FC2ブログ

秋の夜長に洋風ロマン【神戸塩屋界隈】

いつまで秋やねん(爆)

今回はちょっと地元ネタで恐縮なのですが、
先日ネガを整理してましたらこんな写真を発見

1811jykh01.jpg

これは昭和53年にジェームス山で撮ったものです。ジェームス山とは神戸塩屋のすぐ北西に位置する山っぽい場所なんですが、山の名前でも地名でもありません。イギリス人貿易商アーネスト・ウイリアム・ジェームスが昭和初期、イギリス人のために開発した住宅地で自身も居を構えたトコロ。塩屋には他にも洋館が多いところから察するに、海も山も近いここシオヤは外国人好みの場所だったのかもシレマセ~ン。
その通称ジェームス山には外国人居住区があり、それを知った私は興味津々。何がって、カッコいいじゃないですか、洋館。
で、冒頭の写真のあたりを撮りに行ったのです
はたして今はどうなってるのでしょう・・・


【塩屋駅東】

1811jykh02.jpg
電車の背後に見えるのが通称ジェームス山

1811jykh03.jpg
正面に建つのが塩屋で一番有名と思われるグッゲンハイム邸
現在では結婚式やコンサートなどでフル稼働らしいです
前を走ってるのはJRの暴走族新快速

1811jykh04.jpg
ネットで調べてみました
その右、赤いトンガリ屋根は「旧後藤邸」という洋館で現在は神戸市所有。私が写真復活した頃にはキレイだったので一般人が最近建てた家だと判断し、あまり出したらヤバイと思ってました。実はグッゲンハイム邸とともに明治末期の建築! 左の白いのは土蔵だそうです。
ナニナニ、洋館につきものの煙突は阪神大震災で折れた・・・ちょっと待てよ、オレの昔の写真に写ってないかー

1811jykh05.jpg
ああ、もうちょい右や、惜しい!! 
しかし、コレと比べると今はグッゲンハイム邸のあたりの煙突もなくなっとるやないか!!
古いレンガ積みエントツは耐えられへんわな・・・
忘れかけてるけど山陽塩屋も震災で盛土崩壊、補修では無理と判断され高架構造で造り直されてます


【駅あたり】

山陽、JRの駅下を塩屋川(塩屋谷川?)が流れてます

1811jykh07.jpg
国道から

1811jykh08.jpg
山陽の山側から
このあたり細い道が入り組んでまして

1811jykh09.jpg
こんなおしゃれな橋も
そして

1811jykh10.jpg
こんなおしゃれな鳥が!!
こいつはサギの仲間にちがいない! ←聞こえわるいぞ~(爆)
もしかするとオレオレ


【駅西から北上】

1811jykh11.jpg
山陽と別れるといきなり急な坂
こんな急やったっけぇー・・・
あ、そうか!! あの時ボクは若かったのだ

そしてハァハァ言って突き当たったトコには

1811jykh12.jpg
へ?

入ったらアカンの?・・・そんな・・・
序盤なのにやたら堅いザコでゲームオーバーかい

このまま進むと私は立派な不法侵入者(日本語おかしい?)なので仕方なく左折し一般車道をめざします。
冒頭写真の撮影場所は一般車道のはず


昭和53年はまだまだ緑が多く、ぽつぽつと洋館が点在してました
ぽつぽつというのは「少ない」という意味ではなく、一軒の敷地がでかいからそうなっているのです

1811jykh13.jpg

1811jykh16.jpg
ゴミ捨てーしょんも英語で感動!
私は英語と日本語がダメなので何書いてるかわかりませんが
左下にクルマは捨てちゃダメと書いてるようです
さすがセレブ(爆)


しかし開発されたのは昭和初期のこと、
すでに廃墟となったお家もありました

1811jykh14.jpg

1811jykh15.jpg

実は私の記憶はこの時のまま
なので、ぜひ今の姿を見てみたかったのですが・・・

1811jykh17.jpg

1811jykh18.jpg



やっと一般車道に出ました

1811jykh19.jpg
ここかっ!!
いや、左の壁の高さが違う
橋も違うが 今はここ1箇所にしかない。昔はもう一本橋がかかってたようです

要はテニスコートやプールなどの施設をつなぐ居住外国人専用の橋。
左側には開発者ジェームス邸(後に三洋電機創業者井植氏邸)もあるので、もしかすると氏が行き来するため造った橋? 
少し進むとレストランがありました。そこだけは日本人利用可のようですが会員制です。
そしてその少し向こうに

1811jykh21.jpg
うわ、このクッパ見た事ある!!(ライオンだそうです)

1811jykh20.jpg
見た事あるオブジェも!!

1811jykh42.jpg
これは80年頃の姿。ちょっと違ってる・・・

ここも外国人居住区の入り口
なので

1811jykh22.jpg
当然立ち入り禁止看板あり
不動明王を祀ったトコは禁止区域内


実は昔の写真で今回ぜひ見たかったものがもう一枚あるのです
それはコレ!

1811jykh23.jpg
外国人がこの難しい漢字を読めるかどうかは別として
中身は「環境を変えるな」ばかり・・・
この地を愛する気持ちが伝わってきませんか

これはもしかすると自筆を掘らせたもの?

ところで、ここはゼームス山だったのか
ゼームス山、ジェームス山・・・ 後者の方が確かにカッコいい
ゼームスボンド・・・税務署に置いてある接着剤みたいだ

たしか石版はこの一画にあったはずですが・・・

残念ながら現状を見ることはかなわず
謎の石版も発見できなかった勇者Mはここから南に向かいます

1811jykh24.jpg


【海岸沿いを西へ】

山陽・JRまでは急な下り、そしてガードをくぐると国道2号
ここから少し西へ進むと埋め立て地があります

1811jykh25.jpg
高~いところを3000系がきました。
後ろの山は、わが師が登頂に挑む予定の鉢伏山です

1811jykh26.jpg
下からJR緩行線・列車線そして山陽
山陽のタキチャ(滝の茶屋駅)はすぐそこに見えてます
駅の南に位置する埋め立て地の遊歩道へ

ここには昔サイクルランドがあり、子供が小さい頃よく来ました
3~4人乗りや四角いタイヤのもあった
・・・乗り心地悪かったなぁ(爆)
今は木が茂りすぎて何があるのかわかりません

その頃、遊歩道から撮った写真

1811jykh27.jpg

1811jykh28.jpg
拡大すると201系
呼べよ嵐みたいな空ですが、手前の塩屋漁港がきれいに整備される前です

1811jykh29.jpg
そして現在の姿
漁港は整備され、山の向こうに高マン
高マンの下あたりに見える山裾は今年の7月の豪雨で崩れたとこでしょう、大規模に固められてます

1811jykh40.jpg
そうそう、昔、塩屋駅の南にはこんな建物もありました
なんかええ感じやな~と撮ったものです


1811jykh30.jpg

1811jykh32.jpg
ああっ、前から2両目・・は今回おいといて

山のほぼ上に見えるまぁるい塔のある洋館は旧ジェームス邸
ここが家、ということは彼にとっての一等地だったのでしょう

1811jykh31.jpg



なるほどね




さて、ぼちぼち帰・・あ、今日は日曜日、
103系の日やないか(爆)

時計を見るとあと10分ほど
このへんで撮れるトコといえば塩屋の国道陸橋が近いけど

1811jykh33.jpg
先週撮ったし(爆)

今から東垂水の歩道橋、行けるかな
東垂水の歩道橋→

結局「ふた駅歩こう」だな、え~い、イコっ!! 

1811jykh34.jpg

国道にもどり、タキチャの駅をすぎたあたり
・・・思ったより距離あるがな・・・うっひゃー、もう来るぞ~

1811jykh35.jpg
ああ~ 来てもた
あのヒカリ輝く歩道橋に行きたかったのに~
しゃあない

1811jykh36.jpg
編成中央が光り輝く。私はこの瞬間をひたすら待っていた
今の電車にはない角張ったフォルムをぜひ光で表現したかったのだ



1811jykh37.jpg

あ~、失敗こいた(爆)

きょうは全部もひとつやったなー

1811jykh38.jpg
やっと東垂水・・・

1811jykh39.jpg
ヒカリ輝く東垂水駅


しっかしこのあたりで見る夕陽はサイコーやわ

ジェームス氏があのあたりを開発した頃といえば山陽がポールの1、2両。国鉄は汽車ぽっぽ、音といえばそのくらいか・・・もしかすると波の音も聞こえたのかな

なによりこの夕陽! 
これ見たら同郷の人たちを呼んで
わかちあいたくなるよな~

1811jykh43.jpg


違うかな、ゼームスさん






スポンサーサイト

秋の夜長に小ネタ3発

■大阪の電車・列車記念入場券

今年はさまざまな名列車が生まれた「よんさんとお」から50年
アタシはまだ興味をもつ前でした。
その10年後に記念入場券「大阪の電車・列車シリーズ」全5種が発売されました。
181201k301.jpg
わずか10年のうちに特急・急行の全盛期は過ぎておりますが、今見ると懐かしいやつだらけです
さて、アナタはどのくらい乗りましたか

シリーズ1

181201k302.jpg
うむ全制覇

シリーズ2

181201k303.jpg
一番下は山科カーブの583「明星」
コレ野洲への回送でしょう
583は乗ったけど「明星」はナシ

シリーズ3

181201k304.jpg
いちばん上、381の「しなの」はナシ
てか381は評判がいいので乗りたくない(爆)
ムコ並びがたまらんっす

シリーズ4

181201k305.jpg
考えたらキハ82、乗った事ない・・・
いちばん下は167系です

シリーズ5

181201k306.jpg
客車寝台はあるけど「明星」はない
20系もない。昔は憧れたものの、いざ乗れるとなると寝台幅52センチは選択外でした

このうち
もういちど乗りたいな〜
と思う奴がアナタにもきっとあるはず


■ひよどり通信 先月号

おおっ

181201k307.jpg

今日もよう下っとるのぉ(爆)
このへんガイド今日もよう登っとるのぉはコチラ→


■レイルロード刊 阪急5000系

なぜかこういうブツを手にする時、アクションが遅い
ネットを見ると既に売り切れ、書店に聞き回ったが無駄だった
ダメもとで六甲にある模型屋さんに問い合わせると、あるとのこと
今回は5000系、逃すわけにはいかん!!

181201k308.jpg
というわけで阪急六甲

181201k309.jpg

181201k310.jpg
背景はええ感じだがチャリ置き場の屋根が目立ちすぎ

181201k311.jpg
線路沿いにもちろん柵があり、その前がチャリ置き場となっているが

181201k312.jpg
昔はこうだった
車対策の低いブロックのすぐそばを100キロで特急が走る
ブロック沿いを歩けばスリル満点!!

181201k313.jpg
この模型屋さん、阪急・阪神・JR、どこの駅で降りても少し距離がある
しかし品揃えはすごい
写真を撮り忘れたのでちょっと古いけど・・・

181201k314.jpg
そしてやっと手に入れたビニ本
Vol1とあるが、2はリニューアル後らしい

このシリーズは学校で習わなかったような話と見た事ないシーンの連続
しかも今回は大好き5000系

181201k315.jpg

さぁ、これで秋の夜長対策はバッチリ!!





阪急中津駅~新淀川鉄橋

少し前の回との絡みで中津~新淀川鉄橋をやります
前回→

実はこれ、去年の春に撮影してこってり忘れしたもの、そのため
現状と相違があるかもしれません

1811hnyh01.jpg
この狭いホームに手洗い場!!

中津で何度も降りたことはありますが、いつも南(え、西?・・とにかく梅田向いて右)側にしか出たことがありませんでしたので、一度反対側から鉄橋をめざすことにしたのです。
この界隈、昔の雰囲気が色濃く残っているような気がしておりました。
日頃「プロジェクトX」や「被られ撮り」とかのしょうもないことばかりやってますが、今回はそんなのではなくマジメに「昭和に触れる」
そうともこれが青春M!

1811hnyh02.jpg
ここの魅力はなんといっても3複線、線路6本
そこで、ワタシふと思いつきました
阪急電車6本釣り!!(爆)

1枚にいかに6本の電車をずっとやってろ!!

1811hnyh03.jpg
ええ雰囲気やな~

1811hnyh04.jpg
これが北(え、東?・・とにかく梅田向いて左)側か

1811hnyh05.jpg
店内がレトロなお菓子屋さんがありました

1811hnyh06.jpg
このガードもええなぁ、
左は国鉄梅田貨物線やけど今後めっちゃ変わるはず
中津駅は当分昭和のままやろな、ええこっちゃ(爆)

しかし
ここから淀川まで古さは感じられず、フツーの高架下でした。

ほどなく淀川堤防に到着

1811hnyh07.jpg
大きな空にハシゴをかけて

1811hnyh08.jpg
おーーーっ

1811hnyh09.jpg

1811hnyh10.jpg

1811hnyh11.jpg
前回のは対岸の右端のへんで撮りました
あれは先月なので、ほぼ最新の街並です
くどいですが今回のは去年の春のものです

1811hnyh12.jpg
お、タヌ京とれいん
おもいきり逆光!!

1811hnyh13.jpg
本線最後の6300
6300はやっぱりええなぁ・・・

1811hnyh14.jpg
いってらっしゃーい

1811hnyh15.jpg

1811hnyh16.jpg

1811hnyh17.jpg

素直に見送れよ、未練たらしい奴・・・
そうともこれが青春M!(爆)

土手は住民憩いの場でもあり、散歩、ジョギング・・・
今日のように晴れてればほんまに気持ちいいです
もちろん子連れ電車ウォッチングにも最適

1811hnyh18.jpg
ほほえましいなぁ
おとーちゃんの足、パンタグラフ(爆)
ぜひ下枠交差もやってコケるがなっ!!

1811hnyh19.jpg
その親子のとなりの線路際まで行くと、なんとかケーブルをかわして撮れました、なかなかイイけど側面に陽があたるのは朝早くかな?

では橋をくぐっていつもの神戸線側へまいりましょう

1811hnyh20.jpg

1811hnyh21.jpg
京都線は他より一段高い所を走ってますが、低っ!!
先に見えてる昔からある2線はもっと低いです

1811hnyh22.jpg
右の京都線は高いのがわかりますね
ちょうど宝塚線のバスタブ9000系が来て

1811hnyh23.jpg
梅田へと消えていきました

1811hnyh24.jpg
そして宝塚線を潜りました。
やってきたのは宝塚行急行
梅田を神戸線特急と同時発車してるはずです

1811hnyh25.jpg
やや遅れて神戸線特急が
ナニしとんや、負けとるやないけっ!!
神戸線が負けるとくやしいのは昔も今も変わりません(爆)

このへんの石積みもええなぁ

さて神戸線くぐろか・・しかし腰痛になりそうな高さやのぅ
気ィつけんと、こんなとこでアタマ打って倒れたらシャレにならん

1811hnyh26.jpg
 !!

1811hnyh27.jpg
お、おっさん大丈夫かー!!

ま、ここはオーサカやし
とりあえず淀川警部でも呼んどくか・・・

ここを上がれば例の場所

1811hnyh29.jpg

この先は当ブログで何度も登場してるので、今回はここまでとします

1811hnyh28.jpg
しかし、いつ来ても何度来ても ここはイイ!!
完全否定していた今の白肩サイドも美しいやないか・・・

あのころ最強〜!! のオレやけど

1811hnyh30.jpg

もしかすると少しずつ薄れてるのかもしれないな・・・

1811hnyh32.jpg

そんなことを考えながら橋を渡りました
では、また









1811hnyh31.jpg
わ~い! 5本釣れた(爆)
まだやっとったんか!!





秋の夜長に長編ロマン【北条鉄道】

1811htd01.jpg

この電車で着いたのは神鉄の終点粟生、ここで北条鉄道に乗り換えます。
学生の半分は連絡するJR加古川線に流れたものの北条鉄道の単行DCは予想通り満員

さっそく乗務員さんに「ワンディちょうだい」
「どこまで乗られます?」
「長(おさ)だけど・・・」
「それでは引き換え証を作りますので終点の北条町(ほうじょうまち)で引き換えてください」

「いや、だから終点行かへんし・・・ ま、ええか」
なんで持ち歩いてないのか不思議、みんな終点行くとは限らんやろに←いや、わずか8駅、行くでしょフツー

1811htd31.jpg
北条鉄道は元国鉄北条線。その時代を含めて実は今回が初めてです
でもずっと気にはなっていました、それは3駅連続で開通当時の木造駅舎が残っているから・・・
北条鉄道にゃ悪いけど車両にはあまり興味がなく、駅ダケ見に来たわけです

1811htd02.jpg
粟生を出発! 
列車の走行シーンを撮るつもりはないのでロケハンは無意味ですが、ひとつめの駅、網引(あびき)は場合によって帰りに寄るつもりなので、チェックすべくかぶりつきます

1811htd03.jpg

1811htd04.jpg
久々に聞くエンジン音、ええのう

1811htd05.jpg
森林鉄道?

1811htd06.jpg

ええやないかー

それより

1811htd07.jpg

訳ありドーナツ 
気になるやないけぇ!(爆)

なんの「わけあり」やねん

1、砂糖と塩を間違えた
2、誰かがすでにかじっている
3、揚げるのを忘れた

ま、そんなとこか
ふっ、どれもたいした問題ではないが、とりあえずやめとこ(爆)

その下には紙が貼ってあり、透けて150円と見えるがそちらはワッフルのよう、たぶん「訳ありワッフル」だ
ワッフルねえ・・・
1、焼くのを忘れた
2、
もうエエがなっ!!

おっ、そろそろ網引に着くぞ

1811htd08.jpg
おっ!

1811htd24.jpg
おぉっ!


1811htd09.jpg

1811htd10.jpg

1811htd11.jpg
長駅に到着

さて今回木造3駅+1駅をまわりますが、問題は待ち時間。
北条鉄道は全線単線の1閉塞で所要22分。折り返し両駅の滞在時分を加えると約1時間ヘッド。
なので1駅ずつまともに進むと各駅滞在は1時間。いずれも小さな駅なのでなんぼ好きでも時間を持て余すのは目に見えてます。
そこで、本日の私の運用
1811htd68.jpg
これなら各駅滞在約2~30分! しかし網引だけは1時間となるため、ロケハンが必要だったのです。
さきほど見た感じでは抜群、そしてトワイライトタイムを迎えるにはよさげだったので最後に寄ることに決定!

で、

【長】 滞在時間21分

1811htd12.jpg
かつては長石(おさいし)という石の産出で栄えたようです
カエルちゃんや駅長さんや訳ありビートルズみたいな石像があります。「会わな北条はん〜♪」
カエルはもしかして「無事かえる」か? ・・・そういえば昔は駅に小さな池があり「無事湖(むじこ)」とか語呂合わせの名前がつけられてたりしました。高架や改築でそんなもんは殆ど見る事もなくなりましたが・・・懐かしいなぁ

1811htd23.jpg
看板類は最近の作だな

1811htd13.jpg

1811htd14.jpg

1811htd15.jpg

1811htd16.jpg

1811htd17.jpg

1811htd18.jpg

1811htd19.jpg

1811htd20.jpg
ナカナカええ感じなのですが、

1811htd21.jpg
駅前はクルマびっしり、駅舎は埋もれてます

1811htd22.jpg
ちょっと前は「駅ナカ英会話」だったようですが、今は「駅ナカ婚活所」

もちろん無人駅。駅員さんもボランティアのようで、駅務室では何人かが談笑中でした
駅は地域の活性を担う場所、としての位置付けは大いに結構な事ですね
フラっと寄っただけの鉄がとやかく言えるスジではありません

1811htd25.jpg
昔はもう1線あった?
長石を積み出した頃はさぞかし活気があったことでしょう

1811htd27.jpg

1811htd29.jpg

1811htd26.jpg

1811htd28.jpg

私の乗る汽車がやってきたようです

1811htd30.jpg


次は一駅とばして戻り、法華口へ

【法華口】 滞在時間26分

1811htd32.jpg

1811htd33.jpg
逆から書かれた跡があるという看板。いつの作かはわかりませんが、確かに古そうです

1811htd34.jpg
駅舎の中はキレイに改装され、パン工房もあります
駅は地域の活性を担う場所、としての位置付けは大いに結構な事ですね
フラっと寄っただけの鉄がとやかく言えるスジではありません

1811htd35.jpg
木の影ド~ンになりましたが外観はええです

1811htd36.jpg
道路沿いではなく、少し入ったところにある駅・・・この手の駅は静かで好感が持てます
あれはサクラ? 春は絵になりそうですね。三重の塔は近くの法華寺の国宝の塔を模したものですが(以下略)

1811htd37.jpg

1811htd38.jpg
昔はあと2~3線あったそうです

1811htd39.jpg
私の乗る汽車がやってきたようです

ひと駅進んで播磨下里

1811htd40.jpg
ぐわぉっドルンドルンぶわぁぁぁー
なんて言わないですね、今の気動車

【播磨下里】 滞在時間27分

1811htd41.jpg
窓口あたりは昔のままでしょうか。ここも駅務室は何かに使われているようでした

1811htd42.jpg
窓はアルミサッシに替えられてますが、かわいい建物
右に見えるホームの屋根は他の2駅と違って線路側が高く駅舎側が低いタイプです
屋根先端についてるのはもちろんジングルベル!!
これは11月3日ですが、もうすぐ?クリスマスイルミネーションされるらしく、駅のあちこちに電球がつけられてました。

駅は地域の活性を担う場所、としての位置付けは大いに結構な事ですね
フラっと寄っただけの鉄がとやかく言えるスジではありません

1811htd43.jpg
駅名看板を撮ろうと思いましたが、ごらんのとおり電球すだれ状態なのでやめました
駅は地域の活性を担う(以下略)

昔はもう1線あり、交換駅だったようです

1811htd44.jpg
時間があるので周りをうろうろしましたが、駅のまわりにゃ誰~れもいない
静かです
駅前には

1811htd45.jpg
野菜の直売所がありますが閉まってます。
でもそこには人がおり、こっち見てるようで目が合うたびビビリます

1811htd46.jpg
訳あり夫婦かっ!!(爆)

「ふんっ、このカイショなしの役立たず」
「すんましぇーん」

ハハ、うちと一緒だ

・・・とかいってるうちに私の乗る汽車がやってきたようです

1811htd47.jpg

1811htd48.jpg

1811htd49.jpg
網引到着

【網引】 滞在時間1時間

1811htd50.jpg
こちら(粟生)側はいたって普通の風景
昔はもう2~3線あり、貨物の積み出しもしてたそうです

1811htd51.jpg

1811htd52.jpg
この駅の駅舎は昭和59年、放火によって消失。その後、わりと最近になって造られたもの

1811htd53.jpg
これが駅前の大イチョウ、半分くらい色づいてます
今頃は地面が黄色の絨毯になってるのかな
そうなったら、人、多いよな・・・

1811htd54.jpg

さっきの列車がすぐ折り返してくるので陽があたるほうへ移動

1811htd55.jpg
うわー、どこで撮ろう・・・こまっちゃーうな~ アッ♪
とか言うとる場合やない

1811htd56.jpg
やっぱ記念に影入れてここ!!

1811htd57.jpg

1811htd58.jpg

1811htd59.jpg

1811htd60.jpg


ああ、なんでだろう・・・


1811htd61.jpg

1811htd62.jpg

初めて来たのにさっきから懐かしさがこみあげて
キュンキュンする(爆)←どんなんや


1811htd63.jpg

1811htd64.jpg

国鉄時代に来ていればよかった、
10形・20形・30形・・・
なんと気動車が貨車を従えることもあったそうだ
そしてあの3つの木造駅舎も、この駅の以前の姿も
ぜひ見てみたかった・・・

車両形式は「フラワ」、地元民なら近くにある「県立フラワーセンター」から取ったものとすぐわかる
私はそこへ4~5回行ったが、全部クルマ。走りながら何度か気動車や駅舎を見かけ、踏切もわたっているのだ


気付くの遅いよな、いつも・・・

とか言ってるうち
あっという間に1時間

私が帰る汽車がやってきたようです

1811htd65.jpg

1811htd66.jpg


でも、
来てよかった

1811htd67.jpg



今回、異様に長かったですね~
実はこれ3回分の予定でしたが、ブログ表示だと順序が逆になり、後で自分で見返した時にわけわかんないからひとつにまとめた「訳あり記事」でした

チャンネル回さずにここまで読んでくださった方
ありがとうございました


11月11日 日曜日(晴れ)

1811cek01.jpg
山陽の塩屋へやってきました。

1811cek02.jpg
この3501に運良く乗ることができましたし、天気もスカッとヌケるような青空。

ああ、気持ちいいなぁ~\(^o^)/


ん?

1811cek03.jpg

1811cek04.jpg
・・・架線柱フェチかな

架線フェチといえばCedarさん
でも東京暮らしだし、まさかこんなとこに

1811cek05.jpg

いや、間違いないっ!!(爆)


そうなんです、あれは昨日のヨルナンデス
板宿市場でバッタリ!!
そして「明日月見山行くで~」とのことでしたので、お伴させていただくことにしたのです

月見山から須磨寺あたりの家と線路のギリギリ感が好きとのこと・・・
昔から見てるので特にそうは思わなかったのですが、言われて見ると結構ギリギリ、私の人生みたいです

1811cek06.jpg

1811cek07.jpg

1811cek08.jpg
もうすぐなくなるギリギリ踏切でも

1811cek09.jpg

1811cek10.jpg

1811cek11.jpg


短い時間でしたが、中身濃く楽しく過ごせました。
ありがとうございました~

当ブログの流儀として茶化して書きました、すみません
念のため言っておきますがCedarさんはとてもダンディな方です




1811cek12.jpg

ホンマすみませんっ(爆)

またどうぞおこしくださいませ~



プロフィール

mosaosa

Author:mosaosa
見ていただき
ありがとうございます!!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おこしやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: