FC2ブログ

草津線 貴生川駅

前回、貴生川で降りたのはこのあとの貨物を撮るため
その貨物1792レは722レの20分前に到着しており、すでに停車中

200624kk01.jpg
発車まであと20分ですが、その間に信楽線の貨物到着→後部に連結という作業があり、後部補機付きのスタイルで発車していきます

200624kk02.jpg
信楽からC58逆向きで貨物到着、この日はワフ1両

200624kk03.jpg
いったん信楽線の乗り場へ なぜかホームにチャリが止めてあります

200624kk04.jpg
停車中のD51とツーショット

200624kk05.jpg
柵の左に怪しい貨車らしきもの発見 いとをかし

この後、このまま1792レのケツにつきますがそのシーンを撮ってると発車の時刻が来てしまいます

200624kk06.jpg
発車
でもこの先は登り勾配でもないので煙が期待できるのは発車時のみ

200624kk07.jpg
別の日、発車時でもこのやる気のない煙(爆)

200624kk08.jpg
後部のC58は補機というよりぶら下がってるだけ
キャブ助士側の前、開けっぱなしです

200624kk09.jpg


そんなこととは知らず初めて来た時は「後部補機付」という言葉に興奮しており、駅からだいぶ離れた場所へと走りました

200624kk10.jpg
水田地帯を行く勇壮な2つの煙!!
のはずでしたが

200624kk11.jpg

200624kk12.jpg
お楽しみ花火セットに必ず入ってたわけのわからん花火みたいな結果に(爆)


他に貴生川周辺で
200624kk13.jpg

200624kk14.jpg

200624kk15.jpg
以上信楽貨物、バック運転お疲れ様

200624kk16.jpg

200624kk17.jpg
ここ、なかなかええやん・・・

ストリートビューで見てみると駅前は変わってるものの少し離れると当時の面影があり「あ、ここだ」と場所が特定できました、そういう所はまた行ってみたくなります
でも草津線って今、何が走ってるんだろう・・・

さて、とにかく忙しい20分間がすむと、退散いたします

帰りはディーゼル、石部での交換シーンのみ興奮

200624kk19.jpg

200624kk20.jpg

200624kk21.jpg

200624kk22.jpg
前回冒頭写真の機関車、キハ35系の外吊り扉も懐かしい

石部駅もストリートビューで見てみましたら、引き込み線と駅の中線がなくなってました

200624kk23.jpg
いつぞやのワフ、そそられます
いつぞや→

蒸機との交換シーンは大好物でした 
もう味わうことはないでしょう


200624kk24.jpg
草津に戻ってきました、駐機横を通過
D51497といえば関東で生き残ってる498の兄さんですね
ちなみに弟の499はアレです
アレ→


草津線から蒸機が消えたのは1972年10月
722レの設定からわずか半年後のことでした


200624kk25.jpg


スポンサーサイト



草津線 722列車で行こう!!

新ネタがないので、今回はちょっと前のやついきます

蒸機牽引の客車天国だった播但線でしたが、夜間の1本を除いて全滅した悪夢の1972年3月改正
しかし草津線においては同改正で4本が3本に減ったものの、まっ昼間の12時に1本設定されました
それまで昼間は14時すぎに1本ありましたが、乗りに行けば帰りが遅くなる・・・と敬遠してたのです
また蒸機牽引の列車に乗れる、これはありがたい!!
「青春蒸機」に連続写真を掲載済みですが、多すぎるのでボツにした写真を加えてお届けします

200620ks01.jpg
まず草津駅11時48分着の貨781の到着を撮って

12時02分 722列車発車

200620ks04.jpg
「かーちゃん、変なやつがいっぱい乗ってるよ」
あはは、言われてやんの

しかし念のため拡大してみると
指差しはあっちだが
200620ks05.jpg
こっち見とるやないけぇー!!(爆)

200620ks06.jpg

駅を出るこういう瞬間がたまらなく好き!

200620ks07.jpg
全力で本線を越す高架へ

200620ks08.jpg
駐機場と転車台が見えてきました
D51とEF58がいます
200620ks09.jpg
さっきのD51もすでにひっくり返ってます

200620ks10.jpg

200620ks11.jpg

200620ks12.jpg
下の複線が東海道本線

200620ks13.jpg

200620ks14.jpg
越しましたっ!!
右の高架も草津線で通常はそっち、京都からの直通のみがこちらを通っているようです
おそらくこの列車は梅小路か向日町からゴハチが回送してきたものと思われます

200620ks15.jpg
右の高架がすり寄ってきて

200620ks16.jpg
合流
まるで電化されてるみたいに見えますが架線と架線柱はこのあたりで終わりです(草津線の電化は1980年)

200620ks17.jpg
たぶん手原駅の発車

200620ks18.jpg
石部駅発車
先頭、爆発してます(爆)

200620ks19.jpg
次の三雲で1791レと交換
(現在、確かこの区間にもう1駅ある)

200620ks20.jpg
我ながら凝った撮り方してます
無理なポーズでよく頑張りました(爆)

この列車はイベント列車なんかではなく、定期の普通列車
地元の方にとってごくフツーの移動手段なのです
なのでヲタは少なく、たとえ対向が蒸機でも顔だしたりする奴は

200620ks21.jpg
やっぱおりますわな〜
直前のアタマを避けるため私も体勢を変えたようです

200620ks22.jpg
でもすぐアタマ引っ込めよった
へっ、根性なしめ(爆)
(交換のこういうシーンを撮るのは結構コワかったりする)

それにしても貨車に乗った国鉄ブスが懐かしいですね~

そして貴生川に到着
「行こう!!」というタイトルのくせにたった30分、3駅で降ります

200620ks23.jpg
本日の牽引機は月と鹿でおなじみ882でした

200620ks24.jpg

200620ks25.jpg
発車を撮ります

200620ks27.jpg
別の日

200620ks28.jpg
さらに別の日
この日はこの列車を撮るため1本前で来ました

でも記憶はありません(爆)

200620ks29.jpg




関西本線【奈良1】

今どきの夏は36度、37度なんてフツーだが昔はそんな気温になればニュース沙汰だった
現在に置き換えれば40度超えがそんな感じなのか
70年代はせいぜい32、3度? だったのだろうが、暑いものは暑い
暑さといえば即思い出すのはこの1枚

190821kn01.jpg

940号機とは確かこれが初対面だったと思う
私にとって関西本線で見た蒸機のラストは「さよなら伊賀号」

190821kn02.jpg
重連だったが、前が940号機
初対面からわずか2年後だ

最期はハンドレールやデフ縁、前部端梁の縁などは当然のごとく白塗りされていたが

もちろんこの時はそんな無粋なものはない

190821kn03.jpg

かなり男前の機関車だと思った

940号機はこのあと荷44レを牽くため出庫する

その前に貨273レの発車を撮り、荷44レを見送ったあと荷41レの到着・発車を狙う
1971年の夏
昼、いちばん暑い時間の奈良駅は蒸機列車のオンパレード
私にとってもいちばん忙しく、暑い時間だった


D51499

1972年11月23日、関西本線に出掛けた。
本日は奈良以西で唯一昼間に残った貨物を撮ってから、奈良へ向う予定。
下車したのは奈良と大阪の境にある河内堅上(かわちかたかみ)駅。
49907.jpg
この駅の前後には名撮影地があるのだが、どちらも駅から遠いのが難点、他の鉄仲間はみんな行ってたが、昼間1本のためにわざわざ・・・
まだわりと本数があった時に行きそびれた、というのが正解かもしれない。

駅のすぐ横には大和川が沿い、奈良側に進むと第四大和川橋梁がある。

49901.jpg
この鉄橋はユニークな構造だ。トラスの上にガーダーが乗り、手前はガーダーの上にガーダーが乗っている。
詳しいことは知らず、地滑り地帯で線路を付け替えたということのみ知っていたので、このトラスは旧線のものだと思いこんでいた。

半年前ならこの貨物も蒸機だったはず


49902.jpg
上を行くのは急行ではなく快速

49903.jpg
鉄橋の下をくぐり反対側へ。後になって解ったがどうやら旧線は私がいる所を川を渡らず沿って走っていたようだ。
そしてその先、地滑りで埋没した亀ノ瀬トンネルをあきらめ、ここから鉄橋で川を越すルートを作ったのだ。

目的の貨物がやって来た・・・が、

49904.jpg
499だ!! 
後藤工場デフ装備車、関西本線に居ると聞いていたものの、見るのは初めてだった

49905.jpg
関西本線は右前方に見える山の麓に沿って走っている。この鉄橋自体がカーブの始まりで以後ずっと左カーブがつづいて河内堅上駅へ至る。

この貨物は次の柏原(かしわら)で停車時間がある、もちろん予定変更して追い掛けるので走って駅へ戻った。
関西本線奈良以西は非電化ながら複線で、結構な本数の列車が設定されており、こうした追い抜きには困らなかった

49906.jpg

49908.jpg
柏原駅。
当然のごとく危なく、やってはイケないことをやっているが、誰のお咎めもなし。良い様にいえば「おおらかな時代」なのだが、現場の方からすればチョロチョロと迷惑極まりなかっただろう

49909.jpg
上部が内側に折れ曲がった独特な形状、関東の現役498が近年似たデフを装備した時は驚いた。
空力的に効果があるのかどうかはわからないが、ステーも弧を描き優雅で魅力ある形だ。福知山にいた仲間ももういないようで、このカマも確か福知山から流れてきたと記憶する。デフ中央にはかつて動輪マークがついていたそうだが、すでになく、はがされた痕がうっすら残っていた

背景のアドバルーンはともかく、ダイエーまでなくなるとは・・・

49910.jpg
電車が走る駅といった雰囲気だが近鉄道明寺線との貨物受け渡しで近鉄の電機が行き来するためだけの見事な鉄骨架線柱、そして架線がはられていた。
従って架線は中線まで。貨物の左隣、上り本線には架線がない

わずか15分の夢の後、長い汽笛が響き渡った

49911.jpg

49912.jpg

49913.jpg

49914.jpg

49915.jpg

八尾にある竜華操車場までは、あと一息。
オーサカの町に汽笛とドラフトをひびかせながら499は消えていった。
残された時間はわずかだが
来る楽しみがひとつふえたのが何よりうれしかった

それから1年もたたないうちに関西本線は電化され、当然蒸機は姿を消したが、はたして499は最後まで元気だったのだろうか・・・

49916.jpg


一度きりの夢だった

みなさん、お元気ですかー

56sankya14.jpg

56sankya01.jpg
ここは七尾線能登中島駅近くの鉄橋、C56の牽く貨161レは朝8時ちょうどに
この川を渡ります。

56sankya02.jpg
朝は雪でしたが止んで晴れてきました。カラー入れてたらよかったです

56sankya15.jpg

56sankya16.jpg

私はここに2回来ております。1回目はコレでしたので2回目は駅側、川の手前で撮りました。
ある狙いもありましたので・・・
なお七尾線のC56はコチラにもあります。名残の雪→

56sankya03.jpg
2回目は曇りで雪チラでした

56sankya04.jpg
鉄橋に向ってゆるい勾配を上ります。ちょうど2枚目の左端あたりです

56sankya05.jpg
そして鉄橋へ。前回は手前に筏みたいなのがあり、水を入れれませんでした。
今回はうまくいけば水鏡かっ?

56sankya06.jpg
・・まぁこんなもんです・・
手巻きなのでチャンスを逃す事も多かったです。今なら連写で楽勝ですね

56sankya07.jpg
ここから西岸駅にかけては小さな峠越えがあり、この先大きくカーブを描いて登っていきます。そのため長い間列車を見ることが可能。貨161レは西岸までの約6キロを15分かけて走ります

56sankya08.jpg
そして私が密かに狙ってたのが某本のラストをかざるこのカット、ヲタ鏡。
今でもすごく気に入ってます。これは1974年2月10日、写ってる方いませんか

実はこの中におもろいおっさんがまじってます

56sankya13.jpg
ん!! 右から4人目

56sankya09.jpg

ロックのボーカルかっ(爆)

そして次のカットには

56sankya10.jpg
ああっ!!

56sankya11.jpg
三脚いらんのちゃうんかー(爆)

そして驚愕のラストシーン

56sankya12.jpg

おらへん!!(核爆)
おっさん、どこ行ったんやー!!


それにしてもいろんな人がいますね
・・・と言ってる私も、似たようなことしたことありますがっ!!

56sankya17.jpg

プロフィール

mosaosa

Author:mosaosa
見ていただき
ありがとうございます!!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おこしやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: