FC2ブログ

そそられるものたち

200801sm01.jpg

今、こういう奴らの写真を拡大して眺めるのが実に楽しい
しかしあん時ゃこんなもんめっちゃ嫌いだったくせに、よく撮ってたもんだ
よし、何回も出したような気もするが今回の記事はこれでイクか

その前にちゃんと調べなきゃ・・こういう時はアレだ
うっわーっ懐かしいのぅ こりゃたまらん
(小一時間)

4001

200801sm02.jpg

電動無蓋貨車4 
パンタは特殊なヤグラの上で1.5tのクレーン装備


200801sm13.jpg
正面から見た顔 のだいたいのイメージ
左が登場時、真ん中が第二形態、そして最終形態(写真)
奥行きは同じ こりゃ何と言っても第二形態だよな〜
(図が真っ黒に表示されるとのお声がありましたが原因不明です、たいしたものではありませんので飛ばしてください)

へー、こいつはもとから貨車・・・おばちゃんてっきり古い客車の改造やと思てたわ、しかし運転台延長してこれかい

で、生まれは
1938.7製 1929年の形式称号制定でデト4001となる

はァ、まだ生まれてないやないけ(爆)

正しくはいつ? こんな時はアレだ
200801sm03.jpg
阪急車両形式図集 1976年刊 1000えん
うっわーっ懐かしいのぅ こりゃたまらん
(小一時間)

えーと、昭和3年
昭和元年がイクフロだから1928年製、1938と間違えたわけやね
一番信頼できる本やけど、まぁ誤植はアロワナあるわな
大げさにつっこむのはやめとこう


4501

200801sm04.jpg

電動魚菜車8 
中央に魚菜室、両側に客室の客貨合造車 新聞輸送にも使用
 

これも新造!!
電動魚菜車!? どおりで側面がツムみたいだと思った
風通しが良くて換気ができて・・・今の世の中にぴったりじゃん

200801sm06.jpg

で、生まれは・・・
1938.12製 1929年の形式称号制定でデハニ5001となる

まだ生まれてないやないけぇー(爆)

正しくはいつ? こんな時はアレだ
200801sm03.jpg
形式図集 1976年刊 1000えん

えーと、昭和3年・・・4001と同い歳か
戦後は京都線用救援車となり4501に改番

客貨合造とは驚き、阪急版鮮魚列車みたいなもんか
田んぼや畑の中をこんなのがトコトコ走ってる・・・
想像しただけでちびりそうやがな
でもそんなこと記事に書かれへんわな
スタイリッシュなブログを目指しとるでよ(爆)

しかしこの形式図集1976年刊 1000えんに出てる図面、扉の通風孔はこんなおしゃれさんやったんやろか
200801sm05.jpg


こんな時に頼りになるS山工房さんとこは・・・
うっわーっ懐かしいのぅ こりゃたまらん
(小一時間)

でも通風孔はオレのと一緒

どっかにもっと詳しい記事ないかな
そうや!! 古い鉄ピクの阪急特集!!
うっわーっ懐かしいのぅ ああたまらん
(小二時間)

うーむやっぱりオレのと同じや、もうこの件は書くのやめとこ
でも貨車については詳しい記述があるぞ、読んでおこう
・・・・・
よっしゃ、全部あっとる、ほな記事書こか
ん? 最後に何か書いてあるぞ

4001と4501は珍しいマルコの自動連結器をつけていた

マルコ? シャロン(だったっけ)なら聞いた事あるけど、有名?
ひょっとして・・・
知らんかったらモグリなんやろか(爆)

確かに変わった形状だ、突っ込まれたら答えられへん
それも調べなあかんがな
形式図になんか書いてへんかな

200801sm07.jpg

ヒジカタマルコ
誰やねん!!(爆)

うーむ、調べて見つけたのは1件だけ、でも特徴がようわからん

ああ、今日1日、昔の本を読み返して終わってもた
雨やしコロナやし、ま、ええか

200801sm08.jpg
あ、今、気づきましたが
この連結器、もしかしてマルコ(肘形)ではないでしょうか!?
珍しいなぁ
こんな発見があるからやめられません

スポンサーサイト



ひよどり通信 2020夏号

このところ、感染者が増えている
なのにGo To トラブルとやらをやらかしている
大丈夫なはずないけど大丈夫なのか?
こうなりゃ自分の身を守るのは自分、出かけるのは安全なところ
とすると必然的にチャリ鉄、行き先は神鉄長田しかあるまい(爆)

モハメイド師が仰るには1100は残りが4本とのこと
果たして今、沿線で1時間いれば会えるのだろうか?
(7月18日(土) 車番は編成の若い方の番号にて)

15時30分、駅到着 
熱中症も怖いので飲み物を買おう

200723sn01.jpg
おっ下り 30分発、3013だな
ん?  エレベーター完成!? 立派になったものだ

200723sn04.jpg
とか言うてたら上り(新開地方面)がキタ、32分 えーとこれは、5011

1時間と言っても20分後くらいから下りは上りの新開地折り返しが来るのでネタバレ、楽しみは上りのみになる
ここでの楽しみとはもちろん1100(3両)だが、4両なら復刻色が来る可能性がある
神鉄の時刻表には3両か4両かの表記があるのでありがたい

さてと 本格的に撮る訳じゃないので駅が見えるココらで・・・

次は上下とも41分発、どちらも3両なので期待できるぞ♫
おっ踏切の音

200723sn05.jpg
ああっ 下りはいきなり1103!!

200723sn02.jpg
しじみチャーンス!!(意味不明)

200723sn06.jpg
おおーーっ神鉄顔並び!! 
なーんだ結構来るじゃん

200723sn07.jpg
と思ったら1100じゃなく1501、よくダマされる奴だ
その理由は→何の記事やったっけ(爆)

200723sn08.jpg
下り45分 5015

次の上り47分は3両だ

200723sn09.jpg
・・・6505 

200723sn10.jpg
次は上下とも56分
下りはさっきの折り返し1501

200723sn11.jpg
上りは・・・5019

200723sn12.jpg
下り16時00分 さっき駅で見た5011

200723sn13.jpg
上り02分 ウルトラ3017

200723sn14.jpg

次は上下とも11分
下りはさっきの6505だが上りは3両
1100こいっ!!

200723sn16.jpg
ひいい 6503 神鉄新時代

ところでこのSSだと行き先と種別がワケわかめだが
デジタル表記の電車にゃ興味がないのでこれでいいのだ(爆)

200723sn17.jpg
下り15分 5019

次の上り17分は4両
そろそろ復刻こい!

200723sn18.jpg
・・・6001

次は上下とも26分、どちらも3両
下りは6503だが上りは!!
たのむで、糞暑い中待っとるんやさかい←しらんがな

200723sn22.jpg
む・・・むごいよ(爆)

200723sn23.jpg
むごいさ(爆) 

200723sn20.jpg

まもなく1時間、これが現実か

200723sn24.jpg
下り 30分 さっきのウルトラ3017

次の上り 32分は4両、ラストチャンス
復刻こいっ!

200723sn25.jpg
がぁぁ・・・

これにて1時間、結局成果は1103だけかい
こりゃ粟生線に遠征してもオールはずれなんてことがありうる
ああ、ついにそうなっちまったか・・・


でも

なんか楽しかったわ(爆)

200723sn21.jpg



ひっそりさよなら 阪急3000系

コロナ鍋で もうエエっ!



2007193S01.jpg

最後まで残った3054編成が引退したことにより3000系は形式消滅したようだ

2000系が消え、6000系と7000系が白ハチマキになり5000系が整形された頃、神戸線を走る阪急顔は3000系オンリーとなったが、その頃は鉄写真復帰をする前だった
ふたたびカメラを手にした時、3000系はすでに支線運用に

2007193S14.jpg

2007193S02.jpg

2007193S03.jpg

2007193S04.jpg

あわてて通ったものの会える機会は徐々に減っていき、全く空振りに終わることも多くなった

2007193S05.jpg



私は5000系で鉄に目覚めた新性能野郎、当時3000系以前の車両は特別な看板でもついてない限りほとんど撮らなかった
そのため写真が少なく、今まで何度も出した画像で申し訳ないですが・・・

2007193S06.jpg

2007193S07.jpg

トップナンバーは3000だが中間に挟まれており、先頭に出た姿は写真でしか見たことがない(後にM化)
もともとはこの編成だったようだが、3000系は連結相手をコロコロ変えていた印象がある

2007193S08.jpg

2007193S09.jpg



2007193S10.jpg
3000系は「オリジナル顔で看板付き」で最後まで残った電車となったが、あの映画の頃が末期だった

3000系には座席幅が狭いものが多かった(2次車以降)
そのため乗り心地はお世辞にもいいとは言えず、特急であたると少し残念な気分だった
でも豪快な走行音は耳に残っている

2007193S12.jpg

2007193S16.jpg


2007193S17.jpg
わが山陽沿線で撮ったのはこの時が最後


私が最も阪急だった頃は3000系が最大勢力
それだけにどこか行くたび、お世話になった

2007193S13.jpg

この頃はホンマに楽しかった

さよなら




続々 ひっそり消えたもの

コロナ鍋で自炊コロナ禍で自粛してる間に
サヨナラしたものがまだあります

阪急5000系5000編成

200716h05.jpg

200716h01.jpg
ライトから表示器から表示灯から貫通ドア・・・整形にいくらかかったのと聞きたいくらいだが、最後まで8連で神戸本線に残った編成
もし5000系がリニューアルされてなかったら
このさよならは最大の悲しみだったにちがいない

とはいえ5000系に廃車が出たという事実は
やはり悲しい

200716h04.jpg
私が最も阪急だった頃、5000号はこの8両編成の梅田側先頭
三宮で2両増解結を始めた時に5000は増解結車となったため、わが山陽沿線では乗り入れ初期の6両の頃しか見た覚えがない
今回引退した5000編成には前から5両が含まれている

・・・日本語は難しい、訳わからんと思う
↑ちげーよ、オマエの文章力が(爆)

どうしても知りたい方はこちら→
少しはわかりやすいかと(当社比)


200716h02.jpg
最後に見かけたのは去年の秋
上のモノクロと同じ場所
せめて駅ビルのマスクが取れるまで頑張ってほしかった


200716h06.jpg

200716h03.jpg

おつかれさん



続・ひっそり消えたもの

コロナ鍋で自炊コロナ禍で自粛している間に
ここでもサヨナラがありました

神鉄1114編成+1075

200715ss07.jpg

200715ss06.jpg
この編成とは相性が悪く、あまり会わなかった・・・
なのでほとんど写真がない

1100がまた減ったのに加え、1075が無くなったのは痛いなぁ

200715ss02.jpg

200715ss03.jpg
独特の窓配置で両運車の1075
私が神鉄にハマった頃は1074・1075・1076と3両いたが、3年ほど前に1074がやはり1100とともに廃車になった

粟生線の志染(しじみ)より先、昼間はこいつを整備して1両で走らせればウケたかもしれない

少なくともアタシは通うね(爆)
しじみチャンス!(意味不明)

200715ss04.jpg
同型で唯一残る両運車1076
組む相手は3扉の1150、なんと最近リニューアルされたので当分大丈夫と思われる

1074と今回の1075は2扉の1100と組んでたのが運の尽きだったのかも

200715ss05.jpg

200715ss01.jpg

おつかれさん


プロフィール

mosaosa

Author:mosaosa
見ていただき
ありがとうございます!!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
おこしやす
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: