ロコなので凝る必要もないですし、顔が見れただけでもラッキーです

amtro06.jpg
さっきのやつが鉄屑満載で戻ってキター

amtro07.jpg

amtro08.jpg
来るのはここまで、200ミリでこの距離

amtro09.jpg
ふたたび停まると同時にポイントがっちょん
あっという間に戻って行きます
バテロコにDLのキャブつけたみたいな姿です

amtro10.jpg

そして宴のおわり。あちらさんはまだ出入りして楽しそうですが
仕事中なので会社に帰らねばなりません
リーマンショックです

その後、新しいキレイな機関車で運転されてる姿を2010年8月の編集長敬白「住友金属尼崎の現役ナロー」で見たものの、現存してるのかどうかなど全くわかりません。
とっくに忘れた場所はグルグルマップですぐわかりそうですがね

山陽フェスティバル2015

sanfe01.jpg

一週間たってしまいましたが山陽フェスティバルの模様です。
メインはやはり初期アルミちゃんの集合
(それがメインなのはおっさんだけかぃ?)

sanfe03.jpg
初代アルミ2012-2013編成

sanfe02.jpg
2代目アルミ第1編成

sanfe04.jpg
2代目アルミ第2編成

第1編成と第2編成は同じ姿でしたが
第1編成は違いがわかる男の装いに・・ワタシが最も慣れ親しんだ姿です。
さらに幕「特急」「姫路」はローマ字がない旧タイプ、このこだわりゆえ
どーしたんや山陽ちゃんと思わず言ってしまったわけです
3000系初期アルミの昔と、つい最近までの姿はこちら→

考えたらこのまま第1編成があぼ~んしてしまったら、つい最近の姿も「もう見れない」になって貴重な記録になるワケで、ワタシが仕事ほったらかして撮りまくってたのは決して無駄ではなかった訳ですね。
ああ神様、
初めて後悔せずに済みそうです(大糞核爆)

sanfe05.jpg

sanfe06.jpg
第2編成のドM 3003

sanfe07.jpg
第2編成のTc 3601 おわかりと思いますが、第2編成は検査あけのようです

sanfe08.jpg
そしてはるか彼方にはみにくいアルミの子が

sanfe09.jpg
去年の姿から思うと必死で磨かれたんだと思います。よろしおすなぁ、しかも急行(=急=)表示。朝と晩にしかなかった急行はワタシも1枚しか記録してません。今、やっとカラーで撮れました。

sanfe31.jpg
マークわかりますか 非冷房の3613、
ホロがついてる3000系はカッコいいです

sanfe10.jpg

sanfe11.jpg
鉄コレ出してください!!

ではそろそろ他も見てまわりましょうか

まず新型6000系パネル展示
sanfe32.jpg
撮影禁止!!!

sanfe12.jpg
にぎわう物販コーナー

sanfe13.jpg
どっちが前かわからないやつ撮っておきました

sanfe14.jpg
神鉄親善大使!! 
オレも来年応募しよもうエエわっ、電車はないんか

sanfe15.jpg

sanfe17.jpg
モーターです

sanfe18.jpg
三枚におろされたクーラーです

sanfe19.jpg
コレ、鉤はずしですか? えらい複雑なことになってるんですね、
ピタゴラスイッチかと思いました。
江戸には東急のこういうところを撮りまくってる人がいるようですね

sanfe16.jpg


そして・・・


sanfe20.jpg

sanfe21.jpg
京福からもらったというポール
ポール時代の京福はこちら、ミテネ→

sanfe22.jpg

sanfe24.jpg

sanfe23.jpg

きれいにしてもろて
よかったなぁぁぁぁっ!!!



sanfe25.jpg

また来年会おう!

ここからは恒例の基地外撮影です

sanfe26.jpg
スケキヨをアップで見ると行き先幕は従来通りの白黒反転ローマ字入りでした
ローマ字ナシも組み込まれてるのでしょうか・・・

sanfe27.jpg
出てくるのはいつになるのでしょうね、楽しみです

え、もう出てるの!?
タキチャ行かなきゃ!(おまる爆発)
え、明日雨なの
雨ならヒガタルがあるじゃないか、それに神鉄のあそこ行って速攻でブログUPもええなぁ~ひひ(大糞核爆)

sanfe28.jpg
お、

sanfe29.jpg
まだありましたステンちゃん、去年といっしょですね
こいつは10年後もたぶんこのままでしょう。ワタシは危ないですが

sanfe30.jpg

今年のフェスは大満足!!
山陽ちゃん、ありがとー




本日の山陽フェスティバル 速報

こ、これは・・・いったい
どーしたんや山陽ちゃん!?

山陽レールフェスティバル2015
復刻版3000と現役3002(案内チラシにそう書いてある)それにあの2012が並んどるやんかあああーー、3000はちょっと帯がオレンジやけど、ナンバーも移植してある、うわああ 懐~~~ぅ
係りの人に聞いたら、この姿で本線走行するとのこと。んで、
「明日、走るかなうへへへ」「そりゃムリ」・・・なんで?

しかし、これからはこの姿です。
ひとりで騒ぎながら基地外へ踊り出ますと、
う・・・
syfenb.jpg
スケキヨ!? 
姫路側3600は工事中でした、なるほどこりゃちょっとの間、無理ですナ
2012は自走できないようですね、そりゃそうか・・・。基地外撮影です

この日の模様は、また後日おとどけしますお楽しみに(ダレかっ!!)

よかったら去年のもどーぞ→
プロフィール

mosaosa

Author:mosaosa
みなさま
本日もご乗車
ありがとうございます!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おこしやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: