fc2ブログ

ありがとう 谷村さん

私がフォークギターを始めたきっかけのひとつはアリス
神戸さんちかのサテライトスタジオがなくなった時にも書いたが、私が中学の頃アリスはほぼ毎週サテスタや大丸に来ていたのでよく見に行った

231019ali01.jpg

須磨浦山上遊園とか旧ラジオ関西にも来てたなぁ

231019ali02.jpg
JKやJDには大人気、気軽にサインに応じていた
そういや、私も書いてもらったような・・・

ラジオでは流されないトークがおもしろかったのもあるが、目的はコードを見る事
基本コードしか知らない頃なのでビミョーな音をつっこんでこられると全くわからない
TAB譜なんてもちろんない時代、わからないところは実際に見るしかない

231019ali03.jpg
同じ3カポだが二人はちがうとこ押さえとる
で、それがただのハイコードではないことが多かった
なんぼか歳とって「あっ、これだ」と判明した時はうれしかった

アリスはアポロなんとか(名前わすれた)というオーディション番組をやってたことがあり、今は亡き兄ちゃんと出たことがある
アポロ・・は阿倍野にあったビル(今もあるのかな)で、そこではアリスと同じ控え室だった
すぐ近くにいてはるわ・・・めちゃくちゃ緊張した

231019ali04.jpg

その後、アリスは全国的に有名になっていったが、
ギター小僧は熱がさめていってしまった、すみません

だが、すばらしく楽しい時間がもらえたことはまちがいない
チンペイさん、ありがとうございました


でも、なんといってもアレだよな
燃えよドラゴンのテーマで始まるコーナー
深夜、しかも聞こえたり聞こえなかったりがもどかしかったが

最高におもろかった!!


スポンサーサイト



兄が撮った写真 2

68~69年頃だったと思うが、兄が姫新線で津山へ行った
兄は鉄ではないが、SLマニアの友達について行ったのだ
ちなみに私が蒸機にハマった後もよく一緒に出かけた
というか、ついてきた(爆)
だいぶカビにやられているが手元にその時のネガがある
見たことある写真があるかもしれないが、実は兄が撮った写真だ(笑)

早朝、弁当持参で出て行ったのを覚えている
おそらく姫路を7時すぎに出る835Dに乗ったものと思われるが、撮った順と当時のダイヤを見くらべたら解せないところがあるため、詳細は書けない
そもそも7時すぎに姫路なら播但線のC11プッシュプルの方が楽しく、本数も多いのになんで津山? それも機関区
・・・友達はC58マニアだったのだろうか

とかいうのはおいといて

230806tym01.jpg
なんちゅー撮り方、怖いんかー(爆)・・・まぁキモチはわかるが
どっかの駅でC11と交換

230806tym02.jpg
またしてもC11と交換
そしてまたしても傾いてるが、これはいいシーンだなぁ
根性でキレイに直す価値はありそう
こんなので通勤できるなんてエエのぅ

230806tym03.jpg
次、ブレ+ピンぼけ

230806tym04.jpg
ナニ見てんだよっ!! す、すみません

荷物、駅についたらホームに放り出されとったよなぁ
パソコン入ってたら壊れるよね
この2枚、交換だとすればヘンだ
これはC58の貨物を抜いていくシーンだな

230806tym05.jpg
C58の客レと交換、さすが通勤時間の姫路行きは多い
姫新線ではC58が主に津山~姫路で、区間列車はC11が担当していた

230806tym06.jpg
カビひどいなぁ

230806tym07.jpg

230806tym08.jpg
もうええって
これだけ撮れたということは、この位置に停まったのだろうか、それにしたらホームが短いぞ

そして津山に着いたようだが・・・

230806tym09.jpg

230806tym10.jpg
このへんはまだなんとか見れるが

230806tym11.jpg

230806tym12.jpg

230806tym13.jpg

おそらくカメラのレンズの引っ張り出し(←そんなカメラを使ってました)が不完全だったと思われる
C58ゴロゴロ、残念ながらほぼ全滅

230806tym14.jpg
なぜか助かったのはこんな画像だが、巻き上げ不十分で次コマの動輪アップと重なっている始末

でも

なんやねんコレ~

とか言うて、もう笑えない

まもなく初盆を迎える



230806tym15.jpg
この画像だけはなんとかキレイにしてやりた・・・

230806tym16.jpg

なんやねんコレ〜




続 EXPO'70

期間中6400万人が訪れたと言われるEXPO’70
もちろんクルマやバスで来た人も多いだろう

230722Bp01.jpg
当時のバスはケツが丸っこいな
左側の車列は駐車場待ちかと思ったが、拡大しても人影が見えない
これ、路駐だわ 

でもほとんどの人は鉄道利用だろう

国鉄は茨木駅に快速を停め(以後定着)

230722Bp02.jpg
関西はもちろん、全国から多くの臨時列車を運転

阪急は京都線に南茨木駅を新設した
南茨木駅というのは

230722Bp03.jpg
この駅のひとつ京都寄りで

230722Bp04.jpg
ここを進んだ先にある

画像無いなら無いでええやろ、阪急ヲタか(爆)


230722Bp05.jpg
そして期間中のみ千里線に万博西口駅↑を仮設
この西口駅と北大阪急行の万博中央口駅が至近の鉄道駅となる

万博中央口駅は市営地下鉄御堂筋線から中国自動車道の一部を借りて延伸したもので、閉幕の翌日に廃止された
新大阪を通るため東海道(山陽はまだない)新幹線での来阪客はほぼこれを使ったと思われる

230722Bp06.jpg
万博中央口駅
手前の線路は引き上げ線

230722Bp07.jpg
引き上げ線で待機中

今気づいたが後ろのパビリオンは銅鐸のイメージなのか!!
しつこいっ(爆)

あ、そうそう

230722Bp10.jpg
またイモムシ見っけ(爆)フジパンの看板がある
奥のきのこの下で生まれてはじめてアメリカンドックなるものを食って感動したことを覚えている


230722Bp09.jpg
中央口駅の上から

230722Bp08.jpg
あの人たちはどっからどこへ?
とにかくどこも人だらけ・・・

そこで、前回のきっぷ

その裏面にはこのように書かれていた

230722Bp11.jpg

どこで70円払うのかがようわからんが、シグ鉄氏が言うように少しでも混雑を回避しようとした措置だったのだ
一番驚いたのはこの「梅田駅」は阪神の梅田でもよいということ
そういえば「阪急梅田駅」とは書かれてない
北今津さんによると阪神からの切符もあり、それにもなにやらそんな手順が書かれていたそうだ

しかし70年当時の70円は高いな、しかも北大阪急行ってほぼ阪急なのでは・・・いや、あくまで混雑を回避するという目的で各鉄道が手をとったわけで・・・すばらしい
そんなこと全然知らんかったなぁ

大阪万博かぁ・・・
月の石、見られへんかったけど
とにかく懐かしいな

230722Bp12.jpg




EXPO'70

山陽電鉄発行の万博往復切符、往復の乗車券をちぎった残りだ
懐かしいなぁと見ていて今頃気づいた
2307BP02.jpg

「赤線区間をご乗車ください」は当然阪急の十三経由となる
ところが、その下 
梅田は黒線なのに「梅田駅 乗車票」というのがある
これ、何やろ?

万博へ何回行ったっけ、たしか中学からも1回行った
ネガはあるけど、写真を見返したことがない(行った人のほとんどがそうだと思う)
ちょっとスキャンしてみよう

学校からの国鉄72系以外はすべて阪急で行ったが「エキスポ直通」に乗ったのは1度だけ、乗り換えなしは便利だが遅かったのだ
特急に抜かれるわ、十三折り返しで時間食うわ、ようさん停まるわ・・・

どうでもええことやけどネットにはたいがい「神戸方面のエキスポ直通は高速神戸発」と書かれている

2307BP03.jpg

それどころか、私が乗った時は臨時に延長された西代発で西代から一番前にかぶりついたと思うのだが、その時の写真を撮ってないので証明できない
くそっ、俺のアホー

2307BP04.jpg
                   アホや   アホですわね 
                わははははははー

おまえらに言われたないわー(爆)

というわけで万博会場へ
いつ行ってもアホみたいに混んでいた

2307BP06.jpg
えーと、たしか、ソ連館だっけ・・・
ソ連とアメリカは特にひどくて数時間待ち
それにしてもこの人人人
雨なら空いとるやろと行ったこともあったが、一緒だった
日本全国からどっと来るので晴れでも雨でも関係ない
81年の神戸ポートピア博覧会は雨だとガラガラだったが(爆)

2307BP07.jpg
今気づいた、コレ銅鐸のイメージか?

2307BP08.jpg

2307BP09.jpg
戦闘機 じゃなくてクラウス撮っとけよ!!

2307BP10.jpg
あったあった、こんな芋虫みたいなパビリオン
入る気せんかった(爆)

着物のバァちゃん、子供を背負ったかーちゃん
タバコはもちろん吸い放題 昭和やなぁ

とまぁこんなの並べてもだれも興味ないと思うので乗り物を・・・

2307BP11.jpg
どこからどこまでだったか覚えてないがロープウェー
中からよく見えそうだが夏は地獄だろう
でも昔の夏ってせいぜい32~3度止まりじゃなかったっけ

2307BP12.jpg

まぁなんといっても会場内の移動は

2307BP13.jpg
モノレール
1~2回乗った記憶があるが、タダ(やったと思う)
そのためか乗るのに長蛇の列だった

このモノレールについて調べてみたら
運行管理は東急で万博終了後は東急沿線に転用する計画だったそうだが頓挫したそうだ

2307BP14.jpg

2307BP15.jpg
なかなかオシャレ、今見てもかっこいいと思う


2307BP05.jpg

とにかく毎日毎日激混みの万博
この人たちを輸送する現場は、さぞ大変だったことだろうな
というわけで

つづく

はぁ? 冒頭の答えはー(爆)


さくら2023

須磨浦で山陽、神鉄長田で神鉄、都賀川で阪急
毎年こればっかりだなぁ・・・

というわけで有名だが行ったことがない「桜のトンネル」に行ってみた
市街地からはずっと上り坂46なので市バスで行く
観音寺というバス停で降りたが、住宅街で桜の気配は全くなし
50mほど歩くと「桜のトンネル下」という看板がある、そこを左に曲がると

2303sak01.jpg
桜のトンネルだった
不覚にも「おお~っ」と言ってしまった(爆)
望遠で詰めてるというのもあるがこれはなかなかよろしいやおまへんか

2303sak02.jpg
街を入れてみた、結構高いところにある
私のいるところから西向くと、すぐそこに摩耶ケーブルの駅がある
いちおう鉄ブログなので摩耶ケーブルにでも乗ろうと思ったがこの日は火曜日でケーブルの定休日
かくなる上はバスでも撮ろう
本数は少ないが「摩耶ケーブル下」を出た市バスはこの坂を下るので絶好のターゲットとなっている

2303sak04.jpg
キタ!!

2303sak05.jpg
よっしゃ、なかなかええんちゃうのん

どれ、チェック あっ
字が切れとる!!
くそっ、行き先LEDか、そんなん全く考えへんかった
どーする、もうエエか・・・でもやっぱ気分悪いよな・・・
もう1本待つか
しかし、望遠でSS落とすと手ぶれがコワイ 

2303sak03.jpg
やっとキタ!!
500分の1

2303sak08.jpg
とりあえず160分の1

2303sak09.jpg
やけくその80分の1

160分の1でもちょい切れかい
神戸市バスを撮られる際はぜひ参考になさってください
おらんと思うけど(爆)

帰りは下り坂46なので歩く

2303sak10.jpg

阪急様を越すとすぐ水道筋という商店街がある

水道筋へは昔、水野家という肉屋? のコロッケがうまいとの評判でわざわざ買いに来たことがある
当時は行列ができていた
水野家は今では市内のあちこちに店ができ、うちの近所にもあるのでここで買う必要はないが、なぜか年に1回くらいは別の用で来ている不思議な商店街だ(なんのこっちゃ)

2303sak11.jpg
渡って振り返ると山が近い

商店街を西へいけば阪急王子公園駅、東へ行けば都賀川へでる

私は都賀川方面へ行くが、途中には

2303sak12.jpg
こんな商店街も合流し、結構な人通りで賑わっている

2303sak13.jpg
かつては栄えてたであろう市場もある
(あとでHPを見たら8つの商店街と4つの市場があるらしい)

都賀川は阪急六甲と王子公園のほぼ中間地点にあり、川沿いに桜の咲く公園がある

2303sak14.jpg

阪急+桜が有名だが、今回はパスして南へ下る
JRをくぐると見えてくるのが阪神大石
神戸側へ一駅、西灘へ向かう

上の阪急を撮ったのは2015年4月、その帰りに西灘で桜を見つけて下車し、阪神の青胴を撮った
それがこの2枚

2303sak15.jpg

2303sak16.jpg

コンデジで、チャンスがズレたのもあるがええかげんな撮り方だ
新車5700が登場したとはいえ(え、もう8年にもなるんかい!!)まだまだ普通は青胴がハバをきかせていた頃、いつでも撮れるやろと思ってただろう

だが、今年度中に青胴全滅・・・ということは桜+青胴=今年が最期
ちゃんと撮らないとたぶん悔いが残る
というわけで、来てみたのだ

2303sak17.jpg

だが

2303sak19.jpg

2303sak20.jpg
普通はこいつばっかり

2303sak21.jpg
やっと違うのキターと思たら、これ

2303sak18.jpg

もーええわ

結局1時間半待ったが青胴は来なかった
先日尼崎まで行ったが、行きと帰りでわずか1本見ただけ
赤胴の引退が6月だったという例もある

・・・こりゃ結構ヤバイ状況になってるのかもしれない!!
しらんけど

プロフィール

mosaosa

Author:mosaosa
見ていただき
ありがとうございます!!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おこしやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: