FC2ブログ

田んぼ駆ける山陽

あれは3ねんまえ 止める妻を駅に残し 動きはじめた電車にひとり飛び乗った

3000号を水田風景で撮りたかった、引退の半年前だった
藤江駅から林崎松江海岸駅へ歩いたが、この区間は山陽において、老人が歩くとしんどい距離第2位に輝く2kmである
やや谷になっており谷底の道路を過ぎ藤江小学校のあたりで約半分、このへんの道路から田んぼをはさんで線路が見えた
ここをA地点とする

200705hm25.jpg

200705hm03.jpg

200705hm06.jpg

200705hm01.jpg
左端はやけに白いが本物である(爆)
そのとなりは初期アルミの生き残り、ドアの色が他と違う
こうしてみると初期アルミはやたらと小さく見える

200705hm26.jpg



そこから線路に近づける道を行くとB地点
200705hm08.jpg

さらに田んぼ沿いの道をちょいと東に回り込んだところがC地点
200705hm09.jpg

さらに進んだところにも田んぼと畑があったが、ABC地点の方が良かった

200705hm10.jpg
そこには白い鳥がいた、○○○○サギだろう

200705hm11.jpg
林崎松江海岸駅についた
昔は折り返しY線があったようで上下間にそれっぽいアキがあるなかなかええ感じの駅だ
3000号が来なかったのが心残りだった


あれから3年、こんどは田んぼ×3030を撮ろうと出かけた
その前に霞ヶ丘の公園であじさい×3030を撮ろうと思ったが、降りるのが面倒くさくなり(爆)車内から愛でた

200705hm12.jpg
おお今年もきれいに咲き誇っとる
行けばよかったな

200705hm13.jpg


200705hm14.jpg
さよなら3000号の時以来2年半ぶりの林崎松江海岸駅

前回の逆コースをたどる
目指すは1km先のA地点

おっ

200705hm15.jpg
ここは前回○○○○サギがいたところやないか
手前に柵あるけど・・・

もうここでエエか(爆)

いやいや、やっぱりA地点めざして先に進もう

200705hm17.jpg
おや? ここはC地点のはずだが、前回と雰囲気がちょっと違うぞ

200705hm18.jpg
前回
まだ植える前だったのか・・・タメ池だと思ってた(爆)

とりあえずB地点へ行こう

200705hm19.jpg
いっ ここもなんか違う

200705hm20.jpg
前回
背景 緑だったのに
刈ってもたんか、マサカリ草を(爆)

うーむやっぱA地点・・・うわっ!!
(A地点はここから見える)
ヲタがあぜ道でソーシャルディスタンス(爆)
道から撮ったら等間隔で入るやん

こらあかんわ、やっぱりココ(B)にしよう

ところがじゃ、もうちょっとで来るという頃になって持ち主さんが田んぼで作業を始めなさったのじゃな
公道からとはいえ人様の土地を勝手に撮ってるわけだし、お仕事してるのにわけのわからんマスクじじいがカメラ持ってじーっと立ってるのはかなり目障りなハズ

○○○○サギへ戻ろう!!

しかしそんなに早く歩けるわけがない

200705hm21.jpg
あはは、来ちゃった(爆)

200705hm22.jpg

200705hm23.jpg
ここはハコの展示会か?

くそっ
最初から○○○○サギのとこに居ればよかった!!

200705hm16.jpg

こうしてまた近い内にここへ来る決心をするのだった
場所を決めかねて同じところへ何度も、そして夜中に何度もは
最近の私の定番パターンだ


スポンサーサイト



ことしのさくら

鉄にめざめた神戸高速の開業は52年前の4月7日
桜満開の須磨浦公園から超満員の阪急に乗った

須磨浦からマルーンが消え、赤胴が消え、
残る当時の色は復刻のツートンのみ
(初期アルミ色も2両健在だが・・・)

ツートンとサクラ、それだけはぜひ撮りたかった
去年夏に復活し、引退は来年の春
その来年の「春」がいつなのか
サクラが咲く前ならチャンスは今年のみ

その今年、
満開を待たずしてはずされた「さくら」マーク
となると運転時刻の公開もそろそろ・・・

しかしなぁ
ちょっと見に行くだけなのに
なんでこんなに気がひけるんだ・・・

電車で行けばスグなのに
なんで30分もチャリこがなきゃならんのだ・・・


202004sr02.jpg
がらぁ~~~ん


202004sr03.jpg
すっこ~~~ん


この花はわたしです
やっとキレイに咲いたのです

202004sr01.jpg

・・・だれも見てへん・・・


走り回るコドモ 
宴会のオトナ 
木のかげのカップル

おったらうざいけど
ダレもおらんのは
寂しすぎるやないか・・・


なあ


202004sr04.jpg


魅惑の西舞子

山陽の舞子公園駅から住宅街の道を進むと突き当たりは階段
一気に視界が開けた

nmk20040501.jpg

nmk20040502.jpg
大きくカーブしたあと突っ込んでくる新快速、はぇぇ

nmk20040503.jpg
JRを越すため高度をあげる山陽
その向こうには少し海が見える
すばらしい景色だが、各種看板と目の前の電線3本が・・・

少し下へ降りた
一度降りるとアタシには2度と登れない階段だ

nmk20040527.jpg
確か35パーミルくらいだったと思うが結構な登り
nmk20040504.jpg

やや進んだところから交差地点を見る

nmk20040505.jpg
高い高架は明石海峡大橋
坂を登り左カーブでJRを越す昭和の山陽電車

nmk20040506.jpg
昭和の山陽電車は左端の舞子公園駅へ
それを追う昭和の国鉄電車が登場

nmk20040507.jpg
ああ無情(爆)

海側へ出た

nmk20040508.jpg
国道2号、山陽、JR緩行線、高架の列車線、これらがひしめきあっているので、すぐそこにある山陽西舞子駅や次の大蔵谷駅では

nmk20040509.jpg
なかなかのスリルが味わえる
221系のクーラーってこんなんやったっけ

西舞子から大蔵谷はこちら→

演歌歌手の名前みたいな「西舞子」をすぎ、少し歩くと日本の模範的な名前の「山田川」がある
この河口付近は私のお気に入り

nmk20040510.jpg
いつ来ても癒されるなぁ~(´∀`*)

のんびりとした景色だが、振り返ると

nmk20040513.jpg

nmk20040512.jpg
壮絶なバトルが繰り広げられているのだった

もう少し進むと国道の信号があり、渡ると踏切がある

nmk20040514.jpg
ここで3030・・と思ったが、山陽のHPの写真と同じになるのでやめた
なにより狭くてクルマが怖い

なんとなく踏切を渡って線路の北側へ出たが、JRの列車線が高架なので壁、電車は何も見えない

山田川の鉄橋はどうなんだろう・・・ちょっと行ってみよう
するとそこからの景色は、なんと

nmk20040515.jpg
限りなく尾道ック(爆)

というわけで、今回の舞台はここ


前置き長すぎっ!!

いろんな写真が撮れておもろいので去年からたびたび・・・

nmk20040523.jpg
大橋もOK

nmk20040517.jpg
JR(緩行線)もOK

nmk20040526.jpg
だがクルマやヒトが常時参加してくる、なので写真は運まかせ


nmk20040518.jpg

nmk20040519.jpg

nmk20040520.jpg
瀬戸内のゆふぐれもオツだが度がすぎると真っ黒け


nmk20040521.jpg
春先はよく島が霞むので調子が弱い絵になる
これを瀬戸内弱調という


nmk20040522.jpg


nmk20040525.jpg


nmk20040524.jpg

落ち着いたらまたイコっと


・・・いつやろ



ことしもあとわずか

今年もいろんなことがありましたが
私にとって1番の出来事は言うまでもなく

2019123111.jpg
これ

2019123101.jpg
ツートン復活前の3030-3615編成はこの標準色でした

再来年の春まで限定の復活
そのまま引退するということなので
現在の標準色に戻ることはありません
つまりこのクリーム色の姿はもう二度と見ることができないのです・・・

2019123112.jpg



見なくて全然OKですがっ(爆)


2019123103.jpg
復活してからというもの、自分でも呆れるくらい
コレばっかり追っかけてます
数え切れないスカをくらっても
やっぱワタシ、山陽のこの色が好きだったようです

2019123104.jpg
なのでブログもこれ一色
見てくださった皆さんもいいかげん飽きたことと思います

2019123105.jpg



2019123106.jpg
まだまだやります(爆)

2019123107.jpg

2019123108.jpg
またたまにのぞいてやってください

今年も見ていただき、
本当にありがとうございました



2019123109.jpg
まもなく2019年とはバイバイ

2019123110.jpg

くる年、皆様にとってよい年でありますよう



3030通信【ツートン並び】

3030と阪神青胴車との昭和ツートン並びは「ぜひ撮りたいリスト」の筆頭に入れていた
もはや赤胴との並びは絶望的、それどころか残った赤胴もいよいよか・・・
3030はあと1年半ほどあるが、全車健在の5001系もこれから減るだろうから早いにこしたことない

地下の高速神戸ではよく並びが見られるが、やはり地上で撮りたい
山陽の客扱いは阪神三宮までだが、折り返すために回送で大石まで乗り入れ、上り退避から逆出発して折り返す。
岩屋から大石までの地上区間での走行中の離合はバクチなので、ホームをはさむが大石駅に決定

並ぶかどうかは行く時にすれ違う下りを見ていればわかるが、普通用は青胴含めて4種の顔があり、なかなかうまくいかず中止すること3回
4回目にしてやっと青胴とめぐりあった

191026oi01.jpg
着いたら下りの青胴が!! ちゅうことは現在ここから神戸までの間にいる普通は全部青胴!!
まだまだ安泰やん しかしライトの青白改造で魅力がやや薄れたなぁ

191026oi02.jpg
次の上りもライトが・・・
そして3030と並ぶやつも残念ながら青白と判っている

191026oi03.jpg
ド逆光の中、キター

191026oi04.jpg
下りホームにいれば今回もいつものような話になってたところだ(爆)

191026oi05.jpg
ヘッドマークからおわかりだと思うが夏真っ盛り
そう、あのめっちゃ楽しそうに泳ぐ\(^o^)/マークの頃

191026oi07.jpg
所定の位置に停車、しかしカゲが・・・

191026oi08.jpg
ほどなく近ちゃんが通過 近ちゃんもカゲで不機嫌そうだ

191026oi09.jpg
と、今度は下り普通・・・あ、こ、これは

191026oi06.jpg
ライト未改造の大目玉!!

191026oi10.jpg

おおー 1線とんだけど並び達成!!

これが上りやったらよかったのにぃ
といってると上りが到着 さぁ本番
時間経過で前面のカゲがそんなに目立たなくなった

191026oi11.jpg
おおーっ 達成!!
ドアが開くまでが勝負・・・なぜなら

191026oi12.jpg
西灘以西撮影組がおしかけて来ることがわかっているから

これにてミッション終了

191026oi13.jpg

時間的に3030より先行できないので、ここで見送った

191026oi14.jpg

191026oi15.jpg

191026oi16.jpg
またなー


さて、3030が駅に着いてからの写真で、すぐ前の柱のカゲに1人いたのに気づいた方はおられるだろうか

小学生くらいの子で、前からやってきたと思うとすぐこの柱にへばりついたのだった

思えば私もガキ時代、おっさん・・というより気の短そうなニイちゃん鉄には気を使った
しかしおもいくそ怒鳴られたこともしばしば
「こら、くそガキ、どけっ、しばき回すぞ」
しばくのはともかく、回さんでもええやろが、と思ったものだ
そういう奴にはこっちの列車が動き出してから窓あけて(以下略)

そんなコトをふと思い出した

「そんなトコにじっとおらんと、撮りまくったらええやん」
1人だったら、絶対言ってると思うが、私の後ろにヲタが2人いたのでやめた

あの2人も私と同じこと思ってたらうれしいな・・・


でも、もしみんな同じ目的だったなら思ってただろな

このクソジジィ めっちゃ邪魔!(爆)

191026oi18.jpg


プロフィール

mosaosa

Author:mosaosa
見ていただき
ありがとうございます!!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おこしやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: